ソフトウェア

WinMergeでフォルダーの内容を比較する

WinMergeを使った比較の手始めとして、ふたつのフォルダーの内容を比べてみましょう。

WinMergeの概要については、前回の記事を参照してください。

関連記事
WinMergeでフォルダーやテキストファイルを比較する

重要なファイルを手軽にバックアップする方法として、前にファイル同期ツールFreeFileSyncを紹介しました。 しかし ...

続きを見る

 

フォルダーの比較とは

WinMergeにおける「フォルダーの比較」は、単純にフォルダーの容量や中にあるファイルの数をチェックするのではありません。

ふたつのフォルダに保存されているファイルを一覧表示して、双方のフォルダー内のファイルが一致しているか/異なっているかを表示する機能です。

 

比較するフォルダーを指定する

起動直後のWinMergeはメニューバーとツールバーだけのシンプルなレイアウトです。

WinMergeの起動直後

起動直後のウィンドウは空っぽ

 

まず、比較対象となるふたつのフォルダーを登録しましょう。

[ファイル]>[開く]

WinMerge ファイルメニュー

[ファイル]>[開く]を選択

 

[ファイル]メニューから[開く...]を選ぶと、比較対象を指定する画面が現われます。

WinMerge 比較対象選択

ふたつのフォルダーを登録する

 

比較対象を指定するフィールドが3つあるので、1番目のファイルまたはフォルダー2番目のファイルまたはフォルダーで、それぞれフォルダーを指定します。

ひとつめとふたつめのフォルダーを入れ替えることもできます。

 

比較を実行

フォルダーを指定したら、右下にある[比較]ボタンをクリックして、比較を実行します。

比較結果は新しいタブに表示されます。

WinMerge フォルダ比較結果

フォルダーの比較結果

 

比較結果は、ふたつのフォルダーの中にあるファイルをまとめて表示したリストです。

このリストには、更新日時の列がふたつあります。

最初フォルダーを指定したときに、ひとつめに登録したフォルダーが左更新日時に、ふたつめに登録したフォルダーが右更新日時に表示されます。

WinMerge 一方にしかないファイル

ファイルが一方にしかないばあい

 

ふたつのファイルが同じだったら、比較結果のフィールドに"xxxファイルは同一です"と表示されます。"xxx"の部分はファイルの形式で、実行ファイルやDLLなどは"バイナリ"、HTMLやCSSなどのファイルやプログラムのソースコードだったら"テキスト"となりますす。

 

ひとつめのフォルダーだけにファイルがあるときは、比較結果は「左側のみ」と表示され、右更新日時は空欄になります。

逆にふたつめのフォルダーだけにファイルがあれば、比較結果は「右側のみ」となり、左更新日時が空欄になります。

 

同一でないファイルを探す

ふたつのフォルダーから異なる部分を探したいときは、[マージ]メニュー内のコマンドやツールバー上のボタンを使って、違いのあるところまでジャンプできます。

WinMerge 次の差異へ移動

次の差異があるファイルへ移動

WinMerge [マージ]メニュー

[マージ]メニューから操作する

 

次の差異/前の差異

リスト上で現在選択しているアイテムの次(下)に違いがある箇所や前(上)に違いがあるところへ移動します。

キーボードショートカット

【Alt】+【↓】 次の差異

【Alt】+【↑】 前の差異

 

最初の差異/最後の差異

リスト上のいちばん先頭にある差異や末尾にある差異へ移動します。

キーボードショートカット

【Alt】+【Home】 最初の差異

【Alt】+【End】 最後の差異

 

現在の差異

差異のあるファイルを選択しているけれども、リスト全体をスクロールしているためそのファイルがリスト上に見えていないときに使用します。

現在選択しているファイルのところへ移動します。

キーボードショートカット

【Alt】+【Enter】 現在の差異

 

ファイルをコピーする

一方のフォルダーにあるファイルを、もう一方へコピーします。

ふたつのフォルダーの状態によって、次の3パターンがあります。

  • 一方のフォルダーにないファイルを新たにコピーする
  • 更新したファイルをもう一方のフォルダーに上書きコピーする
  • 古いバージョンのファイルを復元する

キーボードショートカット

【Alt】+【→】 左側を右側に

【Alt】+【←】 右側を左側に

 

比較結果からテキストファイルを開ける

比較結果のリストでテキストファイルを選択したばあい、そこから直接ファイルの内容を表示できます。

WinMerge ファイルの比較

選択したファイルをダブルクリック

 

リスト上のファイルをダブルクリックすると、新しいタブが開きます。

タブは2分割されていて、ひとつめのフォルダー内のファイルが左側のペインに、ふたつめのフォルダー内のファイルが右側のペインに表示されます。

 

どちらか一方にしかファイルがないときは、そのペインは空欄になります。

左右のペインに表示されたテキストファイルの違いは色分けで表示されます。

テキスト比較画面の見方や操作については、次の記事で説明します。

WinMerge テキストの比較

テキストファイルの内容を比較する

 

比較するペアをプロジェクトに保存

比較用に指定したフォルダーは履歴に記録されるので、次にWinMergeを起動すればそのまま残っています。

もちろん、それ以前に使った履歴も残っているから、ドロップダウンリストから簡単に選択できます。

 

さらに、フォルダーの組み合わせをプロジェクトとして保存しておけば、履歴からフォルダーの組み合わせを選ぶ手間も省けます。

いろんなフォルダーの内容を比べることが多い人は、ぜひプロジェクトを活用しましょう。

[ファイル]メニューから[プロジェクトを保存]を選択します。

WinMerge プロジェクトの保存

フォルダー設定をプロジェクトとして保存する

 

すでに「ファイルまたはフォルダーの選択」タブが開いていたら、そのタブに切り替えてもかまいません。

左下の[プロジェクトを保存]ボタンをクリックして、「名前を付けて保存」ダイアログボックスで保存先フォルダーとプロジェクトのファイル名を指定して保存してください。

WinMerge プロジェクト保存ボタン

タブ上からプロジェクトを保存するばあい

WinMerge プロジェクト名の指定

プロジェクト名をつけて保存する

 

保存済みのプロジェクトを開くときは、[ファイル]メニューから[プロジェクトを開く]を実行するか、[プロジェクトを保存]ボタンの右側にある▼をクリックしてドロップダウンリストから[プロジェクトを開く]を実行します。

WinMerge プロジェクトを開く

プロジェクトファイルを開く

 

「開く」ダイアログボックスが現われたら、保存しておいたプロジェクトファイルを選択しましょう。

 

手軽なファイル管理ツールとしても

このように、WinMergeを使うことでふたつのフォルダー内に保存されているファイルが同じ状態か簡単に確認できます。

加えてファイルのコピーもできるので、簡単なバックアップ/同期ツールとしても使えます。

比較~コピーがスムーズにできるのは便利でいいですね。

エクスプローラーにはない機能ですから、ぜひ使ってみてください!

 

 

-ソフトウェア
-, ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック