ソフトウェア

【HyperSnap道場】フル画面とアクティブウィンドウを撮る

高機能画面キャプチャソフトHyperSnap8の使い方を掘り下げて紹介する「HyperSnap道場」シリーズ。

ここまでキャプチャコマンドの操作方法を採り上げてきましたが、第3回からはいよいよキャプチャコマンドの使い分けについて解説していきます。

HyperSnap8道場 第3回で学ぶこと

  • フルスクリーン(全画面)キャプチャ
  • アクティブウィンドウのキャプチャ
  • キャプチャの繰り返し実行(リピート)
  • キャプチャ画像の表示画面操作

 

フルスクリーンキャプチャの使い方

デスクトップ全体をキャプチャする

パソコンの画面全体をキャプチャするのがフルスクリーン(全画面)キャプチャです。

いろんなアプリケーションを立ち上げて操作しているときに、作業環境全体を解説するような場面で使います。

フルスクリーンキャプチャの例

デスクトップ全体をキャプチャする

 

弱点は、どうしてもキャプチャ画像の保存サイズが大きくなってしまう点です。

また、画像のファイルサイズが小さくなるように縮小すると細かい部分が見づらくなってしまう可能性があります。

 

フルスクリーンキャプチャのコマンド

HyperSnap8の「Capture」タブで、左から2列めの上から3つめにある[Full Screen]ボタンをクリックします。

フルスクリーンキャプチャコマンド

フルスクリーンキャプチャのボタン

 

キーボードショートカットは【Ctrl】+【Shift】+【F】です。

「Full Screenの頭文字"F"」と覚えましょう。

 

アクティブウィンドウのキャプチャ

最前面のウィンドウだけをキャプチャする

デスクトップに表示されているウィンドウのうち、いちばん上にあるものをアクティブ ウィンドウといいます。

アクティブウィンドウの例

いちばん上にあるのがアクティブウィンドウ

 

複数のウィンドウが重なって(オーバーラップ)表示されている中でも、いちばん上(最前面)にあるものがいま実際に使っている=アクティブという意味です。

 

常に最前面のウィンドウだけキャプチャするので、どのウィンドウをキャプチャするかという指定はいりません

コマンドを実行すると直ちに最前面のウィンドウをキャプチャします。

 

キャプチャしたい範囲を指定する手間も不要で、アクティブウィンドウだけをキレイに切り取ってくれます。

アクティブウィンドウのキャプチャ結果

最前面のウィンドウだけキャプチャする

 

フルスクリーンキャプチャに比べると、見せたい対象をひとつのウィンドウに限定することができ、保存ファイルサイズも少なくて済みます。

デスクトップになにもウィンドウを表示していないときは、フルスクリーンキャプチャと同じになります。

 

アクティブウィンドウキャプチャのコマンド

HyperSnap8の「Capture」タブで、左から2列めの上から2つめにある[Active window]ボタンをクリックします。

アクティブウィンドウキャプチャコマンド

アクティブウィンドウキャプチャのボタン

 

キーボードショートカットは【Ctrl】+【Shift】+【A】です。

Active windowの頭文字"A"」と覚えましょう。

 

最前面表示のアプリがあるばあい

デスクトップアクセサリなどで「最前面表示」(英語では”Stay on top”あるいは”Always on top”)というオプションをもつものがあります。

 

最前面表示がオンになっているソフトのばあい、パソコン内の処理上では「アクティブではない」にも関わらず、アクティブなウィンドウ(本来いちばん上に表示される)よりさらに上に表示されます。

 

このばあい、アクティブウィンドウをキャプチャするとその上にある最前面表示のウィンドウも重なってキャプチャされます。

 

重なって欲しくないときは、最前面表示のウィンドウを脇へ避けるか、最前面表示を一時的にオフにしましょう。

 

ダイアログやメッセージボックスのキャプチャ

独立したウィンドウとして扱われるもの

アクティブウィンドウキャプチャでは、ダイアログボックスメッセージボックス独立したひとつのウィンドウとして扱います。

 

次の図は、いろんなアプリケーションに共通で使われるコモンダイアログボックスのひとつで、おなじみの「名前を付けて保存」ダイアログボックスをキャプチャしたところです。

ダイアログボックスのキャプチャ例

ウィンドウとして扱われる

 

さらに次の図は、アプリケーションのアップデートを確認したときに表示されるメッセージボックスの例です。

メッセージボックスのキャプチャ例

メッセージボックスもウィンドウ扱い

 

これらもウィンドウの一種として扱われるので、アクティブウィンドウのキャプチャで簡単にキャプチャできます。

 

ダイアログやメッセージだけでは判りにくいときのワザ

ただし、図版によってはダイアログボックスメッセージボックスだけをキャプチャするよりも、それを呼び出したにあたる画面も含めてキャプチャした方がわかりやすくなることもあります。

次の図は、先ほどのメッセージボックスとその親に当たるアプリケーションをいっしょにキャプチャしたものです。

親ウィンドウといっしょにキャプチャ

親ウィンドウといっしょにキャプチャ

 

あるメッセージボックスは、どんなアプリケーションを使っていてどんな操作をしたときに現われたのかを説明するには、こちらの方がわかりやすくなります。

こういう状況説明のキャプチャには、ひと工夫が必要です。

 

リピートキャプチャを組み合わせる

次の図は、表計算ソフトLibre Office Calcワークシートを挿入するときに表示されるダイアログボックスです。

ワークシート挿入ダイアログボックス

ワークシートを挿入する

 

次の図ではLibre Office Calcもいっしょにキャプチャしているため、ワークシートの操作だというのがより判りやすくなります。

ワークシートを含めたキャプチャ

親ウィンドウといっしょにキャプチャしたところ

 

このようなキャプチャをしたいときは、次のようなステップで操作します。

step
1
ウィンドウだけキャプチャする

ダイアログボックスを表示しない、親ウィンドウだけの状態でアクティブウィンドウをキャプチャします。

親ウィンドウだけのキャプチャ

まず親ウィンドウだけキャプチャする

ココがポイント

ここでキャプチャした親ウィンドウはこのあと行うStep.3の準備用です。

不要であれば後ほど捨てください(保存せずに閉じる)。

step
2
ダイアログボックスを表示する

続いてダイアログボックスを開き、実際にキャプチャしたい状態にセッティングします。

ダイアログボックスを開く

実際にキャプチャしたい状態にする

 

step
3
リピートキャプチャを実行

リピートキャプチャコマンドを使って、直前に実行したアクティブウィンドウのキャプチャを繰り返します。

こうすればウィンドウの上にダイアログボックスが表示されているので、先ほどの例のように、親ウィンドウとダイアログが重なっていっしょにキャプチャされます。

 

リピートキャプチャのコマンド

リピートキャプチャのコマンドは、「Capture」タブの左端、上から3つめのボタンです。

リピートキャプチャのコマンド

リピートキャプチャ用ボタン

 

キーボードショートカットは【Ctrl】+【Shift】+【Fn11】です。

ファンクションキーの【F11】を押してください。

 

ファンクションキーがないキーボードでは

Fukuzumiが使っているコンパクトキーボードには独立したファンクションキーがないので、【Ctrl】キーと【Shift】キーを押しながらさらに【Fn】キーと【-】キーを押します。

【-】(マイナス)キーは【0】の右隣にあるので、10の次だから11ということです。

 

キャプチャーした画像を確認する

最後に、キャプチャした画像の確認方法について触れておきましょう。

 

HyperSnap8では、キャプチャした画像はウィンドウ内にそれぞれタブとして表示されます。

デフォルトではキャプチャした順にSnap1、Snap2、Snap3と名前がついています。

 

画像を確認して、問題なく希望どおりにキャプチャできていたらそれぞれに名前を付けて保存してください。

 

HyperSnap8では表示倍率の変更表示エリアの移動ができます。

特にフルスクリーンでキャプチャしたときは、表示倍率が100%だと画像の一部しか表示できませんから、画像を動かしたり倍率を変更してチェックしておきます。

フルスクリーンキャプチャの100%表示

キャプチャした画像を確認する

 

画像の上にマウスポインタがあるとき、HyperSnap8のウィンドウのいちばん下にガイドメッセージが表示されます。

画面表示のガイドメッセージ

表示位置や倍率を変更できる

  • 画像を動かすにはマウスの左ボタンを使ってドラッグ
  • 【Ctrl】キーを押しながらホイールを回すと表示倍率を変更
ドラッグとホィール操作

マウス操作で表示位置と倍率を変更する

 

表示倍率は、ウィンドウ右上のドロップダウンリストでも変更できます。

ドロップダウンリストでの倍率変更

ドロップダウンリストで倍率を選ぶ

 

またルーペアイコンをクリックすると、画像全体の表示(”Fit")と倍率100%表示を切り替えられます。

フィットと100%のトグル操作

ルーペボタンでの切り替え

 

画面キャプチャの手始めはここから

フルスクリーンキャプチャとアクティブウィンドウのキャプチャは、どんな画面キャプチャソフトでも基本中の基本です。

どちらも細かい操作がいらないので簡単ですね。

 

そこでひとつ、ぜひキーボードショートカットで操作できるようになってください。

マウスでいちいちコマンドを選ぶより、格段に作業効率があがりますよ。

 

HyperSnap8の概要について知りたかったら

関連記事
HyperSnap8ならキャプチャ~加工がすこぶる捗る!

筆者ことFukuzumiが長年(20年以上)に渡って使っている、シェアウェアのスクリーンキャプチャソフトHyperSna ...

続きを見る

画面キャプチャソフト特集

 

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック