Webサービス Google

今のうちにGoogleアナリティクス4に切り替える【23年7月まで】

Googleアナリティクスでは、現在使われているユニバーサルアナリティクス2023年6月いっぱいで終了し、23年7月1日からは利用できなくなるようです。

なるべく早い時期に新しいGoogleアナリティクス4に切り替えておきましょう。

 

今回は、Googleアナリティクスのプロパティ切り替えと、それに伴うGoogleタグマネージャー側の設定をやってみたので紹介します。

まず前編はGoogleアナリティクス側の設定です。

 

 

 

 

Googleアナリティクスの警告メッセージ

2022年3月下旬から、Googleアナリティクス画面のいちばん上に、次のようなメッセージが表示されるようになりました。

Google アナリティクス4設定1

Googleアナリティクス4への切り替えを薦める通知。

 

メッセージの右にあるボタンの中から[詳細]をクリックすると、新しいタブが開いて次のような説明が表示されました。

Googleアナリティクス4 設定2

ユニバーサルアナリティクス終了についてのお知らせ。

どうやら、現在使っているユニバーサルアナリティクスのタグが2023年6月いっぱいで使えなくなるようです。

そこで、前もって新しいGoogleアナリティクス4への切り替えを薦めています。

現在のデータはどうなる?

切り替えを行ったあとも現在のユニバーサルアナリティクスで収集したデータは半年間アクセスできるとのこと。

そこで、現在蓄積しているアクセス解析データを今後さかのぼって参照するために、レポートをエクスポートしておくのも推奨しています。

 

 

Googleアナリティクス4のプロパティを作成

では、新しいGA4(Googleアナリティクス4)のプロパティを作成していきましょう。

 

Googleアナリティクスの画面に戻り、右端の[開始]ボタンをクリックすると、設定アシスタントの画面が現れました。

「新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成する」で[はじめに]ボタンをクリックします。

 

Googleアナリティクス4 設定3

GA4プロパティの作成を開始。

続いてメッセージボックスが現れます。

Googleアナリティクス4 設定4

GA4プロパティに関する説明。

文面を読むと、だいたい次の様なことが書かれています。

  • 新しいGA4用のプロパティを作成する。

  • 新しいプロパティは、過去(現在のプロパティ)で収集しているデータを含まない。

  • 現在のプロパティから基本設定を引き継ぐ。

  • 拡張計測機能を有効にする。

 

要は、現在の解析データを含まないまっさらな状態で新たにデータを収集していくようです。

ということで、なるべく早いうちにGA4プロパティでのデータ収集を開始したほうがよさそうです。

 

プロパティの設定についてはいまのところ、ごく基本的な使い方しかしていないので、とりあえず気にしないことにして、右下にある[プロパティを作成]をクリック。

 

次の画面で「プロパティを接続しました。」と表示されました。

Googleアナリティクス4 設定5

プロパティが「接続済み」になった。

 

続いて「GA4プロパティの機能の確認と設定を行う。」の中で[GA4プロパティを確認]をクリックします。

GA4プロパティ用のタグ

次の画面で”収集”とラベルがついているところに「タグの設定」とあるので、右端の[>]ボタンをクリックします。

Googleアナリティクス4 設定6

「タグの設定」を開く。

 

「データストリーム」の画面に切り替わると、先ほど作成した新しいプロパティの状態が表示されました。

Googleアナリティクス4 設定7

作成したプロパティを確認。

 

新しいプロパティは名前の末尾に”- GA4"という文字が追加されています。

また、作ったばかりなのでデータを収集していないのがわかります。

 

そこで右端にある[>]ボタンをクリック。

プロパティの詳細画面が表示されました。

Googleアナリティクス4 設定8

GA4プロパティの詳細画面。

 

先頭のブロックにある測定IDというのが、今後のデータ測定に必要となります。

 

タグの設置方法を確認

中段の「タグ設定手順」で、タグの設置方法を確認します。

 

今回は、すでに設置しているサイトにGA4のタグを追加するので、まず「既存のページ上のタグを使用する」タブに切り替えます。

 

 

すると「既存のページ上のタグを管理しているサービスを選択します」というグループの中に、GoogleアナリティクスGoogleタグマネージャーのふたつが表示されました。

Googleアナリティクス4 設定9

Googleタグマネージャーの設定手順を確認する。

当サイトはGoogleタグマネージャーを使ってアクセス解析やアドセンスのタグを一括管理しているので、当然[Googleタグマネージャー]の方をクリックします。

 

すると、タグマネージャーを使った設定方法が表示されました。

どうやら先ほど紹介した測定IDをコピー&ペーストするだけでいいようです。

Googleアナリティクス4 設定10

タグマネージャーの設定方法を確認しておく。

 

Googleアナリティクス上での操作は以上です。

次回は、Googleタグマネージャーでの操作を紹介します。

 

Googleアナリティクス上でGA4のプロファイルを作成しただけではデータの収集はできないので、できれば続けてWebサイトにタグを設置しておきましょう。

 

9898
Typora 1.3の新機能紹介

マークダウンエディタTyporaがバージョン1.3にアップデートしました。 なかなかユニークな機能が追加されているので、 ...

続きを見る

-Webサービス, Google
-,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック