パソコン

PowerToysでCtrlとCapsLockキーを入れ替える

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

ノートPCの内蔵HDDを交換してWindowsをクリーンインストールしたら、個人的に次にやることは【Ctrl】キーと【CapsLock】キーの入れ替えです。

これまでキー割り当ての変更にはユーザーが作成したオンラインソフトを使って来ましたが、今回はMicrosoft純正ともいえるアクセサリツール集"PowerToys"のなかにあるKeyboard Managerを使ってみることにしました。

HDDを換装することになったいきさつや、Keyboard Managerの基本的な使い方は別の記事で紹介しているので、そちらを参照してください。

HP Pavillion ノートPCのHDD交換とメモリ増設

サブで使っているノートPC、HP Pavillion 15-AB536TXのハードディスクが急に不調になって正常に起動で ...

続きを見る

キーボードショートカットを活用するには[Ctrl]キーが肝心

皆さん、Windowsパソコンのキーボードショートカット使ってますか? キーボードショートカットを覚えてくるとマウス操作 ...

続きを見る

 

Keyboard Managerで割り当てを変更する

ではさっそく、PowerToysを使ってキー割り当てを変更してみましょう。

 

step
1
設定画面を開く

PowerToysを起動したら、システムトレイに常駐しているアイコンをダブルクリックして設定画面を開きます。

PowerToys システムトレイアイコン

システムトレイアイコンをダブルクリック

 

step
2
Keyboard Managerに切り替える

左のメニューから[Keyboard Manager]を選択します。

PowerToys設定画面

Keyboard Managerをクリック

 

step
3
[キーの再マップ]を開く

Keyboard Managerの画面で[キーの再マップ]をクリックします。

PowerToys キーのリマップ

[キーの再マップ]をクリックする

 

step
4
再マップするキーを追加

[+]ボタンをクリックして、キー割り当てを追加します。

PowerToys キー割り当ての追加

[+]をクリックしてキー割り当てを追加

step
5
【CapsLock】キーに左Ctrlを割り当てる

左のドロップダウンを開いてCapsLockを探します。

キーはアルファベット順に並んでいるので上から探せば見つかりそうですが、ちょっとした落とし穴があるので注意。

PowerToys キーリマップリスト

”CapsLock”が見当たらない

上の図の通り、”Alt(Right)"と”Ctrl"の間には見当たりません

実はこの下にもうひとつグループがあって、そちらにはちゃんと入っているので慌てないように。

PowerToys キーリマップ ”CapsLock”の指定

さらに下を探すと"CapsLock"が見つかる

左側でキーを指定したら、右側では新たに割り当てるキーを指定します。

”Ctrl”にはほかに”Ctrl(Left)”と”Ctrl(Right)”があるので、ここでは”Ctrl(Left)"つまり左Ctrlキーを割り当てました。

PowerToys リマップの設定

右側で”Ctrl(Left)"を線多雨する

 

step
6
左【Ctrl】キーにCapsLockCtrlを割り当てる

今回は【Ctrl】【CapsLocks】キーを入れ替えるので、反対方向の割り当てもやっておきましょう。

PowerToys キーリマップ 双方向の割り当て

”Ctrl”→”CapsLock”の割り当てもやっておく

ふたつの割り当てが終わったら[OK]をクリックしてリマップ画面を閉じます。

 

step
7
設定を確認

リマップ画面を閉じると、Keyboard Managerの設定画面に先ほど登録したふたつの設定が登録されています。

PowerToys リマップ設定済み

ふたつのリマップ設定が登録された

Windowsを再起動する必要はなく、この時点ですでにキー割り当てが有効になっています。

 

PowerToysはWindowsといっしょに起動しよう

最後に、ひとつ注意点を紹介します。

PowerToysはシステムトレイ常駐ツールです。

また、Keyboard Managerでのキーマップ割り当てはレジストリを書き換えているわけではありません。

つまり、PowerToysを起動している状態でないとキー割り当ては変更されません。

常にキー割り当てを変更した状態で使うには、PowerToysの「全般」オプションで、”起動時に実行"をオンにしておくようにしましょう。

PowerToys 常駐設定

Windows起動時に常駐させる

 

 

PowerToysの記事をまとめて読もう!

Windowsをもっと便利にしてくれるツール集PowerToysが復活します。 最初の発表より機能も充実してきました。 正式リリース前に、どんなものかチェックしておきましょう。 PowerToysとは PowerToysは、Windows本 ...
この記事を読む
FancyZonesは、Windowsのウィンドウを整理するツールです。Windows本体のスナップ機能より柔軟に使えるので、複数のウィンドウをきちんと並べて使いたい方にお奨めします。 PowerToysの概要は以前の記事で紹介しているので ...
この記事を読む
File Explorer Previewは、エクスプローラーのプレビュー機能で表示できるファイル形式を追加する機能です。SVG形式の画像とマークダウン形式のドキュメントに対応し、プレビューペイン上でファイルの中身を確認できます。 Powe ...
この記事を読む
Image Resizerは、画像ファイルのサイズを簡単に変更できるツールです。エクスプローラーで選択した画像に対して、コンテクストメニューからリサイズを時候します。 サイズはあらかじめ登録済みの4種類と、その場で指定するカスタムの5種類か ...
この記事を読む
Keyboard Managerは、キーボードの配置を入れ替えて自分好みにカスタマイズするリマップ機能です。 ふだん使っていないキーにほかのキーを割り当てることで、より使いやすくできます。 またキー単独での割り当てだけでなく、キーボードショ ...
この記事を読む

 

-パソコン
-, ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック