Webサービス ガジェット

iOS版Syncroomへの入室とオーディオインターフェイス

iOS版Syncroomへの入室方法とUSBオーディオインターフェイスの利用について紹介します。

 

ルーム作成者はアプリのリンク共有機能を使ってルームのアドレスをメンバーに通知したり、SNSに投稿して参加者を募集できます。

 

メッセージを受け取ったら、そこに書かれているリンクをタップしてパスワードを入力すれば簡単にルームへ入れます。

iPhone/iPad本体だけでは、内蔵マイクを使った声や生音の楽器しか使えませんが、USBオーディオインターフェイスをiPhoneに接続することで、本格的なマイクやギター、キーボードなども利用できます。

 

ルームへのリンクを共有する

iOS版Syncroomでルームを作成したら、ほかのメンバーにリンクのアドレスとパスワードを通知して入室してもらいましょう。

 

右上のアイコンをタップするとメニューからリンク共有コマンドを実行します。

iOS版Syncroom リンク共有

リンクを共有

 

メッセージ機能の画面が現れるので、リンクを送信しましょう。

iOS版Syncroom リンク送信

リンクを送信する

 

リンクだけでパスワードはコピーされないので、そちらも忘れずに通知します。

 

 

既存の非公開ルームに入る

メールを受け取った相手は、リンクをクリックしてルームへアクセスします。

iOS版Syncroom 共有リンク

リンクをタップ

 

まずパスワードを入力。

iOS版Syncroom パスワード入力

パスワードを入力

 

 

確認メッセージが出るのでSyncroomアプリを起動。

iOS版Syncroom アプリを起動

アプリを起動する

 

続いてアイコンを選択します。

iOS版Syncroom アイコン選択

アイコンを選択

 

 

[OK]をクリックして「デバイスの設定」画面に進みます。

 

 

そのまま入室すると、iPhone本体のマイクとスピーカーを利用することになります。

USBオーディオインターフェイスを使用するばあいは[詳細設定]をタップして「入力デバイス」で選択してください。

iOS版Syncroom オーディオインターフェイスの確認

デバイスの設定

 

 

[入室]をタップすると、ルームに参加できます。

画面下の大きな円が自分のアバターで、その他のメンバーは画面中央付近にやや小さな円で表示されます。

iOS版Syncroom ルーム画面

ルームの画面

 

ルーム開設者の画面にもメンバーが表示されます。

Syncroom 開設者画面

開設者の画面にも参加者が表示される。

 

 

iOS版Syncroomでは、他のメンバーのアバターをスワイプすると、そのメンバーとの距離感(音量)や定位を調整できます。

ここでの調整は他のユーザーには影響しません。

iOS版Syncroom 他メンバーの調整

アイコンをドラッグする

 

 

 

オーディオインターフェイスの接続

iOS版SyncroomでもUSBオーディオインターフェイスを接続することで、本格的なマイクや生音以外の楽器を利用できます。

ただし、これにはUSBオーディオインターフェイスがiOSに対応している必要があります。

 

手元にある機材を調べたところ、ヤマハのAG03はOTG対応のライトニング変換コネクター(いわゆるカメラアダプター)を経由することで簡単に認識できました。

単に接続するだけで、特に設定の必要はありません。

Lightening USBカメラアダプタ

OTGタイプの変換アダプター

 

 

ZOOMのLiveTrak L-8については、接続しただけではオーディオインターフェイスとして認識できないので、必ずL-8側でオーディオインターフェイスをiOSに設定しましょう。

ZOOM LiveTrak L-8 インターフェイス設定

iOSモードに切り替える

 

 

iPhoneなら手軽にSyncroomを楽しめる

iOS版Syncroomでは、iPhone本体に搭載しているマイクとスピーカーが使えること、さらにiPhoneのメッセージ機能やSNSアプリでルームの共有が簡単なのでパソコン以上に手軽です。

 

ただし、iPhoneのマイクだけでは生音以外のエレキギターやキーボードといった楽器を扱えないので、本格的に楽しむにはやはりオーディオインターフェイスが必須です。

オーディオインターフェイスを選ぶときはiOS対応と明記してあるものを選びましょう。

 

またオーディオインターフェイスの中には、Lightningケーブルだけで直接iPhone/iPadと接続できるものもありますが、ほとんどの機種はOTG対応変換アダプター(カメラアダプター)が必要です。

こちらも忘れずに入手しておきましょう。


 

Syncroomの記事をまとめて読もう!

 

-Webサービス, ガジェット
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック