パソコン

復活のPowerToysでWindowsがもっと便利に

Windowsをもっと便利にしてくれるツール集PowerToysが復活します。

最初の発表より機能も充実してきました。

正式リリース前に、どんなものかチェックしておきましょう。

 

PowerToysとは

PowerToysは、Windows本体に盛り込まれなかった機能を追加できる、Microsoft純正のツール集です。

Windows95やXPの時代には人気のツールでしたが、Vista以降提供されてなくなっていました。

それがWindows10で復活します。

まだ正式リリース前のプレビュー版の段階(2020年7月現在)ですが、概要を紹介します。

パソコンに不慣れな人は、今からムリしてインストールする必要もないので、正式版のリリースを待ちましょう。

 

PowerToysの機能

この記事を書いている2020年7月の段階で、PowerToysには7つの機能があります(バージョン0.19.2)。

最初にリリースされたときは機能が3つだったので、すでに4つも増えています。今後も正式リリースまでに追加されるかもしれません。

注意

現時点では64bit版Windows用だけが公開されています。

また、英語版のみで日本語表示はできません。今後も日本語には対応しない可能性もあります。

 

各機能は個別にオン/オフの設定ができるので、必要なものだけオンにしましょう。

このあと紹介する画像は、GithubのPowerToysページで各機能の概要紹介に掲載されているものです。

 

FancyZones

Windowsには、ウィンドウを画面の端にぴったり移動する「スナップ」機能があります。

これをパワーアップしたのがFancyZonesです。

スナップよりも柔軟にウィンドウを配置できます。

FancyZones

FancyZonesの解説記事

 

File Explorer Preview

エクスプローラーでプレビューできる文書フォーマットを追加します。

次のふたつの形式が利用可能になります。

  • SVG形式(.svg)
  • マークダウン形式(.md)

プレビュー機能のオン/オフは、それぞれの形式で個別に選択できます。

File Explorer Preview

いまでは当サイトの記事はすべてマークダウン形式で書いているので、これは嬉しい機能です。

 

Image Resizer

エクスプローラー上で選択した画像のファイルサイズを簡単に変更できる機能です。

画像サイズはプリセットで選択。スモール/ミディアム/ラージ/フォンの4サイズが登録済みでカスタム設定もできます。

デフォルトで使用する画像フォーマットやオプションを設定できます。

Image Resizer

 

Keyboard Manager

キーボードのキー割り当てを変更できるツールです。

キーボードショートカットのカスタマイズも可能です。

Keyboard Manager

 

Power Rename

エクスプローラー上からファイルの一括リネームを行います。

正規表現も使えます。

Power Rename

 

PowerToys Run

アプリケーションをすばやく起動できるラウンチャー(ランチャー)です。

画面上に現われたコマンド入力ボックスに文字をタイプすると、アプリケーションの候補が現われて簡単に実行できます。

PowerToys Run

 

Shortcut Guide

Windows10本体で利用できるキーボードショートカットの一覧を表示する機能です。

【Win】キーをしばらく押しっぱなしにすると画面上にオーバーレイ表示され、【Win】キーをリリースすると消えます。

一覧に表示されているキーを押すと、実際にそのショートカットが実行されます。

Shortcut

 

PowerToysをインストールしてみよう

では実際にPowerToysをインストールする方法を紹介します。

 

step
1
GithubのPowerToysページにアクセス

PowerToysのページにアクセスします。

PowerToys 公式ページ

PowerToysのページにアクセス

 

step
2
Downloading & Release Notes

ページをスクロールしていくと、まずディレクトリ構造のリストがあり、その下に概要の紹介(Overview)があります。

Overviewブロックのいちばん下あるリンクから[Downloading & Release notes]をクリックしましょう。

PowerToys リンク

Overviewの下にあるリンクをクリック

 

step
3
リリース別のページからダウンロード

最新版のページへアクセスするので、Assetsと書かれたブロックで、PowerToysSetup-x.xx.x-x64.msiをクリックします。

"x.xx.x:の部分はバージョン番号です。

PowerToys インストーラーへのリンク

インストーラーへのリンクをクリック

 

step
4
インストーラーを保存

ダイアログボックスが現われるので、適当な保存先を指定してファイルを保存しましょう。

 

step
5
インストーラーを実行

保存したファイルをダブルクリックで起動し、表示される手順に従ってインストールを行ってください。

PowerToys インストーラー

インストーラーを起動する

 

PowerToysの設定画面

各機能の詳細な説明はあらためて行うことにして、ここではPowerToys全体のオプション設定だけ触れておきましょう。

 

起動方法

PowerToysをインストールすると、スタートメニューにアイテムが表示されます。

まだ正式リリース前のプレビュー版なので[PowerToys(Preview)]という表示になっています(2020年7月17日現在)。

PowerToys スタートメニュー

スタートメニューからPowerToysを起動

 

これを実行すると設定画面が現われます。

左側のリストが各機能の設定です。

いちばん上のGeneralが、PowerToys全体の設定になります。

PowerToys 設定画面

PowerToysの設定画面が現われる

 

管理者モード(Administration Mode)

管理者モードでの再起動を行います。

常に管理者として起動するためのオプションがあります。

PowerToys 管理者モード

管理者モードで起動するための設定

 

外観と動作(Appearance & behavior)

外見のテーマを、システムデフォルト/ダーク/ライトから選択できます。

初期設定では、WindowsといっしょにPowerToysも起動するようになっています(Run at startup)。

PowerToys 外観と動作

外観(テーマ)と起動方法を選択

 

アップデート(Updates)

現在のバージョン表示と、アップデートの確認用ボタンがあります。

初期状態では自動アップデートが有効になっています。

PowerToys アップデートチェック

アップデートのチェックと自動アップデート

 

ちょっとずつだけど、もっと便利に

PowerToysをインストールすることで、Windows本体だけでは不便だったところが少しずつ改善されます。

Fukuzumi個人としてはマークダウンとSVG形式画像のプレビューは大歓迎。ショートカットのガイド表示もとっさのときに嬉しいおまけですね。

ラウンチャとリネーム、キーマップ入れ替えはすでに他のツールでやっているので、魅力としてはいまひとつというところですが、これから使ってみようとしている方はいちいちツールを探さなくていいのが嬉しいところです。

そしてなによりの魅力はMicrosoft公式、公認のツールだというところ。今後の充実と成熟が楽しみです。

 

-パソコン
-,

© 2020 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック