ソフトウェア

パソコン操作をアニメ化 - ScreenToGifをインストール

ソフトウェアの紹介記事にはスクリーンショットが欠かせませんが、特に操作の流れを説明するばあい、静止画をたくさん並べるよりは動画にしたほうがわかりやすいものです。

またコンテンツを作る側(ブロガー)としても、ファイルの管理が簡単になるというメリットがあります。

そこで今回は、画面操作をキャプチャーしてアニメーション化するソフトScreenToGifの概要とインストールとセットアップに絞って紹介します。

 

操作をアニメでわかりやすく表現

百聞は一見に如かず、実際にScreenToGifで作ったアニメーションを見てください。

これはギターのタブ譜を作成して演奏もできるTuxGuitarというアプリケーションを操作しているところです。

TuxGuitar アニメーションGIF

アニメーションGIFの例

 

アニメーションGifのほかにアニメーションPNG(APNG)も作成できます。

Wordpressの謎

EWWW Image Optimizerというプラグインを使っているばあい、作成したAPNGファイルをWordpressのメディアメニューからアップロードすると、なぜか拡張子がjpgに変換されてしまい、結果的にアニメーションを表示できなくなるようです。

上の画像は、FTPツールで直接アップロードしたものを、ClassicEditorの[挿入]>[メディアを追加]コマンドを使って貼り付けています。

 

 

ScreenToGifのメリット

すでに紹介したScreenpressoでも画面の録画はできましたが、MP4など一般的な動画の作成が主眼でアニメーションGIFはおまけといった感じでした。

今回紹介するScreenToGifは、逆にアニメーション化のほうが基本で、その他の動画フォーマットのほうが補助といった印象です。

また、専用エディタを備えていて、不要なフレーム(コマ)を削除したり、タイトル文字の入力描画ツールを使ってよりわかりやすく説明を加えるといった加工が可能です。

ムダな操作をしてしまった不要なフレームを削除することで操作が明快になるだけでなく、ファイルサイズを小さくできるのもメリットです。

 

ScreenToGIfをインストールしよう

インストーラーのダウンロード

ScreenToGifの公式サイトにアクセスして、インストーラーを入手します。

PCにインストールするタイプとポータブル版のふたつがありますが、ここではインストーラー版で紹介します。

ScreenToGif 公式サイト

公式サイトでインストーラーをダウンロード

ScreenToGifx.xx.x.setup.msiという名前のインストーラーファイルをダウンロードします(x.xx.xの部分はバージョンナンバー)。

 

インストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動すると、インストールオプション画面が現れます。

ScreenToGif インストーラー

インストーラーを実行する

 

5つのチェックボックスのうち4つがマークされていますが、MP4などの動画ファイルでも保存したいならこれもチェックしておきましょう。

FFmpeg.exeという変換ツールを自動でダウンロードしてくれます。

ScreenToGif インストールオプション

FFmpegもチェックしておく

 

続いてインストール先のフォルダーを指定します。

特に変更の必要がなければそのままで構いません。

その下の”Shortcuts”オプションは、デスクトップやスタートメニューにショートカットを作成します。

ここはご自分のお好みでどうぞ。

ScreenToGIf インストール先指定

インストール先フォルダーを指定

 

[Install]ボタンをクリックするとインストールが始まるので、処理が終わるまでしばらく待ちましょう。

ScreenToGif インストール進行中

インストール中

終了メッセージが出たら、インストールは完了です。

ScreenToGo インストール終了

インストール完了のメッセージ

 

変換用ライブラリの設定

インストールが終わったらScreenToGIfを起動しましょう。

海外製のソフトですが、自動的に日本語モードで起動します。

ScreenToGif メニューバー

ScreenToGIfのメニューバー

 

[オプション]をクリックして、基本的な設定を行います。

設定ダイアログボックスを開いて「外部ツール」タブに切り替えましょう。

ここでは、インストール時に選択したFFmpegをはじめとして、GifskiSharpDxといったライブラリ(外部ツール)を使用するためのパスを登録します。

ScreenToGIf 外部ツール設定

ScreenToGIfの設定オプション画面

 

ライブラリはすべてScreenToGifのインストール先フォルダに保存されているので、それを選択するだけでOK。

FFmpegGifskyは実行ファイルを、SharpDxのほうはフォルダー(つまりScreenToGifのフォルダー)を登録します。

ScreenToGIf FFmpegの指定

FFmpeg.exeを選択する

ScreenToGif 外部ツール設定例

外部ツールのパスをすべて設定したところ

 

アニメでより判りやすいコンテンツ作りに

これで基本的な設定は終わりです。

冒頭で紹介したTuxGuitarの操作アニメーションが簡単に作れます。

途中操作を間違えてしまった余計な部分をScreenToGifの編集機能でカットしたほか、先頭部分のタイトル文字もScreenToGifで作成しています。

アニメーションGIFに代わる新しい規格、アニメーションPNG(APNG)への出力に対応しているのもうれしい点です。

PC系のブロガーはもちろん、Webデザインや動画コンテンツの作成にも役立つでしょう。

 

 

 

-ソフトウェア
-, ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック