パソコン

クイックアクセスの履歴を消してプライバシー保護

エクスプローラーのクイックアクセスは、よく使うフォルダーや最近使ったファイルにすばやくアクセスできて便利ですが、一方で履歴をカンタンに見られてしまうのでプライバシー保護の面で気になる人もいるでしょう。

そこで今回は、クイックアクセスから履歴を消去したり、履歴の記録自体を行わないようにするオプション設定について紹介します。

 

クイックアクセスに表示される履歴

クイックアクセスはよく使うフォルダーをエクスプローラーに登録する機能です。

 

関連記事
よく使うフォルダはクイックアクセスにピン留めしておこう

日常的によく利用するフォルダってありますね。 そんなフォルダにすばやくアクセスする方法として、エクスプローラのクイックア ...

続きを見る

 

エクスプローラーを起動すると、たいていはクイックアクセスを選択した状態になっていると思います。

その中に「最近使用したファイル」の履歴があります。

クイックアクセスのファイル履歴

クイックアクセスに記録されたファイル履歴

 

「最近使用したファイル」を消去する

このままだとエクスプローラーを起動しただけで、最近どんなファイルを使っているのか他人に見られてしまう可能性があります。

そこでこの履歴を消去しましょう。

まず「表示」タブをクリックしてリボンを切り替えます。

エクスプローラーの表示タブ

「表示」タブに切り替える

 

続いて[オプション]ボタンをクリックし、[フォルダーと検索のオプションの変更]を実行します。

オプションボタン

オプションボタンをクリック

 

 

これでオプション設定のダイアログボックスが現われます。

「全般」タブの下のほうにある「プライバシー」グループに「エクスプローラーの履歴を消去する」という項目があるので[消去]をクリックしましょう。

クイックアクセスの履歴を消去

エクスプローラーの履歴を消去する

 

これでクイックアクセスに残っていた履歴が消えます。

クイックアクセスの履歴が消える

クイックアクセスの履歴が消える

 

そもそも履歴を記録しない

多少不便になるかもしれませんが、そもそもクイックアクセスに履歴を記録させなければ、毎回履歴を消去する手間が省けます。

 

同じダイアログボックスの「プライバシー」グループで、ふたつのチェックボックスをオフにしてマークを外しておきましょう。

  • 最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する
  • よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示する

 

履歴の表示を無効化

ファイルとフォルダの履歴を無効化

 

チェックボックスをオフにすれば、ファイルやフォルダーの履歴が記録されなくなります。

ただし、クイックアクセスにピン留めしたフォルダについてはそのまま残ります。

 

フォルダーのピン留めについては以前の記事でも紹介しているので参考にしてください。

関連記事
Windowsアイキャッチ
クイックアクセスとピン留めでムダなフォルダー操作にさよなら

ファイルをきちんと整理して保存したいけど、あまり細かく分けてしまうとかえってフォルダーを探す手間が増えてしまいがちですね ...

続きを見る

 

起動時に選択するフォルダーを選ぶ

エクスプローラーを起動したとき、ふつうはクイックアクセスが選択されています。

これをPCに変更することができます。

 

同じくエクスプローラーのフォルダーオプションダイアログボックスで「全般」タブのいちばん上にある「エクスプローラーで開く」というドロップダウンリストから指定を行います。

 

初期設定ではここが「クイックアクセス」になっているので、エクスプローラーを起動するとクイックアクセスが選択されています。

初期フォルダーの設定

起動時に選択するフォルダーを変更

 

これをPCに変更することで、フォルダーツリーのPCを選択した状態でエクスプローラーが起動するようになります。

エクスプローラー起動時のフォルダ

PCを選択した状態でエクスプローラーが起動

 

プライバシー保護の手始めとして

クイックアクセスはなかなか便利な機能ですが、ログオンユーザーを切り替えずにいろんな人の目に触れるようにしているとプライバシーがカンタンに知られてしまう危険性もあります。

気になる人は、ファイルやフォルダーの履歴をクイックアクセスに残さないようにしておきましょう。

クイックアクセスそのものをあまり使わないユーザーであれば、最後に紹介したように起動時にクイックアクセスではなくPCを選択するようにしておくのもいいですね。

 

-パソコン
-, , ,

© 2020 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック