ソフトウェア

新しいPCにAdobe CCのアプリ(ライセンス)を移行する

引き続き、新しいパソコンの環境整備をやっています。

今回はAdobe Creative Cloudのアプリケーションをインストールします。

さらに、古いパソコンから新しいパソコンへのライセンス切り替えが必要になるので、その手順についても紹介しました。

Adobe 製品ユーザーで、パソコンの入れ替えを考えている人は参考にしてください。

 

Adobe Creative Cloudにログイン

Adobe Creative Cloudでは、PhotoshopLightroomを使うためにフォトプランを購入しています。

ほかにも、いくつか利用できるアプリケーションがありますが、とりあえずはこのふたつをインストールすれば充分。

 

ではさっそくやっていきましょう。

まず、Adobe Creative Cloudのページへアクセスします。

Adobe Creative Cloud ログイン

Creative Cloudのページ

 

 

右上の[ログイン]ボタンをクリックして、アカウントにログイン。

 

ログイン画面では、GoogleやFacebook、Appleのアカウントでもログインできます。

Creative Cloud ログイン画面

アカウントを入力してログイン

 

パスワードを入力すると、次にバックアップ用メールアドレスの入力を求めてきます。

Adobe Creative Cloud バックアップメールアドレス登録

バックアップ用メールアドレスを登録

これ、以前はなかったと思うのですが、バックアップ用アドレスを登録することでパスワードを忘れた場合に簡単にリセットできるそうです。

 

Googleアカウントのメールアドレスを登録したところ、コードが送られてきたので6桁の数字を入力して本人確認を行いました。

Adobe CC コード入力

送られてきた6桁のコードを入力する

Adobe CC認証終了

コードを入力して本人確認を終了

 

 

Creative Cloudからダウンロード

本人確認が終わるとCreative Cloudの管理画面に入ります。

Adobe CC 管理ページ画面

Adobe CCの管理画面

 

Photoshopはすぐにダウンロードできますが、ほかのソフトも確認したいので、まずは上のメニューから[アプリ]をクリック。

すると利用中のプランに含まれるアプリケーションが表示されました。

Adobe CC 利用可能なアプリ

購入済みプランで利用可能なアプリケーション

 

プランの管理やアップデートが便利になるようなので、まずCreative Cloudからインストールすることにします。

Creative Cloud[ダウンロード]をクリックして、ファイルの保存先を指定。

Adobe CCのアプリをダウンロード

Adobe CCのインストーラーをダウンロード

ダウンロードしたインストーラーを実行すると、Creative Cloudのアプリケーションがインストールされました。

Adobe CCアプリケーション画面

Adobe CCアプリの画面

 

PhotoshopとLightroomをインストール

Creative Cloudアプリの画面は、Web上のCreative Cloud管理画面ページとほぼ同じですが、ボタンが[ダウンロード]ではなく[インストール]になっているところが違います。

 

ここからPhotoshopLightroomをインストールします。

いちどダウンロードしてからインストーラーを実行するのではなく、直接インストールできるようになっていました。

まずPhotoshopをインストール。

Photoshopインストール

Photoshopのインストール中

 

続いてLightroomもインストールします。

Lightroom

続いてLightoomもインストールする

 

インストールが終わると、”インストール済み”リストにアプリケーション名が登録されます。

Adobe CCインストール済みアプリ一覧

インストール済みアプリ名が表示される。

 

Creative Cloudのライセンス数はふたつ

フォトプランで購入したライセンスは、2台のパソコンで利用できます。

すでに2台のPCにインストール済みで、その中の1台をリプレイスするわけですが、ライセンスの切り替えはどうやったらいいでしょうか?

 

Lightroomを起動したところ、次のような画面が表示されました。

すでに2台のPCにインストール済みなので、新たなPCにインストールしただけでは使えないということですね。

Adobe CC ライセンス数チェック

同時に2台までインストールできる

 

しかし、今回は古いPCからの入れ替え。

前のは廃棄なので、そいつのライセンス登録を解除して新しいパソコンを登録すれば使えるようになります。

 

もう少し正確にいうと、古いパソコンでログインした状態になっているのをログアウトし、新しいパソコンでログインするという作業が必要です。

 

幸い、ログアウトは新しいパソコンからでもできるので、操作はなんの問題もありません。

もし、古いパソコンからでないとログアウトできなかったら、すでに起動しない状態ですから、たいへんなことになるところでしたが、さすがにそういうところには配慮されてますね。

 

前のPCでログアウトすると、「このデバイス」で無事ログイン可能になりました。

Adobe CCライセンス切り替え後

古いPCをログアウトして新しいPCでログイン

 

Adobe IDさえあれば移行は簡単

これで、またLightroomPhotoshopが使えるようになりました。

ライセンスの管理はクラウドでやっているので、Adobeのアカウントにログインさえしていれば簡単にできます。

ライセンスキーやシリアルNo.の入力なども必要なく、手軽でいいですね。

今回はわざわざ、Creative Cloudのアプリケーションをインストールしてみましたが、たぶんWeb上の管理画面からでもほぼ同じように作業できると思われます。

とりあえずAdobe IDとパスワードだけはなくさないようにしっかり管理しておきましょう。

 

  • Adobe CC(フォトプラン)は2台のPCで利用できる
  • アプリ版Adobe CCでアプリのダウンロードや管理が可能
  • 新しいPCに入れ替えるときは古いPCをログアウトすればOK

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック