パソコン

ウィンドウひとつ残してほかを最小化 - Windowsのシェイクオプション

Windowsパソコンでの作業中に、ほかのウィンドウを一発で最小化する方法を紹介します。

ウィンドウをすべて最小化しデスクトップを表示するのではなく、特定のウィンドウだけ残すことができるので、使い分けられるようにしておくとなにかと便利です。

 

 

 

シェイク動作でウィンドウをまとめて最小化

使い方のイメージがなかなか湧かない人もいると思うので、動画で紹介しましょう。

デスクトップに複数のウィンドウを開いているとき、必要なウィンドウだけ残してその他をすべて最小化します。

 

 

 

操作は簡単で、残したいウィンドウのタイトルバー部分でシェイクするだけです。

シェイクとは、マウスの左ボタンを押したまま少しマウスを動かす動作です。日本語の「握手」そのままのイメージでいいでしょう。

 

シェイク動作を有効にする

シェイク機能を有効にするには、あらかじめWindowsの設定を行っておく必要があります。

 

「設定」アプリを起動し”システム”から”マルチタスク”を開きます。

 

Windows11 システム設定

システム設定からマルチタスクを選択。

 

 

マルチタスク関連のオプションの中に「タイトルバー ウィンドウのシェイク」というオプションがあるのでオンにします。

 

 

これでシェイク動作でウィンドウをまとめて最小化できるようになります。

 

Windows11 シェイクオプション

シェイク機能をオンにする。

 

 

「デスクトップの表示」と使い分ける

ウィンドウをまとめて最小化する方法としては、もうひとつデスクトップの表示という機能があります。

 

デスクトップの表示を行うにはタスクバー右端をマウスでポイントして”デスクトップの表示”というポップアップが現れたところでクリックするか、または【Win】キーを押しながら【D】キーを押します。

 

Windows11 デスクトップの表示

タスクバー右端の空白部分をクリックする。

 

 

キーボードショートカット

【Win】+【D】

シェイク動作ではウィンドウがひとつだけ残るのに対して、デスクトップの表示ではすべてのウィンドウが最小化され文字通りデスクトップだけが表示されるのが違いです。

 

デスクトップにあるアイコンやファイルを操作したいときはデスクトップの表示、ほかのウィンドウだけ一時的に非表示化したいときはシェイクと使い分けましょう。

 

-パソコン
-, , ,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック