パソコン

Windows11のアクセサリ類を削除できるオプションアプリ管理機能

Windows11には一部の機能やアクセサリ類をアンインストールできる機能があります。

筆者個人の印象としては特筆するほどの利便性は感じませんが、カスタマイズ機能のひとつとして紹介しておきましょう。

 

プリインストール済みの機能

Windowsの「設定」アプリでオプション機能を開きます。

 

Windows11 設定アプリ オプション機能

「アプリ」グループで”オプション機能”を開く。

 

 

ワタシのパソコン(Windows10 ProからWindows11へアップデート)で確認したところ、次のようなオプション機能がインストールされていました。

 

それぞれ、ファイル容量が表示されているので不要と感じたものがあればアンインストールしてもいいでしょう。

 

  • Microsoft EdgeのInternet Explorerモード

  • Microsoft クイックアシスト

  • OpenSSH クライアント

  • Windows FAXとスキャン

  • Windows Hello 顔認証

  • Windows メディアプレーヤー

  • Windows PowerShell ISE

  • ステップ記録ツール

  • メモ帳

  • ヨーロッパ各国語用フォント

  • ワードパッド

  • 印刷の管理

  • 数式認識エンジン

  • 日本語補助フォント

 

Windows11 設定アプリ オプション機能一覧

インストール済みオプション機能の一覧。

 

ストレージの大容量化が進んだ現在では、これらのオプション機能をアンインストールしたからといって空き容量が大幅に増えるわけではありませんが、顔認証機能や日本語補助フォントのように100MBを越えるものもあるのでムダを省きたいときにはこれらをアンインストールしてもいいかもしれません。

 

アンインストールを行うには各アイテムの右側にある[∨]ボタンをクリックして折りたたみを展開し、[アンインストール]ボタンをクリックします。

 

Windows11 設定アプリ オプション機能のアンインストール

アイテムを展開するとアンインストールできる。

 

 

追加フォントの内容

オプション機能ではヨーロッパ各国語の追加フォントと日本語補助フォントのアンインストールが可能です。

日頃から余計なフォントが多いなと感じていたので、これらについて調べてみました。

 

Windows10のフォント管理

 

ヨーロッパ各国語追加フォント

ヨーロッパ各国語追加フォントにはつぎのようなものがあります。

 

  • Arial Nova

  • Georgia Pro

  • Gill Sans Nova

  • Neue Haas Grotesk

  • Rockwell Nova

  • Verdana Pro

容量は21.8MBとなっています。

Windows ヨーロッパ各国語追加フォント

ヨーロッパ各国用の追加フォント。

 

 

日本語追加フォント

日本語追加フォントは以下のとおりです。

 

  • BIZ UDゴシック

  • BIZ UD明朝 M

  • メイリオ

  • Meiryo UI

  • MS ゴシック

  • MS Pゴシック

  • MS UI Gothic

  • MS 明朝

  • MS P 明朝

  • UDデジタル教科書体N

  • UDデジタル教科書体NK

  • UDデジタル教科書体NP

  • 游明朝

こちらは200MBほどあるのですが、MSゴシックやメイリオなどベーシックなフォントが含まれているので、削除してしまうと、ファイルのやりとりなどで不便が生じる可能性はあります。

 

Windows 日本語補助フォント

日本語の補助フォント。MS明朝やMSゴシックも含まれる。

 

 

「あるはずの機能」がなかったらここで確認

最初に述べたとおり、これらのオプションをアンインストールしてもさほど空き容量を確保できるわけではありません。

むしろ、必要な機能がないと思ったときに、いつの間にかアンインストールされていないかチェックするためにも知っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

-パソコン
-, , ,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック