ソフトウェア スマートフォン

Filmic ProでLOG撮影 CineKitが半額(12月いっぱい)

スマホやタブレットで本格的な動画撮影ができる高機能カメラアプリFilmic ProにLOG撮影機能を追加する追加オプション、CineKitを半額で購入できるチャンスです(2021年12月いっぱい)。

Filmic Pro CineKit 年末半額キャンペーン

 

業務用カメラの機能をiPhoneで

Filmic ProはiPhoneやAndroidデバイスで本格的な映画やCM用映像の撮影ができる超高機能動画撮影アプリです。

Filmic Pro公式サイト

 

フォーカスのポイントと露出のポイントを別々に設定できたり、手前から奥へピントの位置が動いていくような「送り」撮影を自動でやってくれるプルフォーカス機能を使えるなど、普通のカメラアプリにはない強力な撮影機能を備えています。

FilmicPro画面

業務用カメラに迫る撮影機能をもつ。

 

 

オプション設定も豊富で、ISO感度の指定やシャッター速度指定での撮影、iPhoneの3つの内蔵マイク(前面/背面/下)のどれを使うかの選択、オーディオサンプリングレートの選択(44.1kHz/48kHz)などが可能。

さらに撮影補助デバイスとして、DJI OSMO MobileやZhiyun Smooth4といったスマートフォン対応スタビライザーとの連携や、ワイド感のある撮影を可能にするアナモルフィックレンズアダプターを使うための設定までできてしまいます。

created by Rinker
DJI
¥21,500 (2022/11/19 14:28:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

映画ライクなルックをCineKitで

そんなFilmic Proをさらにパワーアップしてくれるのがシネマトグラファーキット。通称”CineKit”です。

 

 

”CineKit”を追加購入すると、カラーモードの選択が可能になります。

ナチュラル/ダイナミック/フラット/LOGの選択に加えて、シャドウ/ハイライトの調整、彩度の調整などが可能で、よりクリエイティブな表現に挑戦できます。

 

 

特に魅力なのがLOG撮影に対応していること。

スタンダードなLOG V2モードでも、ナチュラルの9ストップ(9段階)に比べ12ストップのダイナミックレンジを実現。

通常の撮影に比べ白飛びや黒つぶれの少ない映像が得られるので、編集ソフト次第で、まるで映画のような色合い(ルック)に仕上げることができます。

 

 

次のスクリーンショットは、Filmic Pro公式サイトから”CineKit”紹介ページの一部をキャプチャしたものです。

Filmic Pro LOG撮影ダイナミックレンジ

LOGモードは圧倒的にダイナミックレンジが広い。

下のほうにあるグレースケールを見ると、Naturalモードではダイナミックレンジが9段階なのに対し、Log V2モードでは12段階を表現できるのがわかります。

 

 

LOG収録機能の詳細についてはこちらの動画をご覧ください。

またiPhone 12以上になると10bit撮影(LOG V3)をサポートしているため、さらにダイナミックレンジの広い撮影が可能となります。

こちらはLOG V3についての解説。

 

業務用ビデオ キヤノンXF400をも上回るLOG収録機能

10bit収録といえば、業務用ビデオカメラでも上位機種にのみ搭載される機能。

Fukuzumiがふだん使っているキヤノンのXF400でもカメラ本体では対応できず、外部レコーダーにフルHDで収録するときしか使えません。

つまりXF400だと4Kでの10bitはできないんですが、Filmic ProにCineKitを組み合わせればそれがiPhoneでできてしまうわけです。

 

12月いっぱい半額セール中

そんなCineKitですが、App内課金で通常価格1720円のところを、2021年12月いっぱいは半額セールの860円で購入できます。

 

業務用ビデオカメラ並の機能をもつFIlmic Proに、業務用カメラ同等以上の画質を可能にするCineKitの組み合わせは、プロの補助機材としても、映像制作を志す学生やアマチュアにとっても魅力です。

ぜひこの機会を見逃さないようにしましょう。

 

 

CineKitの購入方法と設定

CineKitを購入するには、Filmic Pro画面の左下にあるカラー設定用のアイコンをタップしましょう。

カラー設定画面には4つのタブがありますが、そのうち下のふたつがCineKit用の設定で、Filmic Proを購入しただけでは使えません。

Filmic Pro CineKit画面

CineKitを未購入の状態。

 

 

この画面をタップすると「シネマトグラファーキット」の説明が現れます。

Filmic Pro CineKit説明

CineKitの説明画面。

「購入」のところに表示される価格が通常は1,720円ですが、2021年12月いっぱいは半額の860円になっています。

 

購入をタップしたらあとは、ふつうのアプリ購入と同じなので支払いを行います。

Filmic Pro CineKit購入画面

アプリ内課金でCineKitを購入。

 

 

購入が完了すると「詳しい情報」と表示されていた斜めのストライプが消えて、機能制限が解除されています。

FilmicPro CineKit購入後

カラーモード設定が利用可能になる。

この状態ではカラーモードが8bitなのでLogについてV2モードしか使えません。

 

10bitのLog V3を使うには、画面右下のコグ(歯車)アイコンをタップして設定画面を開き、解像度設定で”10-bit”を選択します。

Filmic Pro 10bit収録

解像度設定で10bitを選択する。

 

これで10bitの超高画質でLOG収録できるようになります。

 

撮影したデータはDaVinci Resolveのようなカラーグレーディング機能を持つソフトを使えば、まるで商業映画のようなルックを作り出すことができます。

 

-ソフトウェア, スマートフォン
-, ,