ソフトウェア

Awake機能で省電力設定を一時停止する - PowerToys

パソコンで動画を視聴中に、いいところで画面がブラックアウトしてイライラしたことはありませんか?

省電力モードになってると、一定時間操作しないと勝手に電源が切れるからですね。

PowerToysに追加された新機能、Awakeを使うと省電力モードのオン/オフをタスクトレイから簡単に切り替えられるので、途中でパソコンがスリープしてしまうのを防げます。

もちろん、動画視聴だけじゃなく、CGのレンダリングや、ハードディスクのチェック、バックアップのように長い時間がかかる処理にもいけると思われます。

 

必要な間だけパソコンを起こしておく

PowerToysv0.41.2で登場したAwakeは、Windows本体の「電源とスリープ」設定を強化するツールです。

「電源とスリープ」では、一定時間パソコンを操作しないと自動的に画面の電源を切ったり、パソコンをスリープ状態に移行することで、電力消費を抑えます。

Windows10 電源とスリープ設定

Windows10の「電源とスリープ」設定画面

 

 

しかし、時間のかかる処理を行っている途中でスリープに入ると、そのせいでいつまで経っても処理が終わりません。

 

 

そこでAwakeを使うと、「電源とスリープ」の設定を変更することなく、一時的にスリープを無効化できるので、普段は省電力設定にしておいて、時間のかかるだいじな処理をしている間はスリープに入らないようにできます。

いちいち「電源とスリープ」を設定し直すのでなく、必要に応じて切り替えられるのがべんりです。

 

Awakeの操作方法

AwakePowerToysの機能のひとつですが、独立したアイコンとしてシステムトレイに常駐しています。

システムトレイのAwakeアイコン

独立したアイコンがシステムトレイに常駐

 

トレイアイコンのポップアップメニューからは動作モードを選択できます。

Awakeのコンテクストメニュー

右クリックでコンテクストメニューを開く

 

そのほかに、PowerToysの設定画面でも設定が可能です。

PowerToys Awake設定画面

PowerToysのAwake設定タブ

 

 

Awakeの動作モード

Awakeでは、動作のオン/オフ切り替えと、動作モードの選択ができます。

 

Awakeの有効/無効切り替え

動作のオン/オフ切り替えは、Awakeの機能そのものの有効/無効を切り替えます。

つまりAwakeをオフにしておけば、Windows本体の「電源とスリープ」設定に基づいて、ディスプレイのオフやスリープが動作します。

 

動作モード

動作モードは、オフ(パッシブ)、無期限に起動したままにする、一時的に起動したままにする、の3つです。

 

オフ(パッシブ)

Awakeは機能せず、PCの「電源とスリープ」設定に基づいて動作します。

 

無期限に起動したままにする

「電源とスリープ」の設定を無視して、常に起動したままにします。

 

一時的に起動したままにする

指定した時間は省電力状態にならず、起動したままです。

 

画面をオンにしたままにする

「画面をオンにしたままにする」オプションをオンにすると、Awake動作中はつねにディスプレイがオンになるため電力を消費します。

オフに設定しておけば、PCは動作中のままディスプレイだけオフにできるので、電力消費を抑えることができます。

 

モードの使い方

Awakeの機能自体を無効化すると、モードの切り替えのたびにPowerToysの設定画面を開く必要があります。

 

それに対しAwakeがオンであれば、モードの切り替えはトレイアイコンのメニューからできるので、手間が減ります。

 

 

そこでAwakeそのものは有効にしたうえで、モードのほうを普段は"オフ(パッシブ)"にしておくのがいいでしょう。

そのうえで、必要な(スリープさせたくない)ときだけ「無期限に起動したままにする」か「一時的に起動したままにする」に切り替えれるのがお奨めです。

 

 

時間の設定

トレイアイコンから「位置的に起動したままにする」(Keep awake temporarily)を選んだばあい、起動したままにする時間の長さを、30分1時間2時間の3つから選択できます。

 

それに対し、PowerToysの設定画面では、時間と分を任意で指定できます。

ざっとチェックしたところでは、160時間以上の指定も可能なようです(正常に動作するかどうかまでは確認していません)。

 

3DCGのレンダリングなど、長時間にわたる処理を行うばあいは、PowerToysの設定画面を使いましょう。

 

時間のかかる処理を中断させず確実に実行

Awakeは、ふだんからパソコンを起動しているけど実作業時間は短い方、つまりスリープ状態になっても構わない方にはあまり関係なさそうです。

一方、動画の出力やCGのレンダリングのように、ユーザーによる操作はしないけど長時間処理が続くような作業を行う方にとっては、簡単にモード切り替えができるのは便利でしょう。

 

 

PowerToysの記事をまとめて読もう

Windowsをもっと便利にしてくれるツール集PowerToysが復活します。 最初の発表より機能も充実してきました。 正式リリース前に、どんなものかチェックしておきましょう。 PowerToysとは PowerToysは、Windows本 ...
この記事を読む
FancyZonesは、Windowsのウィンドウを整理するツールです。Windows本体のスナップ機能より柔軟に使えるので、複数のウィンドウをきちんと並べて使いたい方にお奨めします。 PowerToysの概要は以前の記事で紹介しているので ...
この記事を読む
File Explorer Previewは、エクスプローラーのプレビュー機能で表示できるファイル形式を追加する機能です。SVG形式の画像とマークダウン形式のドキュメントに対応し、プレビューペイン上でファイルの中身を確認できます。 Powe ...
この記事を読む
Image Resizerは、画像ファイルのサイズを簡単に変更できるツールです。エクスプローラーで選択した画像に対して、コンテクストメニューからリサイズを時候します。 サイズはあらかじめ登録済みの4種類と、その場で指定するカスタムの5種類か ...
この記事を読む
Keyboard Managerは、キーボードの配置を入れ替えて自分好みにカスタマイズするリマップ機能です。 ふだん使っていないキーにほかのキーを割り当てることで、より使いやすくできます。 またキー単独での割り当てだけでなく、キーボードショ ...
この記事を読む
Loading...

 

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック