パソコン

定番書庫管理ツールLhaplus(ラプラス)をインストール

国産オンラインソフトでよく使われるLZH形式の書庫ファイルを扱うのに欠かせない定番アーカイバ Lhaplus(ラプラス)のインストールと初期設定、そしてLZH書庫の展開方法について紹介します。

パソコンの超初心者向けに、Windowsの標準ブラウザ Microsoft Edge(エッジ)を使って紹介します。ほかのブラウザを使っている場合は画面や操作がちょっと違うところがあるので、ご注意ください。

Lhaplusアイコン

Lhaplusのアイコン

 

Lhaplusのインストール手順

step
1
公式ページにアクセス

まずはLhaplusの公式ページにアクセスしましょう。

Lhaplus公式ページ

Lhapus公式サイトにアクセス

参考

ベクター ソフトライブラリからもダウンロードできます。

Lhaplusのダウンロードページ

step
2
ファイルをダウンロード

ページを下へスクロールしてLhaplusのリンクをクリック。

間違えてZIPアーカイブの方をクリックしないように注意しましょう。

Lhaplusのダウンロード

Lhaplusの実行ファイルをダウンロード。

step
3
保存を実行

ブラウザ下部にメッセージが出てくるので、[保存]を実行します。

Lhaplusを保存

[保存]ボタンをクリックします。

step
4
保存先フォルダを開く

保存が終わると真ん中のボタンが[フォルダを開く]に変わるのでボタンをクリックします。

保存先フォルダを開く

保存先のフォルダを開きます。

step
5
インストーラを起動する

保存先フォルダの中にあるLhaplusのインストーラをダブルクリックで実行します。

インストーラを起動

ダウンロードしたファイルを実行。

この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?という確認メッセージが出たら、[はい]をクリックして許可しましょう。

step
6
セットアップを開始

インストールウィザードが起動したら、[次へ>]をクリックして先に進みます。

インストール開始

セットアップを開始します。

step
7
インストール先フォルダを指定

インストール先フォルダを確認します。初期設定のままでよければそのまま次へ進みます。

インストール先フォルダ指定

インストール先フォルダを指定します。

step
8
インストール完了

インストールが終わったら[完了]ボタンをクリックします。

インストールの完了

[完了]ボタンをクリックします。

step
9
初期設定

続いて初期設定画面が現れます。初心者はそのまま[OK]をクリックしておけばいいでしょう。

初期設定

書庫ファイルとの関連付けや基本動作を設定します。

step
10
Lhaplusを起動

続いてスタートメニューからLhaplusを起動します。

Lhaplusを起動

スタートメニューからLhaplusを起動します。

step
11
デフォルトの展開先を指定

[解凍設定]オプションを確認します。初期設定では、デスクトップ上に解凍(展開)を行うようになっています。[指定したフォルダ]のフィールドは空欄です。書庫ファイルと同じフォルダに展開する場合や、毎回展開先を指定する場合はそれぞれボタンをオンにしてください。

展開先フォルダの確認

デフォルトの展開先フォルダを指定します。

step
12
デフォルトの展開先を変更する場合

デフォルトの展開先をデスクトップからほかのフォルダに変更するときは、テキストボックス横のボタンをクリックしてフォルダを選んでください。

展開先フォルダの変更

デスクトップ以外に展開したいときは、任意のフォルダを指定します。

以上で基本的なセットアップは終了です。これで書庫ファイルを展開できるようになりました。

最後に、書庫ファイルのアイコンを確認しておきましょう。インストール後の初期設定で、LZHやZIP形式のファイルをLhaplusと関連付けしたので、これらの書庫ファイルはアイコンがLhaplus用に変わっています。

関連付け終了

関連付けが終わったのでLZHとZIPファイルのアイコンが変化しています。

 

書庫ファイルの展開

ではオンラインソフトの書庫ファイルを展開してみましょう。

サンプルとして、キー割り当て変更ソフトChange KeyのLZH形式書庫ファイルを展開します。
Change Keyについては別の記事で紹介しています。

参考記事
キーボードショートカットを活用するには[Ctrl]キーが肝心

皆さん、Windowsパソコンのキーボードショートカット使ってますか? キーボードショートカットを覚えてくるとマウス操作 ...

続きを見る

step
1
書庫ファイルをダブルクリック

ダウンロードしてあったChange Keyの書庫ファイルをダブルクリックします。

書庫ファイルを展開

書庫ファイルをダブルクリックして展開します。

step
2
展開先フォルダが現れる

関連付けされているので、Lhaplusが起動して初期設定に基づき書庫ファイルの中身を指定のフォルダに展開します。展開終了後は自動的にフォルダが開きます。

展開先フォルダ

展開先のフォルダが自動で開きます。

今回サンプルで紹介しているChange Keyはインストール不要なので、展開先フォルダ内の実行ファイルをダブルクリックすればそのまま起動して利用できます。

Lhaplusひとつあればまず困ることはない

これでLZH形式の書庫ファイルも使えるようになりました。

またLZH形式だけでなく、ZIP形式の書庫ファイルもLhaplusで扱えます。

このふたつが扱えればWindows用のオンラインソフトはほとんどカバーできます。

さらに圧縮までできるようになると、ファイルの保管やeメールでのファイルのやりとりが簡単になるのでぜひマスターしてください。
圧縮についてはいずれまた紹介したいと思います。

関連記事
Windowsアイキャッチ
スマホ時代の視点でパソコン用オンラインソフトを見直してみよう

スマホユーザーの増加でパソコンの利用率が相対的に下がっている今となっては、オンラインソフトということばはかなりわかりにく ...

続きを見る

-パソコン
-, ,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック