周辺機器 ネットワーク

TP-Link Archer C6のルーターモード設定画面

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

Wi-Fiルーター TP-Link Archer C6の管理画面紹介です。

ルーターモードは、Archer C6をメインのルーターとして使うためのモードです。出荷時の設定ではルーターモードに設定されています。

ブリッジモードに比べるとネットワーク接続やセキュリティ関連の設定項目が大幅に増えるため、シンプルな基本設定と詳細設定のタブに分かれています。

バージョンに注意

この記事はファームウェアバージョン1.1.0に基づいています。

バージョン1.2.2へのアップデートについては別の記事で紹介しています

 

 

基本設定と詳細設定の違い

基本設定はネットワークマップ、インターネット、ワイヤレス、保護者による制限、ゲストネットワーク、TP-Linkクラウドの6のグループに分けられています。

一方、詳細設定ではネットワークマップやインターネットの設定がより細かくなるほかに、QoS、セキュリティ、NAT転送、IPv6、VPNサーバーが追加されます。

またTP-Linkネットワークに替わってシステムツールが表示されます。

ネットワークマップ/ステータス

基本画面ではネットワークマップとしてルーターに接続されているデバイスの情報を表示します。

Archer C6 ステータス基本

基本画面のネットワークマップ表示

詳細設定ではステータスという表示に切り替わり、インターネット/ローカルネットワーク/ワイヤレス/

ゲストネットワークの4つにわたり、それぞれのMACアドレスやIPアドレスなどを表示します。

Archer C6 ステータス詳細

詳細画面ではステータス表示に替わる

 

インターネット

基本画面ではインターネット接続タイプとプロバイダのユーザー名/パスワードを登録します。

Archer C6 インターネット接続基本設定

プロバイダのアカウントを登録

詳細設定に切り替えると、さらにインターネット接続のIPアドレスやDNS、LAN、DHCPサーバーの設定などがあります。

Archer C6 ネットワーク接続01

接続設定やDNSの指定などを行う

Archer C6 ネットワーク設定2

LAN側のIPアドレス、サブネットマスクを指定

Archer C6 ネットワーク設定3

IGMPやIPTV/VLANの指定

Archer C6 ネットワーク設定4

DHCPサーバーの設定

Archer C6 ネットワーク設定

動的DNSの指定

Archer C6 ネットワーク設定

静的経路の設定ができる

動作モード

ルーターモードとブリッジモードの切り替えを行います。

基本/詳細画面とも同じです。

Archer C6 動作モード指定

ルーター/ブリッジモードの切り替え

ワイヤレス

基本画面ではWi-Fi接続のオン/オフ、ネットワーク名とパスワードの指定のみです。

Archer C6 ワイヤレス設定1

Wi-Fiの基本設定を行う

詳細設定ではセキュリティ設定、チャンネル幅、モードの指定、WPS、MU-MIMOの指定などが追加されます。

また統計データとしてワイヤレス接続デバイスごとにMACアドレスや接続タイプ、送受信済みパケット量などを表示します。

Archer C6 ワイヤレス詳細1

セキュリティやチャンネル幅の指定ができる

Archer C6 ワイヤレス詳細2

WPSでの接続、ルーターのPIN生成など

Archer C6 ワイヤレス詳細3

MU-MIMOを指定する

Archer C6 ワイヤレス詳細4

パケット量などの統計情報を表示

ゲストネットワーク

基本画面には表示されません。ゲストネットワークの設定を行います。

Archer C6 ゲストネットワーク設定

ゲストネットワークの設定

保護者による制御

基本/詳細設定画面ともに同じです。キーワード指定によるアクセス制限や曜日・時間帯などの制限をこないます。

Archer C6 保護者機能

保護者機能でコンテンツや時間帯を制限する

QoS

基本画面には表示されません。

QoS機能の有効化、アップロード/ダウンロードの帯域幅指定などを行います。

Archer C6 詳細設定QoS

QoSの有効化と帯域幅指定

セキュリティ

基本画面には表示されません。

ファイアウォールの指定、DoS攻撃に対する保護、デバイスごとのアクセス制御、MACアドレスとIPアドレスを関連づけて管理するIP&MACバインディングなどの指定を行います。

Archer C6 セキュリティ設定1

ファイヤウォールとDoS保護の指定

Archer C6 セキュリティ設定2

デバイス単位でのアクセス制御

Archer C6 セキュリティ設定3

IPとMACアドレスのバインディング

NAT転送

基本画面には表示されません。

アプリケーションレイヤーゲイトウェイ、仮想サーバー、ポートトリガー、DMZ、UPnPなどの指定を行います。

Archer C6 NAT設定1

アプリケーションレイヤーゲートウェイ

Archer C6 NAT設定2

仮想サーバーの管理

Archer C6 NAT設定3

ポートトリガーの設定

Archer C6 NAT設定4

DMZ設定

Archer C6 NAT設定5

ユニバーサルプラグ&プレイの設定

IPv6

基本画面には表示されません。

IPv6接続のオン/オフ切り替え、接続タイプの選択などを行います。

Archer C6 IPv6設定

IPv6の設定

VPNサーバー

基本画面には表示されません。

VPNサーバーの有効化、サービスタイプ/ポートの指定、接続相手の状態などを表示します。

Archer C6 VPN設定1

Open VPNの設定

Archer C6 VPN設定2

PPTP VPNの設定

Archer C6 VPN設定3

VPN接続の状態

 

システムツール

時刻設定、ファームウェアアップグレード、バックアップおよび復元、管理、システムログの5つは基本画面、詳細設定ともに共通です。

詳細画面では、LEDコントロール、診断、再起動スケジュール、トラフィック統計、システムパラメーターを表示できます。

Archer C6 システムツール01

ルーターの時刻設定

Archer C6 システムツール02

LEDオフの時間帯を指定できる

Archer C6 システムツール03

PINGやTracerouteによる診断機能

Archer C6 システムツール04

ファームウェアアップデート

Archer C6 システムツール05

ルーター設定のバックアップ/復元

Archer C6 システムツール06

ルーターの再起動スケジュール指定

Archer C6 システムツール07

管理パスワードの変更・復元

Archer C6 システムツール08

管理ログの表示

Archer C6 システムツール09

トラフィックの統計機能

Archer C6 システムツール10

システムパラメータの設定


 

-周辺機器, ネットワーク
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック