ソフトウェア

VimiumならWebページ上の単語もキー操作だけで検索

Vimiumの基本を知ろう

VimiumはGoogle ChromeでのWebブラウズをキー入力で操作できる拡張機能です。

ChromeにVimiumをインストールするとアドレス入力や検索を行うVomnibarの呼び出しから、ページのスクロール、タブの移動や新規タブの作成などほとんどの操作をキーボードで行えるようになります。

Vimiumが初めての方はまず下の記事からご覧ください。

基礎知識
Vimiumアイコン
キー入力で快適ブラウズ、Chromeの拡張機能Vimium

調べ物などで長時間Webページを検索していて肩が凝ったり、腕や肘、手首が疲れてきたことはありませんか? そんな経験がある ...

続きを見る

Vimiumを使うとブラウザの操作をほとんど、キーボードで済ませることができます。でもネットサーフィンの途中で、急に記事中の単語について検索したくなったらどうしましょうか?

実はそんなときもマウスに持ち替えずに、文字列を選択できるようになっています。

 

 

文字列を選択するのに必要なモード切り替え

Vimiumでは、キー操作でキャレットを動かしたり文字列を選択することができます。

が、そのためにはビジュアルモードキャレットモードについて知っておく必要があります。

 

ビジュアル(Visual)モードとキャレット(Caret)モード

キー操作でキャレットを動かしたり文字を選択するには、一時的にVimiumのキー割り当てを無効にする必要があります。
しかも単に無効にするだけではなく、キャレット操作だけはキー入力で行うという特殊な状態です。

それがビジュアルモードキャレットモードです。

両者の違いは、単にキャレットを移動するか、それとも文字列を選択するかにあります。

 

キャレットモードに入る方法

試しになにかWebページを読み込んだ状態で【v】キーを押してください。

そのときブラウザの右下に注目しておきます。

するとまず次の図のようなメッセージが出て、さらに次の図に切り替わります。

Vキーを押したときのメッセージ

クリックなしでVを押したときのメッセージ

メッセージ拡大

メッセージの拡大

キャレットモードへの変化

続いてキャレットモードに切り替わる

これがキャレットモードに入った状態です。

キャレットモードの入り方

なにもクリックせずに【v】を押すとキャレットモードに入る。

ふたつめの図ではCaret modeと表示されているのですぐにわかりますが、では最初のメッセージはなんでしょうか?

その前にもうひとつ実験です。

 

ビジュアルモードに入る方法

こんどはWebページ上のどこかをマウスポインタでクリックしておいてから、【v】キーを押してください。

するとすぐにVisual modeと表示されます。

ビジュアルモードに入る

どこかクリックしてVを押すと直接ビジュアルモードに入る

これがビジュアルモードに入る方法です。

ビジュアルモードの入り方

どこかクリックしてから【v】キーを押すとビジュアルモードに入る

 

 

最初のメッセージの意味

最初の操作でキャレットモードに入る直前のメッセージを見てみましょう。

No usable selection, Entering caret mode...

なにも選択されていないからキャレットモードに入るよ、といっています。

つまりどこかをクリックして、なんらかの選択が可能な状態から【v】を押すとそのままビジュアルモードに入るけど、選択できる状態になかったらキャレットモードに自動で切り替えるということです。

 

 

ふたつのモードを切り替える

では、次にビジュアルモードの状態で【c】を押してください。
するとメッセージがCaret modeに切り替わります。

そしてもういちど【v】を押すとまたビジュアルモードに切り替わります。

このように、【c】【v】を押すことで、そのつどキャレットモードとビジュアルモードを切り替えることができます。

 

モードを終了する

キャレットモードもビジュアルモードも終了して、通常のVimiumに戻るには【Esc】キーを押します。

モードの終了

キャレットモードまたはビジュアルモードを終了するには、【Esc】キーを押す

これでモードの基礎知識は終了です。

 

 

キャレットの動かし方

モードについて理解できたら次はキャレットの動かし方です。

これはVimiumでのタブ切り替えやスクロールと類似性があるので、関連づけて覚えましょう。

わかりやすいように、先にビジュアルモードで説明します。
Webページ上の文字があるところをクリックしてから【v】を押してビジュアルモードに入ってください。

 

キャレットを文字単位で左右に動かす

そこから【l】(小文字のエル)キーを押してみてください。文字列が青く反転します。

文字列の選択開始

ビジュアルモードで文字列の選択開始

さらに【l】を押し続けると反転した範囲が広がっていきます。

文字列の選択拡大

lキーを押すと選択範囲が広がる

つまり文字列の選択範囲が後方へ伸びていきます。

次は【h】キーを押してみましょう。こんどは選択範囲が短くなっていきます。

つまり【h】と【l】キーでキャレットを動かして、文字列の選択範囲を伸縮できます。

 

キャレットを行単位で動かす

こんどは【j】キーを押してください。選択範囲が下の行へ広がります。

選択行の拡大

jキーを押すと選択行が下へ広がる

続いて【k】キーを押すと選択範囲はいったん狭くなり、押し続けるとこんどは上の行へ広がっていきます。

このようにして4つのキーでキャレットを動かし、文字列を選択します。

 

 

複数の文字単位で動かす

次は【w】キーを押してみてください。選択範囲が一気に広がります。

記号を含む拡大

wを押すと次の記号まで選択範囲が広がる

同様に【e】キーでも試してください。

記号を含まない拡大

eを押すと次の記号の直前まで選択範囲を拡大

両者の違いは、【w】キーが次の記号まで移動すること。そして【e】キーは次の記号の直前まで移動することです。
記号は英文ならばスペースやピリオド、日本語の文章なら句読点になります。

また【b】キーを押すと数文字単位でバックしていきます。

 

キャレットモードでの動作

ビジュアルモードでは、このようにキャレットを動かすことで文字列を選択します。

それに対しキャレットモードでは、文字列の選択をしない単なるキャレット移動になります。

キャレットを移動したあと文字列を選択したいときは、その場で【v】を押してビジュアルモードに切り替えてから、さらにキャレットを動かしてください。

 

 

選択した文字列をVomnibarで検索する

ではWebページ上の語句をなにか選択して、検索してみましょう。

 

step
1
選択範囲の先頭を指定する

キャレットモードでキャレットの位置を動かすか、選択したい文字列の先頭をマウスでクリックします。

 

step
2
ビジュアルモードに切り替える

【v】キーを押してビジュアルモードに切り替えます。

 

step
3
文字列を選択する

キー操作でキャレットを動かして文字列を選択します。

 

step
4
選択した文字列をコピー

キーボードショートカットで選択した文字列をコピーします。(Windowsなら【Ctrl】+【c】

 

step
5
ビジュアルモードを解除

【Esc】キーを押してビジュアルモードを終了します。

 

step
6
Vomnibarを呼び出す

【o】キーを押してVomnibarを開きます。
さらに、ここで検索エンジンを選択することもできます。

 

step
7
コピーした文字列を貼り付ける

コピーしておいた文字列を、キーボードショートカットで貼り付けます。(Windowsなら【Ctrl】+【V】

 

step
8
検索を実行する

【Enter】キーを押して検索を実行します。

 

 

移動・選択からコピー&ペーストまですべてキー入力操作

以上の手順で、Webページ上の文字列をキー操作だけで検索することができます。

マウスに極力触りたくないキーボード重視の方にぜひお薦めします。

 

キー操作でWebページの文字を選択~検索するときのポイント

  • ビジュアルモードは文字選択、キャレットモードはキャレット移動用
  • 【v】でビジュアルモード、【c】でキャレットモードを切り替え
  • 【h】【j】【k】【l】キーでキャレットを移動して文字列を選択
  • 選択した文字列はショートカットでコピー&ペースト可能
  • Vomniバーへペーストする前に、ビジュアルモードを解除しておく

 

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック