ソフトウェア

画像の最適化と加工を一括処理できるFaststone Photo Resizer

Web用画像の最適化を行うツールを探していたら、なかなかいいソフトに出会いました。

最適化だけでなく、リサイズや切り抜き、ウォーターマークの合成、リネームなど便利な機能が揃っています。

大量の画像を一括加工したいひとにお奨めです。

 

大量の画像をまとめて一括処理

今回紹介するのは、FastStoneのPhoto Resizerというソフトです。

無料ですがかなり機能が充実し、使い勝手も良好です。

英語版ではありますが、この手の画像加工ソフトを多少使った経験があれば決して難しくありません。

 

このソフトの基本は、バッチコンバート(Batch Convert)とバッチリネーム(Batch Rename)のふたつです。

バッチというのは「束にする」という意味で、パソコンの世界では複数の対象をまとめて処理する一括処理機能を意味します。

つまり一括変換と一括リネーム(ファイル名変換)ツールということです。

 

主要な画像フォーマットをサポート

対象とする画像ファイル形式は次のようになります。

 

  • JPEG

  • JPEG2000

  • BMP

  • GIF

  • PNG

  • TIFF

 

 

アドバンスドオプションも豊富

一括変換は、なるべく画質を落さずにファイルサイズをコンパクトにする最適化がメインですが、さらにオプションで次のような機能を利用できます。

  • Resize

  • Rotate

  • CropCanvas

  • Color Depth

  • Adjustment

  • DPI

  • Text

  • Watermark

  • Border

 

これらのオプションはファイルとして保存が可能なので、いちどセットを登録しておけば簡単に繰り返し利用できます。

 

FastStone Photo Resizerの入手方法

Faststone Photo Resizerの公式ページにアクセスします。

 

PhotoResizer 公式サイト

PhotoResizer の公式サイト。

 

バージョン番号の横にある[download]ボタンをクリックして、ダウンロードページへ移動。

 

ダウンロードページには4つのボタンがあります。

左のふたつはインストーラー形式での配布、右はZIP形式とポータブル形式です。

 

ふつうは左のふたつのどちらかを使えばいいでしょう。

 

PhotoResizer ダウンロードページ

ダウンロードボタンをクリックする。

 

ボタンをクリックして実行ファイル形式のインストーラーをダウンロードします。

 

PhotoResizer ファイルダウンロード

ファイルを適当なフォルダーに保存。

 

ダウンロードしたファイルを実行してください。

 

PhotoResizer インストーラー

インストーラーを実行する。

 

まずユーザーアカウント制御画面が現れるので[はい]をクリックしてインストールを許可します。

 

PhotoResizer UAC画面

ユーザーアカウント制御画面。

 

インストーラーが起動したら、ウィザードの指示にしたがって進みます。

 

PhotoResizer  インストールウィザード1

インストールを開始。

 

 

ライセンス認証画面では[I Agree]をクリック。

 

PhotoResizer ライセンス認証

ライセンスを承認する。

 

続いてインストール先フォルダーの指定です。ふつうはそのままで構いませんが、ドライブ容量の関係などでほかの場所にインストールしたいときは[Browse...]ボタンをクリックしてフォルダーを選択するか、テキストボックスに直接パスをタイプしてください。

 

PhotoResizer  インストール先指定

インストール先フォルダーを指定。

 

次のステップで[Finish]をクリックしたらインストール終了です。

 

PhotoResizer インストール終了

インストーラーを終了する。

 

Photo Resizerで画像を最適化する

起動すると次のような画面が現れます。

 

PhotoResizer メインウィンドウ

Photo Resizerの画面。

 

 

左のリストで画像のあるフォルダーを選択し、最適化したいものを選んで[Add]ボタンで右のリストへ追加します。

右の処理リストに画像を追加した状態で、下のほうにあるルーペアイコンをクリックすると、プレビュー画面が現れて最適化前後の違いを比較できます。

 

PhotoResizer プレビュー画面

最適化の前後を前もって比較できる。

 

 

「Output Format」で画像のフォーマットを選択することでファイル形式を変換できます。

また[Settings]ボタンをクリックすることで各形式に応じたオプションが現れます。

たとえばJPEG形式では画質(圧縮率)やカラースペース、サブサンプリングの種類などを指定できます。

 

PhotoResizer ファイル形式オプション

ファイル形式のオプション(JPEG画像)。

 

 

”Rename”チェックボックスにマークすると、ファイル名のリネームが可能になります。

連番や日付などのリネームパターンがあらかじめ登録されています。

横のスピンボタン付きテキストボックスでは連番の開始番号を指定できます。

 

PhotoResizer  リネーム書式設定

ファイルリネームの書式設定。

 

リネームのパターンについては[?]ボタンをクリックすると解説が表示されます。

 

PhotoResizer ファイル書式の説明

リネーム書式の記述例。

 

 

準備ができたら[Convert]ボタンをクリックすると最適化が行われます。

 

処理結果は別のウィンドウに表示され、変換後のファイルサイズや比率、コンパクト化された量などをチェックできます。

確認が終わったら[Done]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じましょう。

 

PhotoResizer 最適化処理結果

最適化の処理結果が表示される。

 

 

なお、変換後のファイル保存先に同名のファイルがあるときは、変換実行前に確認のメッセージボックスが現れます。

 

基本的にはファイルを上書きしますが、ひとつづつ確認するときはそのつど[Yes]ボタンをクリックしましょう。[YesToAll]ですべてを一括上書きすることもできます。

 

PhotoResizer 同名ファイルの上書き確認

同名のファイルがすでにあるときの確認メッセージ。

 

 

アドバンスドオプション

最適化以外の加工を行うばあいは”Use Advanced Options”チェックボックスをマークし、さらに[Advanced Option]ボタンをクリックして細かい設定を行います。

 

PhotoResizer アドバンスドオプション

アドバンスドオプションを有効化する。

 

 

アドバンスドオプションのウィンドウには10個のタブがあります。

各タブの左上にはそれぞれの機能を使用するためのチェックボックスがあるので使用したいものをチェックしましょう。

 

以下、各タブを簡単に紹介します。

 

Resize(リサイズ)

画像サイズを変更します。ピクセル数やパーセンテージで指定できます。

 

PhotoResizer  リサイズ

画像の大きさを変更する。

 

Rotate(回転)

90°または180°単位の回転、水平および垂直の反転が可能です。

 

Crop(クロップ)

指定サイズやアスペクトレシオ(縦横比)で切り抜きを行います。

 

PhotoResizer クロップ

画像の一部を切り抜く。

 

Canvas(キャンバス)

画像のキャンバスサイズをピクセル数やパーセンテージで指定します。

 

PhotoResizer キャンバス

キャンバス自体のサイズを変更する。

 

Color Depth(カラーデプス)

画像の色深度(使用する色数)を変更します。

 

PhotoResizer 色深度

画像の色数を変更する。

 

Adjustment(色調整)

明るさ、コントラスト、ガンマ、色相、彩度、明度などを調整します。

 

PhotoResizer  色の調整

明度、再度、色相、コントラスト、ガンマなどの調整。

 

DPI

画像の解像度を設定します。

 

PhotoResizer  DPIの変更

画像の解像度を変更。

 

Text(テキスト)

画像に任意の文字列を合成します。

画像サイズや日付、Exifなどのメタ情報を挿入したり文字に影をつけたりできます。

 

 

PhotoResizer  テキスト合成

メタ情報などもテキストとして合成できる。

 

Watermark(ウォーターマーク)

別途用意しておいた透かし画像を合成します。

デフォルトではFaststoneのロゴが使われます。

 

PhotoResizer ウォーターマーク合成

ウォーターマーク画像を指定する。

 

Border(ボーダー)

画像に額縁のような枠をつけます。

フレームのパターン、枠の幅や色、影などを指定できます。

 

PhotoResizer  ボーダー

画像に額縁のような外枠を付ける。

 

オプションの保存と読み込み

これらのオプション設定はウィンドウの下にあるボタンで保存と読み込みが可能です。

またすべてのオプションをリセットすることもできます。

 

画像の一括加工はおまかせ

Webサイトの作成やブログ記事執筆では大量の画像を扱う必要がありますが、Faststone Photo Resizerがあれば、Web用に適した大きさに画像を縮小したり、必要な画像だけをまとめて名前をつけるといった作業の手間を大幅に減らしてくれます。

 

さらに、最適化で容量をコンパクト化してくれるのでWeb制作向きですね。

 

-ソフトウェア
-

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック