ソフトウェア

Typora がついに正式版に - ライセンスの購入方法と落とし穴

マークダウンエディタTyporaがバージョンアップしてついに正式版になりました。

同時にシェアウェア化されたのでライセンス購入方法を紹介します。

 

 

正式版へのアップグレード

バージョンアップの通知は従来どおり。

Typoraを起動すると自動で更新チェックが行われ、通知してくれます。

Typora 正式版リリース通知

Typoraのアップデート通知

 

 

このバージョンアップ(正規版へのアップグレード)を行うと、15日間の試用期間後はライセンスキーの入力が必要になります。

無料版で使い続けたい方は、バージョンアップしないようにしましょう。

 

 

アップグレードを行うときは、セキュリティソフトの自動保護機能を一時的にオフにします。

Norton360のばあい、自動保護スマートファイアウォール両方をオフにする必要があるようです。

セキュリティの一時停止

アップデート前に自動保護を一時停止する。

 

 

自動保護を一時停止したら、Typoraのアップデート通知画面に戻って[更新をダウンロード]をクリックします。

 

ファイルのダウンロードが終わったら次の画面で[終了してインストール]をクリック。

Typoraアップデート

最新版をインストールする。

 

 

ユーザーアカウント制御画面が現れるので、Typoraのアップデータであるのを確認して[はい]をクリックしましょう。

ユーザーアカウント制御画面

インストーラーの実行を許可する。

 

インストールが終わったら、Typoraをもういちど起動します。

 

 

すると、Typoraのウィンドウに加えてTyporaの説明ウィンドウが現れます。

Typoraのウィンドウ

ライセンス未登録状態のTypora。

 

Typora概要説明

Typoraの概要説明ウィンドウ。

 

Typoraのウィンドウにはライセンス登録が行われていないことを示す”UNREGISTERD”の文字が表示されています。

 

 

ライセンスの購入手順

ライセンスの購入にはいくつかのルートがあります。

ここでは説明ウィンドウからの手続き方法を紹介します。

 

説明ウィンドウの右下にある[Next]ボタンをクリックすると2ステップほど機能紹介があり、次のステップで”Get Start”という画面になります。

Typora Get Start画面

Get Start画面で[Next]をクリック。

さらに[Next]をクリックするとライセンス登録画面が現れます。

Typora ライセンス登録画面

ライセンスを購入する。

 

 

試用を継続するときは左下のライトグレーのボタンを、ライセンスを購入するときは[Buy Liscense]をクリックしてください。

 

Webブラウザが起動してライセンス購入画面にアクセスします。

Typora ライセンス購入画面

Typoraのライセンス購入ページ。

 

 

価格表示の右側にライセンス数指定ボタンがあり、[+]をクリックするとライセンス数を追加できます。

ライセンス数の指定が終わったら[Purchase]をクリックしましょう。

Typora 購入ライセンス数の指定

+-ボタンでライセンス数を指定。

 

 

続いて支払い画面です。

Typora支払い画面

Typoraの支払い画面。

 

左上のカートボタン上にライセンス数が表示されています。

クリックするとライセンス数の変更ができます。

Typora ライセンス数の変更

ライセンス数を変更するばあい。

 

購入には国指定が必要

この画面支払い方法を指定しても実際には購入できません

なんどやってもダメなので調べてみたら、国の指定が必要だとわかりました。

 

 

画面右上隅にあるボタンを使って"日本"を選択してください。

Typora 支払いと国の選択

必ず国の指定が必要。

 

これで支払い額が円表示に替わり、支払い指定ができるようになります。

今回はPayPalを利用しました。

 

メールアドレスと氏名を入力し、チェックボックスにマークしていちばん下の[お支払い]ボタンをクリックします。

Typora 支払いの指定

PayPalでの支払い指定例。

 

ブラウザがPayPalのページに切り替わるので、金額や請求先のカード情報を確認しましょう。

今回はたまたま、直前にPayPalの1000円クーポンを獲得できたので、そのまま適用して1000円引きになりました。

PayPal 支払い確認画面

PayPalでの支払い確認画面。

 

[今すぐ支払う]をクリックして手続き完了です。

Typora 支払い完了画面

支払い完了のメッセージ。

 

ライセンスコードが表示されますが、直後にeメールで送られてくるので記録しておく必要はありません。

Typora 支払い完了メール

支払い完了の通知メールが届く。

 

ライセンスを登録する

ライセンスの登録にもいくつかルートがありますが、今回はTyporaのメインメニューから行います。

[ヘルプ]メニューの[My License...]を選択すると、登録画面が現れます。

Typora ライセンスキーの登録

[Help]>[My License...]を開く。

 

ダイアログボックスで、支払時に登録したメールアドレスと、送られてきたライセンスコードを入力して[Activate]をクリックすれば、登録終了です。

Typora ライセンスキー登録画面

メールアドレスとライセンスキーを登録する。

 

 

支払時には国選択が必須なので注意

決済にはFastSpringというシステムを使っています。

 

Fukuzumiは最初、国指定をせずに支払いしようとしてまったく操作できませんでした。

 

PayPalを選択したばあい、「USで登録したアカウントを使ってください」といった主旨のメッセージが出るのでなんとなくわかるんですが、ふつうのクレジットカードやAmazonPayに替えても相変わらず支払いができなくて慌てました。

 

国を”日本”に切り替えることでまったく問題なく処理できたので、慌てなくてもだいじょうぶです。

 

マークダウンエディタ Typora の記事をまとめて読もう

WordPressの記事作成がスピードアップすると最近markdown記法が人気です。Markdownは基本的にどんなテキストエディタでも書くことができますが、Markdown対応エディタを使うとHTMLに変換したときの画面をその場でプレビ ...
この記事を読む
Typoraはブログ記事作成がスピードアップすると人気のMarkdown記法専用に作られたテキストエディタです。 今回の記事は使いこなしのポイントになりそうなところをピックアップして解説します。 Typoraの概要については前回の記事をご覧 ...
この記事を読む
Markdown専用エディタTyporaには、Markdown記法に不慣れなユーザーでも手軽に使えるように独自のコマンドが用意されています。 今回は、いままで知らなかったコマンドや専用ソフトならではのコマンドを紹介します。 Typoraが初 ...
この記事を読む
Markdown専用エディタTyporaのアップデート情報です。 2020年12月13日現在のバージョンは0.9.97です。 Typora特集インデックス Typora バージョンアップの概要 バージョンアップのリリースノートから、改良点を ...
この記事を読む
Typoraでは、Markdown形式とプレーンテキスト形式の文書を保存するほかに、PDF形式とHTML形式へのエキスポートが可能です。 さらに外部ツールを組み込むことで、いろいろな形式のインポート/エキスポートが可能になります。 今回は文 ...
この記事を読む
Loading...

 

-ソフトウェア
-, ,