ソフトウェア

PowerToys 最近追加された機能を一挙紹介【v0.62~0.64】

最近のアップデートで追加されたPowerToysの新機能について紹介します。

 

バージョン0.64の追加機能

 

File Locksmith

エクスプローラー上で選択しているファイル(またはフォルダ)を使用しているプログラム/プロセスを表示する機能です。

 

使用するにあたって、PowerToysの設定画面で機能を有効にしておく必要があります。

PowerToys Filelocksmith 設定画面

Filelocksmith を有効化しておく。

機能をオンにしたら、チェックしたいファイルやフォルダーをエクスプローラー上で選択し右クリックでコンテクストメニューを開きます。

 

PowerToys Filelocksmith コンテクストメニュー1

[その他のオプションを表示]を選択。

 

[その他のオプションを表示]というコマンドでサブメニューを開くと[このファイルは何で使用していますか?]というコマンドがあります。

PowerToys Filelocksmith コンテクストメニュー2

[このファイルは何で使用していますか?]を実行。

 

これを実行すると新たにウィンドウが開いて、ファイルを利用しているプログラム/プロセスのリストが表示されます。

PowerToys Filelocksmith リスト

ファイルを利用しているプログラムが表示される。

タスクマネージャーでパソコンの動作を確認し、不審なファイルや異常な動作をしているファイルあったときにどんなプログラムがそれを利用しているのかを簡単にチェックできます。

 

セキュリティの向上やトラブルシューティングに役立ちそうなツールです。

 

ホストファイルエディター(Hosts File Editor)

ローカルPC上に保存されているHostsファイルを編集するツールです。

 

ホットキーは割り当てられていないので、PowerToysの画面上から起動します。

 

PowerToys Hosts File Editor 設定画面

PowerToys設定画面からHosts File Editorを起動する。

 

PowerToys Hosts File Editor 画面

Hosts File Editorのウィンドウ。

 

バックアップ/復元

PowerToysの設定をバックアップ/復元できるようになりました。

全般タブから実行できます。

PowerToys バックアップと復元

PowerToysの設定をバックアップできる。

 

 

バージョン0.62の追加機能

 

スクリーンルーラー(Screen Ruler)

画面上で指示したポイント間の長さをピクセル数で表示します。

 

PowerToys スクリーンルーラー設定画面

スクリーンルルーラーの設定画面。

 

【Win】+【Shift】+【M】を押すと計測用のツールバーが現れ、計測方法を選択できます。

ツールバーには4つのボタンがあります。

 

左端の四角い点線のツールはドラッグした範囲の矩形領域のサイズを表示します。

 

PowerToys スクリーンルーラー 01

ドラッグした範囲の寸法を表示する。

 

十字型のツールを使うと、マウスでポイントした位置を基準に画面上のオブジェクトを自動で認識し、その間隔を自動で測定します。

たとえばボタン同士の間隔や行同士の間隔、ボックスとテキストの間の余白などを簡単に測定できます。

 

PowerToys スクリーンルーラー 02

オブジェクト間のピクセル数を表示。

 

 

残るふたつのボタンでは水平方向のみ/垂直方向のみの測定ができます。

計測モードを終了するにはキーボードの【Esc】キーを押してください。

 

 

Quick Accent

アクセント記号を簡単に入力できるようにする機能です。

 

 

アクサン テギュなどの記号をサポートしていないキーボードでも、キー操作で記号を選択できます。

 

Quick Accentを使うには、PowerToysで機能を有効化しておく必要があります。

PowerToys Quick Accent設定画面

Quick Accentの機能を有効化する。

 

実際に使用するときは、記号付きで入力したいキーを押したままスペースキーまたは左右の矢印キーを押します。

記号付きの文字を選択するツールバーが画面上部中央に表示されるので、スペースキーまたは左右の矢印キーを押して文字を選択します。

 

PowerToys Quick Accentツールバー

ツールバーからアクセント記号を選択する。

 

ツールバーの表示位置は画面の四隅や中央などに変更することもできます

 

 

Text Extracter

画面上で検出した文字をクリップボードにコピーします。

 

設定画面上の文字やYouTube動画上に表示されている字幕などもテキストと認識してコピーできます。

正常に認識できず文字化けすることもありますが、パソコンの操作解説などを執筆するには結構役立ちそうです。

 

文字の認識にはOCR機能を利用しているので、OCRパックをインストール済みの言語しか認識できません。

PowerToys TextExtactor 設定画面

Text Extractorの設定画面。

 

Text Extractorを使用するには、キーボードで【Win】+【Shift】+【T】を押します。

 

いったん画面全体が暗くなるので、テキストを認識したい部分をマウスでドラッグします。

ドラッグで選択した範囲はハイライト表示されます。

 

PowerToys TextExtractor操作中

画面上のテキストを認識してクリップボードへコピーする。

 

マウスボタンをリリースすると画面が元の明るさに戻ります。これでテキストを認識し、クリップボードに文字列がコピーされます。

たまに画面が元に戻らず暗いままになることがあります。そんなときは続けてもういちど選択をやりなおしてみてください。

 

また【Esc】キーを押すとTextExtractorモードは解除されます。

 

Windowsの細かい使い勝手を改善

最近のアップデートで追加された機能の中から6つを紹介しました。

 

 

中でもスクリーンルーラーText Extractorはいろんなユーザーに需要がありそうです。

 

画面上のどこでも手軽に寸法を測れるスクリーンルーラーは、Webデザインやインターフェイス設計などに役立ちそうなツールですね。

Text Extractorは、当ブログのようにPC関連の情報を発信しているサイトの制作には助かります。社内のPC教育用資料作成などでも活躍してくれそう。

 

そのほかにも細かいバグフィックスや機能の向上が図られ、ますます充実してきています。

 

まだPowerToysを試したことのない方はぜひインストールしてみてください。

 

PowerToysの記事をまとめて読もう

プレゼンテーションに参加して、スクリーンに投影される映像を見ているとき、マウスポインタ(マウスカーソル)の位置を見失った経験は誰でもあると思います。 いちど見失ってしまったらどこを説明しているのかわからず、講演の内容に集中できなくなってしま ...
この記事を読む
Windowsをもっと便利にしてくれるツール集PowerToysが復活します。 最初の発表より機能も充実してきました。 正式リリース前に、どんなものかチェックしておきましょう。 PowerToysとは PowerToysは、Windows本 ...
この記事を読む
FancyZonesは、Windowsのウィンドウを整理するツールです。Windows本体のスナップ機能より柔軟に使えるので、複数のウィンドウをきちんと並べて使いたい方にお奨めします。 PowerToysの概要は以前の記事で紹介しているので ...
この記事を読む
File Explorer Previewは、エクスプローラーのプレビュー機能で表示できるファイル形式を追加する機能です。SVG形式の画像とマークダウン形式のドキュメントに対応し、プレビューペイン上でファイルの中身を確認できます。 Powe ...
この記事を読む
Image Resizerは、画像ファイルのサイズを簡単に変更できるツールです。エクスプローラーで選択した画像に対して、コンテクストメニューからリサイズを時候します。 サイズはあらかじめ登録済みの4種類と、その場で指定するカスタムの5種類か ...
この記事を読む
Loading...

 

-ソフトウェア
-, , , ,