ソフトウェア Webサービス

楽器レッスン向けにWebカメラの映像を左右反転して配信する

地元の小学生にお祭りのお囃子を指導している友人から、「ビデオ会議の映像を反転したい」という相談があったので、やり方を考えてみました。

 

 

オンラインで楽器レッスン

友人は地元のお祭りで披露するお囃子のチームに所属。

地元の小学生にも伝統の継承ということで、お囃子の指導を行っています。

 

しかし昨年からCOVID-19の騒ぎでお祭りは中止。

子供たちへの指導もできていません。

 

6年で卒業する小学生にとって2年間の空白は大きすぎで、指導する側としても世代間の断絶はかなり深刻な問題です。

そこで小学校側から申し出があり、オンライン会議システムを使った指導を検討することになったようです。

 

画面が反転してほしい

ところが、実際に検討してみると新たな要望が浮上。

子供たちがわかりやすいように、教える側の映像を左右反転させてほしいというリクエストがあったそうです。

対面での直接指導ができない分、目で見て判りやすいやり方が望まれているんでしょう。

 

ところが小学校で使っているタブレットには画面の反転機能がないので、映像のソース側でなんとかできないかということでした。

 

OBS Studioを使えば反転も簡単

いちばん簡単なのは画面反転機能がついたWebカメラを買うことだと思いますが、今回はソフトウェアで処理する方法を紹介します。

 

用意するのはライブ配信にはおなじみOBS Stuidoとそれに組み込んで使うOBS Virtualcamというプラグインのふたつ。

どちらも無料で入手できます。

OBS Studio公式サイト

OBS Studioの公式サイト

OBS VirtualCam ダウンロードページ

OBS VirtualCamのダウンロードページ

 

 

あとはふつうのWebカメラがあればだいじょうぶ。

わざわざ反転機能つきのWebカメラを買う必要はありません。

 

今回はノートPCに搭載されているWebカメラを使った設定を紹介します。

 

 

映像反転の設定をやってみよう

ふたつのツールの使い方は、すでに別記事で詳しく紹介しているので、ここでは設定のやり方を簡単に紹介するにとどめます。

記事記事
OBS Studio用プラグインでテレビ会議もマルチカメラ化

テレビ会議でも複数のカメラを使えたらもっと効果的でインパクトのある提案ができるのに・・・、と思ったことはありませんか? ...

続きを見る

 

OBS StudioとVirtualcamをインストールする

まずOBS Studioをインストールし、続いてOBS-Virtualcamをインストールしておきます。

 

どちらもインストールは特に難しいところはありません。

OBS Studioはインストールウィザードにしたがってデフォルト設定ままインストールしておけばいいでしょう。

 

OBS VirtualCamのほうは、インストールオプションなどもないのでまったくなにもする必要はありません。

 

インストールが終わったらパソコンを再起動しておきましょう。

 

Virtualcamを有効化する

OBS Studioを起動し[ツール]メニューを開くと、中に[VirtualCam]というコマンドが追加されています。

OBS Studio ツールメニュー

OBS VirtualCamを起動

 

これを実行して、バーチャルカムの機能を有効にします。

このとき「Option」チェックボックスで、”Horizontal Flip"にチェックを入れます。

OBS VirtualCam画面

"Horizontal Flip"をチェックする

 

さらに「Target Camera」で”OBS-Camera”を選んでおきます(OBS-Camera2~4もあり、このあとWeb会議ツールのほうと設定を合わせればどれを選んでも構いません)。

 

設定が終わったら[Start]をクリックすると、機能が有効になります。

以後、OBS Studioの操作は必要ありませんが、Web会議(レッスン)が終了するまでそのまま起動しておきましょう。

OBS Studio動作状況

VirtualCamを起動した状態にしておく

 

 

Web会議ソフト側でカメラを指定する

OBS Studioとバーチャルカムの準備が終わったら、Web会議を始めましょう。

どのソフト/サービスでもだいたい同じはずですが、今回はFacebookのライブ配信画面を例に紹介します。

 

ライブ配信用カメラを選択する

Facebook画面を開いて、ライブ配信の準備をします。

Live Producerの画面を開いて[ライブ配信を開始]をクリックします。

Facebook LiveProducer

ライブ配信を開始する

 

 

ライブ配信ダッシュボードに切り替わったら、「アドバイス」というポップアップが現れますが、じゃまなので[クローズ]ボタンをクリックして閉じてしまいます。

Facebook LiveProducer アドバイスポップアップ

アドバイスのポップアップを閉じる

 

 

「映像ソースを選択」のところで[ウェブカメラ]を選択します。

Facebook LiveProducer Webカメラ

"ウェブカメラ"を選択する

 

OBS Studioを使用していますが「ストリーミングソフトウェア」を使うわけではないところがポイントです。

 

すぐ下の「カメラコントロール」のところを見ると設定が、"メディアソースを選択"になっているはずです。

ここにカメラ名が現れるまで少し待ちます。

 

待ってもカメラ名が出てこないときは、上のプレビューエリア(黒い画面)のところで[再試行]をクリックしてみましょう。

何回かクリックしているうちにカメラ名が表示されるはずです。

Facebook LiveProducer Webカメラ設定

Webカメラの選択リスト

 

OBS-Cameraを選択する

最初は"HP Truvision HD”という名前が表示されました。

これはHP製ノートパソコンに内蔵されているWebカメラ名です。

実際には皆さんのパソコンで使っているWebカメラの名前が表示されます。

 

このカメラを実際に使うのですが、実は先ほど設定したOBS VirtualCamを経由して映像を受け取ります。

 

そこでドロップダウンリストを開いて、メニューから”OBS-Camera”を選択してください。

Facebook LiveProducer カメラリスト

リストから"OBS-Camera”を選択する

 

ただし、選択しても映像が現れなかったり、設定がもとのカメラ名に戻ったりすることもあります。

そんなときは慌てずしつこく[再試行]をクリックしていれば、そのうち”OBS-Camera”が選択されて映像が現れるはずです。

Facebook Liveプレビュー

左右反転した映像が表示される

 

ここでは左手を挙げていますが、左右が反転して鏡に写ったのと同じ状態になりました。

もしVirtalCamの設定で”Horizontal Flip”にチェックしていないと、反転しないふつうの映像になります。

Facebook LiveProducer プレビュー

"Horizontal Flip"がオフのばあい

 

OBSを使えばマルチカメラのレッスンも可能

ここではFacebookライブを例に紹介しましたが、どんなWeb会議ツールでも要領は同じです。

 

  1. OBS StudioにVirtualCamプラグインをインストールする

  2. ”Horizontal Flip”をオンにしてVirtualCamを実行

  3. VirtualCamで選んだターゲットカメラと、Web会議ツールで使うカメラの設定を揃える

 

この3つができていればライブ配信やWeb会議の映像を左右反転できます。

つまり、Webカメラの映像を直接Web会議ツールで使うのではなく、途中にOBS VirtualCamを入れてその時点で映像を左右反転してしまうわけです。

 

なお左右反転については、もうひとつ、VirtualCamで”Horizontal Flip”を使わずにOBS Studio上のキャプチャ映像を左右反転するやり方もあります。

お好みに応じたやり方を選んでください。

 

-ソフトウェア, Webサービス
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック