Webサービス ガジェット

Yousicianでギターレッスン始めてみたよ

ふとしたきっかけで、久しぶりにギターを弾くようになりました。

いまは、オンラインで受けられるレッスンやアプリが充実していて、昔に比べるといい環境になりましたね~。

そんな中で見つけたYousicianというサービスに登録してみたので、スタートするときのちょっとしたコツについて紹介します。

 

Yousicianはオンラインの音楽レッスン

オンラインで受けられるギターレッスンはいろいろありますが、Yousicianは、わりとゲーム感覚でトライできるサービスです。

動画で講師が指導してくれるとかWeb会議のようなスタイルではなく、スマートフォン用アプリを使い、スマートフォンから流れるガイドの演奏(伴奏)と画面の指示を見ながら音を出すと正しく弾けたか判定してくれるというしくみです。

「太鼓の達人」のような音ゲー感覚ですね。

ただし単なるゲームではなく、体系的な学習コースが組まれていてそれに沿ってステップアップできるようになっています。

また、単なる演奏だけではなく、音楽理論についても学べます。

ギターのほかに、ベース、ピアノ、ウクレレ、ボーカルのレッスンが受けられますが、最新版アプリではそのうちギターレッスンが日本語化されました。

Yousician サイト

Yousicianには5つレッスンがある

 

アコギにスマホアプリだと使えない

Fukuzumiのもっているギターはエレアコなんですが、Yousicianを始めたときはギターアンプはもっていなかったので(その後つい買ってしまったのはすでに記事にしたとおり)、生音で試してみました。

スマートフォンから流れる伴奏に合わせてギターを弾くと、スマートフォンのマイクがそれを拾って正しく弾いているか判定してくれます。

ところが、どうがんばってもメタメタでろくな結果がでません。

そこで試しに、伴奏の音をBluetoothヘッドフォンで聴きながら弾いてみたら高判定がでるようになりました。

つまり、スマートフォンから流れる伴奏をスマホ自身が拾ってしまって判定に影響してたわけですね。

 

オーディオI/Fでギターを接続

しかし、私はどうもインナーイヤー型のイヤフォンが苦手です。

スマホじゃなくパソコンで利用できないかと調べてみたら、YoucisianのWindows版があるのがわかりました。

そこで楽器接続用のケーブル(いわゆるシールドケーブル)を購入。これで、ギターの音をPCに入れられるようになりました。

USBオーディオインターフェイスには、すでに所有しているヤマハのAG-03を使います。

これはマイクのほかに、ギターやキーボードを接続する入力端子があるのでぴったりです。

もともとは、PC上で制作した音楽に合わせて歌ったり、演奏したものをもういちどPC上で録音できるというもの。

伴奏の音は、USBオーディオインターフェイスにつないだモニターヘッドフォンから聴いてもいいし、パソコンのスピーカーから流しても構いません。

ギターの練習だけにオーディオI/Fを買うのはちょっと(高すぎ)という人は、USBインターフェイス機能をもったギター用シールドケーブルというのもあるので、そちらを試してみるのもいいかもしれません。

ただし、質の悪い製品だと遅延が大きくて、正しく弾けたかの判定に影響してしまうようなものがあるかもしれません。

ほかにも、音質面で本格的な自宅録音には向かないけれど、Yousicianでのレッスンには充分、といったものもあるかもしれません。

Amazonなどで製品レビューを参考に、じっくり選んでみてください。

そのほかには、ギターのシールドケーブルを直接スマートフォンに接続できるように変換するコンバーターもあります。

 

アコギでYousician

エレアコがちょっと不調なのでメンテの情報を調べるついでに、アコギをYousicianにつなぐための機材を別記事にまとめてみました。

関連記事
Yousicianでアコギを使うために必要な機材を紹介

オンラインの音楽レッスンサービスYousicianに登録してギターのレッスンを始めたんですが、最近肝心のエレアコの調子が ...

続きを見る

 

 

Yousician Windows版のちょっとしたコツ

ダウンロードはユーザー登録後

YousicianのWindows版をダウンロードするには、まずユーザーアカウントを作成する必要があります。

スマホアプリ版では先にダウンロードしたアプリを起動してアカウントを登録しますが、Windows版だとこれが逆になるわけです。

アカウントを登録してログインするとDownloadというページがあるのでそこから入手してください。

Yousician ダウンロードページ

Win版はユーザー登録後にダウンロード

 

 

日本語モードに切り替え

最初は、英語版のガイドを聴きながらレッスンしていたんですが、バージョン6.12.0へのアップデートでギターレッスン部分のみ日本語が利用できるようになりました。

解説音声そのものは英語のままですが、日本語の字幕が出てくるので音楽用語などの難しい部分もわかりやすくなっています。

また、レッスン概要のような定型的な部分については日本語の音声が流れます。

そのほかには、画面に表示される音名も、英語版のCDEFGABではなく、ドレミファソラシド表記になります。

言語を切り替えるには、ウィンドウ上の歯車(コグ)アイコンをクリックして設定画面を開き、[CHANGE LANGUAGE]をクリックします。

Yousician 設定画面

言語を選択する

言語一覧の中に、"日本語"があるので選択してください。

Yousician 言語の選択

日本語を選択する

これで画面が日本語化されます。

Yousician 日本語化された画面

画面が日本語化された

 

画面をウィンドウモードに

デスクトップPCでYousicianを使うばあい、ひとつ問題があります。

どうやらインターフェイスがタブレットモード(タッチ操作)前提らしく、全画面表示で起動します。

困るのは、アプリを閉じるボタン(コマンド)がないので、このままではYousicianを終了できません。

そこでもういちど設定画面を開いて、全画面のオプションをオフにしましょう。

これでウィンドウの[閉じる]ボタンが使えるようになります。

Yousician 全画面モードをオフ

全画面モードをオフにする

 

オーディオ関係の設定

今回はギターをUSBオーディオI/F経由でつなぐので、オーディオの設定もやっておきましょう。

設定画面を開いて、オーディオ設定の[詳細設定]をクリック(タップ)します。

Yousician 設定アイコン

設定アイコンをクリック

Yousician オーディオの詳細設定

オーディオの詳細設定を開く

入力デバイス」のところでオーディオI/Fを選択します。

うちではヤマハのAG-03を使用するのでライン(6-AG06/AG03)を選択します。

ここでもタッチ操作が前提になっているため、設定項目を横にスクロールすることができません。

もしオーディオI/Fを接続しているのに項目が表示されていなかったら、ただ単に隠れているだけなので、とりあえずほかの項目を選択してみてください。

結果的にスクロールしたのと同じことになって、隠れていたライン(6-AG06/AG03)が現れて、選択できるようになりました。

Yousician 入力の設定

オーディオI/Fを指定する

 

あとは[保存]をクリックします。

オーディオI/Fの起動順には注意が必要です。

Yousicianを起動する前にオーディオI/Fを起動(接続)しておきましょう。

Yousicianの起動後にオーディオI/Fを接続しても認識してくれないので、詳細設定をやりなおすことになります。

 

伴奏と効果音のバランス

設定の中には、伴奏と効果音の音量に関する設定もあります。

好みに応じてバランスを調整しておきましょう。

 

モニター出力の確認

これでオーディオI/F経由でギターを接続できるようになりました。

Yousicianの音声、つまりレッスンの解説や伴奏の音もオーディオI/Fから流れるので、このセットだとモニターヘッドフォンで聴くことになります。

もしPC側のスピーカーで聴きたかったら、スピーカーの設定を変更しておきましょう。

出力先スピーカーを選択

出力用スピーカーを切り替える

 

無料版と有料版の違い

これでギターレッスンを受ける準備ができました。

Yousicianには無料版と有料版がありますが、無料版では1日に受けられるレッスンがひとつに限られるという制限があります。

ひとつのレッスンを繰り返し練習するのは可能です(ただし上限はあります)が、複数のレッスンを受けることはできません。

有料版になるとレッスンの制限はないので、長時間練習したいひとにはそちらのほうがお薦めです。

有料版にはさらにプレミアムとオールのふたつがあります。

ふつうのプレミアムでは受けられるレッスンが楽器ひとつなのに対して、オールになるとすべての楽器のレッスンを受講できます。

価格は、次のとおりです。

コース 支払い方法 費用
プレミアム 月払い 19.99 USドル/月
プレミアム 年払い 9.99 USドル/月あたり
オール 月払い 29.99 USドル/月
オール 年払い 14.99 US ドル/月あたり

 

7日間無料トライアルには要注意

Yousicianには7日間の無料体験コースがあります。

スマホアプリでこれを利用するには注意が必要です。

というのも、お試し期間が過ぎると、そのまま有料版に移行して課金されてしまうらしいからです。

 

AppStoreのレビューで低評価をつけたり酷評のコメントを残している方の多くは、たいていこの点に気づかずに無料体験に申し込んでしまったようです。

気が付いたら年払いで1万円以上が課金されているので注意しましょう。

Windows版のばあい、ユーザー登録の時点でクレジットカード情報などを登録することはないので、気づかないうちに課金されていたという失敗はないようです。

 

Yousicianのレッスンを受けてみよう

Yousicianでのオンラインギターレッスンがどんなものか紹介しましょう。 この記事の目次1 音ゲー感覚でギターレッス ...

続きを見る

 

 

 

 

-Webサービス, ガジェット
-,

© 2020 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック