パソコン

Windows11のスタートボタンを画面左下に戻したい

Windows11ではスタートボタン(正確にはタスクバー)の位置が変ってしまい、居心地の悪さを感じている人もいるんじゃないでしょうか。

幸い、Windows自体の設定で簡単にもとの位置に戻せるのでやってみましょう。

Windows11 デスクトップ

Win11ではタスクバーが中央に表示される。

 

 

タスクバーを左に表示させるには

タスクバーの位置を、Windows10以前のように表示させるには「設定」アプリを使います。

「設定」アプリを呼び出すにはスタートメニューや検索機能を使ってもいいんですが、もっと簡単にタスクバーの空白部分を右クリックしましょう。

Windows11 タスクバー

タスクバーの空白部分を右クリック。

 

 

すると、「設定」アプリの個人用設定>タスクバーを直接呼び出せます。

余計な手間がいらないので、このやり方が絶対オススメ。

タスクバーの設定

タスクバーの設定を直接呼び出せる。

 

タスクバーの設定にもいろいろありますが、いちばん下にある「タスクバーの動作」を開きましょう。

最初は折り畳まれているのでバーの部分をクリックして展開します。

 

展開したリストのいちばん上に「タスクバーの配置」という項目があるので、右側のドロップダウンリストを開いて、”中央揃え”から”左揃え”に変更します。

タスクバーの位置を選択

タスクバーを”左揃え”にする。

 

 

 

 

これで、従来通りタスクバーが画面の左下へ移動しました。

左揃えにしたタスクバー

タスクバー全体が左に表示された。

 

タスクバーは画面下に固定

これまでWindowsのタスクバーは画面の上や左右に配置できましたが、Windows11では画面下に固定されています。

 

レジストリを書き換えれば配置の変更も可能ですが、ふつうのユーザーにはお奨めできません。

そこでWindowsをカスタマイズするオンラインソフトが登場しています。

これについては機会を改めて紹介することにしましょう。

 

ボタン位置はOpen-Shellには効果なし

Windows8や10のスタートメニューが使いづらかったFukuzumiは、昔からOpen-Shellというオンラインソフトを使ってきました。

Windows11でスタートボタンの位置が変ったこともあって、Open-Shellをボタンで呼び出すことはできなくなっています。

今回紹介したカスタマイズで見かけ上、スタートボタンは画面左になりましたが、だからといってOpen-Shellを開けるようになるわけではありません。

Open-Shellを使うにはキーボードの【Win】ボタンを押しましょう。

関連記事
Windows11でOpen-Shellを使うには

Fukuzumiのパソコンでは、Windows自体のスタートメニューの代わりとしてOpen-Shellというオープンソー ...

続きを見る

 

-パソコン
-,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック