パソコン

Windows11アップデートための互換性チェック

 

Windowsの最新バージョン 11が正式に発表されました。

Windows10からは無料でアップデート可能ですが、残念ながらすべてのパソコンでアップデートできるわけではありません。

幸い、アップデート可能なパソコンかどうかはマイクロソフトの公式ツールで確認できます。

使い方は簡単なのでぜひチェックしておきましょう。

 

この記事で紹介している正常性チェックツールは、一時的に公開保留になりました。

その他の無料診断ツールを紹介していますのでご利用ください。

関連記事
Windowsアイキャッチ
「Windows11は古いPCにもインストール可能」という新情報

最近当サイトでもWindows11へのアップデートに関する記事がかなりのアクセス数を占めていますが、ここに来て実は古いパ ...

続きを見る

 

関連記事
Windowsアイキャッチ
MS純正より詳しいWin11互換性チェックツール - ReadySunValley

Win11のリリースは10月5日     Windows11をインストールできるかどうか調べる、マイ ...

続きを見る

関連記事
Windowsアイキャッチ
Win11互換性を日本語で教えてくれる WhyNotWin11

Win11のリリースは10月5日   パソコンがWindows11に対応しているかチェックしてくれる無料ソフト ...

続きを見る

 

 

アップデート可能なパソコンかチェックする

Windows11にアップデートできるパソコンにはいくつか条件がありますが、マイクロソフトの公式ツールを使えば簡単に判定できます。

まずはツールの使い方を紹介します。

 

step
1
Windows11のサイトへアクセス

Windows11の公式サイトへアクセスします。

Windows11公式サイト

Windows11の公式サイト

 

step
2
互換性確認アプリをダウンロード

ページを下の方へスクロールしていくと、途中に互換性の確認というブロックがあり、そこに[アプリをダウンロード]というリンクがあります。

Win11互換性チェックツール

アップデートの互換性チェックツール

これをクリックしてアプリをダウンロードします(アプリはMSI形式です)。

互換性チェックツールのダウンロード

互換性チェックアプリをダウンロード

 

ちなみにその下にはシステムの最小要件が書かれています。

Windows11を実行するのに必要な最低条件ですが、この条件を満たしていても場合によってはアップデート対象外になるばあいがあるので注意してください。

ハードウェア スペック
CPU 2コア以上の64ビットプロセッサ、動作クロック1GHz以上
RAM 4GB
ストレージ(HDD/SSD) 64GB
グラフィックスカード DirectX 12/WDDM2.x
ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度(720p)
インターネット接続 Windows11 Home Editionのセットアップには、 インターネット接続とMicrosoftアカウントが必要

 

step
3
互換性確認アプリをインストール

ダウンロードしたアプリ(WindowsPCHealthCheckSetup.msi)を実行します。

互換性チェックツールのインストール

互換性チェックアプリをインストールする

 

ライセンス条項にチェックして[インストール]をクリックします。

互換性チェックツール ライセンス

ライセンス条項をマークしてインストール

 

インストールが終わったら「Windows PC 正常性チェックを開く」がチェックされているのを確認して[完了]をクリックします。

互換性チェックツールを起動

インストール完了後ツールを起動する

 

step
4
正常性チェックを実行

「PCの正常性の概要」という画面が現れるので、先頭にある「Windows11を導入しています」グループで[今すぐチェック]をクリックします。

互換性チェックを実行

Win11互換性チェックを実行する

 

"導入しています"と書かれていますが、現時点(2021年6月末)ではWindows11がインストールされるわけではなく、単なる互換性チェックのみとなります。

 

 

チェックが終わると結果が表示されます。

この春(2021年3月末)に購入した新しいタワーPCでは問題なくアップデート可能でした。

Win11互換性診断結果1

最新パソコンは問題なくアップデート可能

 

しかし、2017年頃に購入した日本HPのノートパソコン(2020年末にHDD交換とメモリ増設を行ったもの)は残念ながら、互換性なしと判定されました。

この件についてはまた別記事で紹介します。

Win11互換性診断結果1

HPの15-AB536TXはアップデート不可の判定

関連記事
Windowsアイキャッチ
Win11互換性がPCスペックだけではわからないケース

Win11のリリースは10月5日     前回の記事では、Windows11にアップデートできるかど ...

続きを見る

 

 

Win10から11への変更点

Windows11へのアップデートや、Win11の更新プログラムをインストールすることで、一部の機能が廃止されたり削除されることがすでに予告されています。

Windows11 機能の廃止と削除

 

Cortana

初回システム起動時にCortanaが起動されることはなくなります。またタスクバーへのピン留めも行われなくなります。

Cortanaを利用している方は注意が必要です。

 

デスクトップの壁紙

WindowsへのログインにMicrosoftアカウントを使用している場合、デバイス同士の間で壁紙を移動することはできないようです。

 

Internet Explorer

すでにかなり利用者は減っていると思われますが、Internet Explorerは完全に無効になります。

互換モードを持ったMicrosoft Edgeへ移行するように推奨されています。

 

数式入力パネル

数式入力パネルは削除されます。

「オンデマンドでのみインストールされ」と記述があるので、必要なユーザーは任意に追加することができるようです。

 

ニュースと関心事項

先日通知をオフにする方法を紹介した「ニュースと関心事項」ですが、タスクバーからは削除されて、代わりにウィジェットによる表示に切り替わります。

 

Sモード

不勉強でSモードを知らなかったのですが、Microsoft Storeに表示されるアプリの安全性をMicrosoft社が確認するものだそうです。

なぜかこのモードはWindows 11のHome Editionのみで利用可能となります。

 

Skype 今すぐ会議

「Skype 今すぐ会議」は廃止され、「Chat」に置き換えられます。

 

Snipping Tool

この説明も難解です。

画面の切り取り(スクリーンショット)作成を行うSnipping Toolは残りますが、画面デザインと機能については「切り取り&スケッチ」を引き継ぐというふうに読めます。

 

スタートメニュー

スタートメニューは大幅に変更されるようです。

次のような記述があります。

  • 名前付きグループやアプリのフォルダーには対応しなくなり、レイアウトは現状ではサイズを変更できません。

  • Windows10からアップグレードしたときピン留めしてあったアプリとサイトは移行されません。

  • ライブタイルは使用できなくなります。一目で見られるダイナミックなコンテンツについては、新しいウィジェット機能をご覧ください。

個人的にはスタートメニューは使っていないので問題はありませんが、いちばん使う機会が多いスタートメニューの外見や操作が変わるのは困りますね。

 

タブレットモード

タブレットモードは廃止され、キーボードの着脱に関する機能が追加されるとのことです。

 

タスクバー

タスクバーにもいろいろ変更があります。

  • People はタスクバーからなくなります。

  • アップグレード前にカスタマイズしたアイコンを含む一部のアイコンは、アップグレードしたデバイスのシステム トレイ (systray) に表示されなくなります。

  • 位置は画面下部にのみ表示できます。

  • アプリはタスクバー エリアをカスタマイズできなくなります。

 

一部のアイコンがシステムトレイに表示されなくなるというのは気になります。

また、表示位置は"画面下"だけになるので、上や左右に表示していた人は注意が必要です。

 

除外されるアプリ

以下の、4つのアプリはWindows11をクリーンインストールした場合にはインストールされません。

Windows10からのアップデートでは継続して利用できます。

  • 3Dビューアー

  • Windows 10向けのOneNote

  • ペイント3D

  • Skype

 

どれも、プリインストールではなくなるというだけなので、あとから個別にインストールできるものと思われます。

Skypeがプリインストールから外されるのは興味深いところです。

 

Windows10のサポート期限

Windows11は2021年の後半にリリースされる予定です。

では、アップデートできないパソコンはどうなるでしょうか?

Windows10のサポートは2025年10月14日までとなっています。

4年以上の猶予があるのでそれまでは、今のパソコンを安心して使えます。

 

また、アップデートできないということはすでに数年経過しているはずです。

サポート期限が来る頃にはかなり老朽化しているはずなので、性能的にも限界が近いと思われます。

それまでに買い換えのプランを検討してください。

-パソコン
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック