ソフトウェア

まだまだあるScreenToGifの補助機能

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

ScreenToGifでは、キャプチャーした動画フレーム数を減らしてコンパクト化したり、1コマごとの持続時間(表示時間)を修正するといった編集も可能です。

またWindows画面の操作とは別に、Webカメラの映像や専用ホワイトボードをキャプチャーすることもできます。

今回は、これらの補助機能について紹介します。

 

 

アニメのファイルサイズをコンパクト化

ScreenToGifで、アニメーションのファイルサイズを抑える方法についてはすでに紹介していますが、そのほかにもファイルサイズをコンパクト化するのに役立つ機能があります。

 

フレームレートを変更する

もっとも基本的な方法は、録画する段階でフレームレート(1秒あたりのコマ数)を下げることです。

すでに”Capture frequency”を”User Interaciton"に設定する方法については紹介していますが、この方法は操作の要所要所で撮った静止画をスライドショー的に切り替えていくもので、マウスポインターの動きを表すのには向いていません

そこである程度アニメーション的な動きを残しつつファイルサイズも抑えたいばあいは、”Capture frequency”は”Per second”のままでフレームレートを下げるのがお薦めです。

フレームレートの初期設定は15fpsですが、これをもう少し小さい値にすることでファイルサイズを減らせます。

もちろん値をもっと上げて、より滑らかなアニメーションにすることもできます。

ScreenToGIf キャプチャーツールバー

録画のフレームレートを変更する

 

 

画像の大きさを縮小

録画完了後にサイズを小さくすることもできます。

まず最初は、1枚ごとの画像の大きさを小さくする方法です。

「画像編集」タブの[リサイズ]で、画像の横幅×高さ、解像度(DPI)を指定できます。

また画像を縮小する際の補間方法をオプションで指定できます。

ScreenToGIf 画像のリサイズ

全フレームの大きさを一括変更する

 

画像の一部を切り抜く

キャプチャー時に領域を指定するのではなく、キャプチャー後の編集で必要な部分だけ切り抜くこともできます。

切り抜く範囲はドラッグで領域を選択するほかに、数値での指定もできます。

ScreenToGIf 切り抜き

キャプチャーした画像の一部を切り抜く

 

変化の少ないフレームを省く

フレームを1コマずつ削除することもできますが、動画全体にわたってチェックと作業を繰り返すのはたいへんです。

そこで「フレーム操作」タブには、[重複削除]というツールが用意されています。

前後のフレームをチェックしてどれくらい似ているか(変化が乏しいか)を判定し、それをもとに、よく似たフレームをまとめて削除します。

重複の判定基準を類似性として指定するほか、削除するフレームの位置(先頭側/末尾側)や、削除に寄って生じる遅延時間(1フレームごとの表示時間)の調整を行うかどうかの指定が可能です。

ScreenToGIf 重複フレームの削除

類似しているフレームを一括削除

 

フレーム数を削減

「フレーム操作」タブには、[フレーム数削減]というコマンドもあります。

[重複削除]が類似性を基準に判定するのに対して、[フレーム数削減]は一律に指定された数だけフレームを間引いていきます

ScreenToGIf フレーム数削減

フレームを間引く

 

前後のフレームをまとめて削除する

選択したフレームより前の部分や逆に後ろの部分を一括して削除できます。

 

表示時間の調整機能

 

オーバーライド

すべてのフレームに対し、持続時間(遅延時間)をまとめて書き換えます。

ScreenToGIf オーバーライド

フレーム持続時間を一括上書きする

 

増加・減少

選択しているフレームのみに対して、持続時間(遅延時間)を書き換えます。

ScreenToGIf フレーム持続時間の増減

選択したフレームの持続時間を変更する

 

スケール

各フレームの持続時間(遅延時間)を、指定した比率で拡大または縮小します。

一部のフレームだけ持続時間が異なる場合に、その他のフレームと時間を統一するのではなく、差を保ったまま全体の比率を変更することができます。

ScreenToGIf スケール拡大

一定の比率で持続時間を拡大/縮小する

 

その他のフレーム操作

 

逆順

フレームの順番を前後逆になるように入れ替えます。

いわゆる逆再生になります。

 

ヨーヨー反復

通常のアニメーションの後ろに逆再生したアニメーションを追加して、反復再生にします。

 

画面以外のキャプチャー

ScreenToGifではデスクトップ画面以外にもキャプチャーが可能です。

 

Webカメラのキャプチャー

PCに接続しているWebカメラの映像だけをキャプチャーします。

キャプチャーモードに入るとすぐにキャプチャーが開始されます。

ScreenToGIf Webカメラのキャプチャー

Webカメラの映像をキャプチャー

複数のカメラを利用可能なPCでは、使用するカメラを選択できます。

ScreenToGIf Webカメラの選択

複数のカメラから利用するものを選ぶ

 

ホワイトボードのキャプチャー

ホワイトボード専用のウィンドウにフリーハンドで図を描きます。

消しゴムツールを使った削除や選択範囲の一括削除ができます。

ScreenToGIf ホワイトボード

ホワイトボード内だけをキャプチャー

ScreenToGIf アニメーションの編集

ホワイトボードでキャプチャーしたアニメ

 

印象に残るコンテンツ作りに活用しよう

フレーム操作ツールを使うことで、不要なフレームを削除してファイルサイズを大幅に減らしたり、フレーム数は増やさずに各フレームの持続時間を伸すことで要点をじっくり見せるといった加工が簡単にできます。

ファイルサイズのコンパクト化はとくにWebコンテンツには重要な課題です。ぜひ活用してください。

逆再生や反復再生が簡単に作れるのもおもしろいですね。こちらはちょっとした遊びで目を惹くのにいいかもしれません。

 

ScreenToGifの記事一覧

ソフトウェアの紹介記事にはスクリーンショットが欠かせませんが、特に操作の流れを説明するばあい、静止画をたくさん並べるよりは動画にしたほうがわかりやすいものです。 またコンテンツを作る側(ブロガー)としても、ファイルの管理が簡単になるというメ ...
この記事を読む
今回はScreenToGifで画面キャプチャーのアニメーションを録画する方法を紹介します。 インストールとセットアップについては以前の記事を参照してください。 起動画面 ScreenToGifを起動するとシンプルなツールバーが現われます。 ...
この記事を読む
パソコンの操作手順をアニメーション化できるソフト、ScreenToGifの使いこなしについて紹介します。 今回は、アニメーションのファイルサイズを抑える方法として、ウィンドウの選択とインタラクションについて解説します。 基本的なキャプチャー ...
この記事を読む
ScreenToGifでは、画面操作をアニメーションとしてキャプチャするだけでなく、内蔵のエディタを使って図を書き加えたり、文字を入力することもできます。 判りやすいアニメーションでコンテンツの内容をさらに充実させましょう。 ScreenT ...
この記事を読む
ScreenToGifでは、キャプチャーした動画フレーム数を減らしてコンパクト化したり、1コマごとの持続時間(表示時間)を修正するといった編集も可能です。 またWindows画面の操作とは別に、Webカメラの映像や専用ホワイトボードをキャプ ...
この記事を読む

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック