ソフトウェア

好きなウィンドウを最前面表示にできるPowerToysの新機能

Microsoftが公式にリリースしているWindows拡張ユーティリティ集PowerToysに、新たにAlways On Top機能が追加されました。

任意のウィンドウを自由に最前面表示にできるので、常にチェックしたい情報があるときは便利です。

 

ウィンドウをいつもいちばん前に

Always On Topは、任意のウィンドウを常にデスクトップのいちばん上に表示させておける機能です。

ふだん複数のウィンドウを開いて作業しているときは、クリックで選択したアクティブなウィンドウがいちばん上になりますが、Always On Topを使うと、アクティブではない(ふつうだったら下に隠れてしまう)ウィンドウをいちばん上にずっと表示させることができます。

 

あまり大きくないウィンドウで、最新情報を常にチェックしておきたいときに便利です。

タスクマネージャーのパフォーマンスモニターで常にCPUやドライブの使用率をチェックしながら作業するといった使い方が代表的でしょうか。

PowerToys Always On Topの例

アクティブウィンドウとは別のウィンドウを最上位に表示

 

常にデスクトップのいちばん上にいるという意味で、別名ではStay On Topと表記されることもあり、日本語では一般的に最前面表示と呼ばれます。

 

こういう機能は、ふつう個々のアプリケーションに搭載されているものですが、PowerToysでは、Windowsパソコンで開いているすべてのウィンドウが対象になります。

 

 

キーボードショートカットで操作

Always On Topはデフォルトでオンになっているので、PowerToysが起動していればいつでもすぐ使えます。

逆に、不要であれば機能そのものをオフにすることもできます。

 

【Win】キーを押しながら【Ctrl】キーと【T】キーを押すと、そのとき最前面にある(アクティブな)ウィンドウに青い枠がつきます。これが最前面表示になった状態です。

キーボードショートカット

【Win】+【Ctrl】+【T】

これで、ほかのウィンドウをアクティブにしても、青い枠のウィンドウが常にいちばん上になります。

 

解除するにはもういちど同じキーを押します。

 

 

複数のウィンドウを最前面表示に!?

Always On Topにできるウィンドウはひとつだけではありません。

アクティブなウィンドウを切り替えながら【Win】+【Ctrl】+【T】を押していけば、すべてのウィンドウに青い枠がつきます。

PowerToys Always On Top 複数ウィンドウ

複数のウィンドウを最前面に設定可能。

 

すべてのウィンドウが最前面表示というのは言葉としてはヘンなんですが、ソフトウェアの動作としては可能ということです。

 

 

当然、最後にAlways On Topにしたウィンドウがもっとも上になるんですが、Always On Topに指定してあったウィンドウでも、クリックすることで順番を入れ替えることができます。

 

つまり、最前面表示に設定したウィンドウの中からさらに、いちばん上に表示するものを選べます。

PowerToys Always On Top 最前面の入れ替え

最前面表示の中で順序を入れ替える。

 

 

また、最前面表示したウィンドウでも最小化できます。

一時的に非表示にしておいても、再度表示すれば最前面表示の設定はそのままです。

 

 

 

設定のカスタマイズ

Always On Topではいろんな設定が可能です。

PowerToys Always On Top設定1

カスタマイズ設定画面

 

Enable Always On Top

Always On Topの機能自体をオフにできます。

 

Activation

Activation shortcutではキーボードショートカットをカスタマイズできます。

また、ゲームモードのときはキーボードショートカットを無効化できます。

 

Appearance & behavior

Show a border around the pinned window

ウィンドウの外枠を表示させます。

"Color”と”Thickness(px)"で外枠の色と太さをカスタマイズできます。

 

Sound

Always On Topの設定/解除のときにサウンドを鳴らします。

 

除外するアプリ

Always On Topから除外するアプリケーションを登録できます。

 

PowerToys Always On Top設定2

輪郭線設定と除外設定

 

資料参照しながらのデータ入力にもオススメ

資料を見ながらのデータ入力はAlways On Topを使うことで快適になります。

原稿の執筆だと以前のテキストを参照しながら文章を考えたりしますが、単純なデータ入力だったら入力行以外は見なくていいので、ウィンドウが最前面になくても特に困りません。

 

資料となるデータ(Webブラウザなども)のウィンドウを大きくして最前面に出し、アクティブとなるアプリケーションはほとんど下に隠れているというスタイルです。

 

前節のように、ソフトのオプション設定を書き出すようなときにも便利です。

ぜひ使ってみてください。

Always On Topの使用例

設定画面を見ながら、項目名を入力しているところ。ウィンドウ切り替えがなく作業が楽になる。

 

 

PowerToys - Always On Top機能 まとめ

  • 好みのウィンドウを常に最上位に表示できる

  • キーボードショートカットで最前面表示/解除

  • 複数のウィンドウの指定や切り替え、最小化も可能

  • 資料を参照しながらのデータ入力にも便利

 

PowerToysの記事をまとめて読もう

プレゼンテーションに参加して、スクリーンに投影される映像を見ているとき、マウスポインタ(マウスカーソル)の位置を見失った経験は誰でもあると思います。 いちど見失ってしまったらどこを説明しているのかわからず、講演の内容に集中できなくなってしま ...
この記事を読む
Windowsをもっと便利にしてくれるツール集PowerToysが復活します。 最初の発表より機能も充実してきました。 正式リリース前に、どんなものかチェックしておきましょう。 PowerToysとは PowerToysは、Windows本 ...
この記事を読む
FancyZonesは、Windowsのウィンドウを整理するツールです。Windows本体のスナップ機能より柔軟に使えるので、複数のウィンドウをきちんと並べて使いたい方にお奨めします。 PowerToysの概要は以前の記事で紹介しているので ...
この記事を読む
File Explorer Previewは、エクスプローラーのプレビュー機能で表示できるファイル形式を追加する機能です。SVG形式の画像とマークダウン形式のドキュメントに対応し、プレビューペイン上でファイルの中身を確認できます。 Powe ...
この記事を読む
Image Resizerは、画像ファイルのサイズを簡単に変更できるツールです。エクスプローラーで選択した画像に対して、コンテクストメニューからリサイズを時候します。 サイズはあらかじめ登録済みの4種類と、その場で指定するカスタムの5種類か ...
この記事を読む
Loading...

 

-ソフトウェア
-,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック