ソフトウェア

HyperSnap8のリボンをカスタマイズで使いやすく

20年以上愛用しているWindows用画面キャプチャソフトHyperSnapですが、最近のアップデートでユーザーインターフェイスが変わってしまったため、リボンをカスタマイズしました。

今回はカスタマイズ手順の解説として、タブを切り替えずに必要なツールを選べるようにする設定例を紹介します。

新バージョンはリボンのタブ切り替えがめんどうだ!

HyperSnap8は私が必要とするキャプチャ方法をすべて備えているうえに、テキスト入力や図形描画、モザイク処理などひととおりの加工・編集までできる超強力ツールです。

現在使っているHyperSnapのバージョンは8.16.16です(2019年11月現在)

バージョン8になってからもしばらくはオーソドックスなツールバースタイルを貫いていたんですが、最近のマイナーバージョンアップで、ついにユーザーインターフェイスがリボンスタイルになりました。

だいぶ前からMicrosoft Officeを中心に採用されてきたリボンスタイルですが、HyperSnap8ではちょっと使いにくいところがあったのでカスタマイズすることにしました。

範囲選択からのモザイク処理に手間が増えた

スクリーンショットを撮ってすぐにモザイクぼかしなどのフィルタ処理を加えたいことがあります。

バージョンアップ前のHyperSnap8はオールドスタイルのツールバーだったので、常に同じボタンが表示されていて範囲選択からフィルタ処理をスムーズに進めることができました。

ところが新しいユーザーインターフェイスだと範囲選択は"Edit"タブ、モザイクやぼかし処理は"Image"タブと分かれているので、途中でどうしてもタブ切り替えの操作が入ります。

HS8 Editタブ

選択系ツールはEditタブにある

HS8 Imageタブ

加工のときはImageタブに切り替える

連続して何ヶ所もフィルタ処理したいとき、これはめんどうです。

そこでタブ切り替えしなくても連続操作できるように、カスタマイズすることにしました。

Imageタブに選択系のツールがほしい!

最初はキーボードショートカットを割り当てようと考えていたのですが、どうやらキー割り当てに制限があるようです。

そこで方針を変えてリボンをカスタマイズすることにしました。

"Image"タブのほうに、範囲選択用のボタンとオブジェクト選択用ボタンのふたつを追加することにします。

これでImageタブ上で続けて作業できます。

HyperSnap8のリボンをカスタマイズする

では、具体的な操作手順を解説します。

step
1
リボンのカスタマイズメニューを開く

リボンの空白部分を右クリックしてコンテクストメニューを開きます。

[Customize the Ribbon...]コマンドを選択します。

HS8 リボンのカスタマイズ

リボンの空白部分を右クリック

step
2
2カスタマイズ設定ダイアログ

カスタマイズ設定ダイアログが開きます。

左ペインのメニューでCustomize Ribbonが選択されているのを確認します。

HS8 リボンカスタマイズ画面

リボンのカスタマイズ設定ダイアログ

右のリストがリボンの設定、左のリストが利用可能なコマンド(ボタン)の一覧です。

 

step
3
リボンに新しいグループを登録

右側のリストに新しいコマンドのグループを作ります。

今回は"Image"タブの中にコマンドを追加したいので、Imageツリーを選択しておいて、リストの下にある[New Group]をクリックします。

HS8 リボンにグループを追加

Imageタブに新規グループを追加する

step
4
グループをリネーム

"Image"タブにグループが追加されたら、わかりやすいようにグループの名前を付けておきます。

今回はここに選択系コマンドを追加したいので、Selectという名前にしました。

HS8 グループのリネーム

作成したグループをリネーム

step
5
追加したいコマンドのツリーを選ぶ

次に左のリストのいちばん上にあるドロップダウンリストで”Main Tabs"を選びます。

するとコマンドのツリーが現れます。

HS8 追加コマンドのツリー

左のリストでMain Tabsを選択

step
6
選択系のツールを追加する

今回追加したい選択系ツールは"View and shape selection mode"と"Rectangle Selection”のふたつです。

どちらも"Edit"グループにあるので、Editのツリーを展開してコマンドを選択し中央の[Add>>]ボタンをクリックすると、右側のリストで先ほど作成したグループにコマンドが追加されます。

HS8 Edit系コマンドを選択

Editツリーを開いて追加したいコマンドを選択

step
7
ふたつのツールを追加

ふたつのツールが追加されたのを確認したら、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックしてカスタマイズは終了です。

HS8 コマンド追加終了

ふたつのコマンドを追加した状態

step
8
リボンを確認する

HyperSnap8のウィンドウに戻ると"Image"タブのいちばん右側に、"Select"というグループが追加され、中にふたつのボタンが増えています。

HS8 追加したボタンを確認

Imageタブに追加されたふたつのコマンド

タブ切り替えなしで作業効率アップ

これでImageタブの中だけで範囲選択とオブジェクトの選択ができるようになりました。

モザイクやぼかし処理の前には必ず範囲選択が必要なので、タブの切り替えがいらなくなるとかなり作業効率がアップします。

Imageタブはビットマップ系の加工なのでオブジェクト選択ツールを使うことはあまりないかもしれませんが、編集作業中にオブジェクトがじゃまになったりしたらちょっと脇へどけておくといったことができるので便利ではないかと思います。

今回はあくまでひとつの例ですが、HyperSnap8をもっと使いやすくするためのカスタマイズ例として参考になれば幸いです。

関連記事
HyperSnap8ならキャプチャ~加工がすこぶる捗る!

筆者ことFukuzumiが長年(20年以上)に渡って使っている、シェアウェアのスクリーンキャプチャソフトHyperSna ...

続きを見る

-ソフトウェア
-, ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック