ソフトウェア

OBS StudioとYouTube Liveの連携が簡単に

ライブ配信用として大注目のOBS Studio

当サイトでも、ビデオカメラの接続方法に関する記事が安定したアクセスを集めています。

そのOBS Studioがバージョンアップで、YouTubeとの連携がとても簡単になりました。

今回は、アップデートの手順と、YouTube設定に絞って紹介します。

OBS Studio V27.1.1リリース情報

 

OBS Studioのアップデート

OBS Studioは起動時にバージョンアップのチェックを行うので、アップデートを見逃すことはありません。

OBS Studio アップデート通知

アップデートの通知画面

 

通知画面にはアップデートの内容が詳しく記述されています。

OBS Studio アップデート通知詳細

[今すぐ更新]をクリックする。

 

[今すぐ更新]をクリックすると、ただちにアップデータのダウンロードを開始。続いてインストールも実行してくれるのでまったく手間いらずです。

OBS Studioアップデート中

新バージョンのダウンロード進行中。

 

最後に、[Launch OBS]というボタンをクリックすると、OBS Studioを再起動してくれます。

OBS Studio 新バージョン起動

OBS Studioを起動する

 

 

 

YouTube Liveとの連携方法

 

プロファイル名を指定する

外観上は従来と違いはありません。

YouTubeとの連携方法について見ていきましょう。

OBS Studio画面

外見上の変更はない

 

今回はまずYouTube Live用の設定を作るところから始めます。

 

 

[プロファイル]メニューの中に、デフォルトで「無題」というプロファイルが登録されているので、[名前の変更]を実行します。

OBS Studio プロファイル名の変更

プロファイル名を変更する

 

ダイアログボックスが現れるので、YouTube用の名前を付けておきます。

これはFacebook Liveと区別するためなので、YouTubeしか使わないなら特に変更の必要はありません。

OBS Studio プロファイル名指定

YouTube用のプロファイル名

 

設定画面を開く

では、YouTubeように設定をやっていきましょう。

ウィンドウ右下のボタンから[設定]をクリックします。

OBS Studio [設定]ボタン

設定画面を開く

 

設定ダイアログボックスが現れたら、左のパネルで[配信]を選択します。

OBS Studio 配信設定

配信設定を選択

 

サービスを選択

「配信」タブに切り替えたら、まず配信サービスを選択します。

ドロップダウンリストを開くといろいろなライブ配信サービスが登録されているので、YouTube - RTMPSを選択します。

 

OBS Studio サービスの選択

「サービス」のリストから"YouTube - RTMPS"を選択

 

 

アカウントを接続

YouTube用の画面に切り替わるので、[アカウント接続(推奨)]をクリックします。

 

OBS Stuido YouTubeアカウント接続

OBS StudioからYouTubeアカウントへ接続

ちなみに[ストリームキーを使用する(詳細)]をクリックすると、従来のやり方で設定できます。

 

Webブラウザが起動してGoogleアカウント画面が現れるので、使用したいアカウントを選択します。

Googleアカウントの選択

Googleアカウントを選択する

 

 

 

チャンネルを選択

選択したGoogleアカウントに複数のYouTubeチャンネルがある場合は、ライブ配信に使いたいチャンネルを選択します。

 

YouTubeチャンネルを選択

配信したいチャンネルを選択する

 

アカウントへのアクセスを承認

続いて、OBS StudioからGoogleアカウントへのアクセスを許可します。

チェックボックスにマークして、[Continue]をクリックしましょう。

 

YouTubeアカウントの連携承認

OBS StudioからYouTubeアカウントへの連携を承認する

 

 

承認に成功したらブラウザは閉じて構いません。

YouTube連携完了

連携完了のメッセージ

 

OBS Studio側確認

以上の設定が終わると、OBS Studioの「配信」画面には、接続されたアカウント名が表示されています。

設定はこれだけです。

OBS Studio連携アカウント表示

連携したアカウント名が表示される

 

チャットウィンドウ

設定ダイアログを閉じてメインウィンドウへ戻ると、OBS Studio本体とは別に縦長のウィンドウが表示されます。

OBS Studio チャットウィンドウ

チャット用ビューアーが表示される

これは、YouTube Liveのチャットを表示するものです。

ウィンドウはプロファイルと連動しているので、YouTube用以外のプロファイル(Facebook用など)に切り替えると自動で非表示になり、プロファイルをYouTube用に切り替えれば再び現れます。

 

初心者の負担は大幅軽減

以上でOBS StudioとYouTube Liveの連携設定は終わりです。

これだけだと、これまでOBS Studioを使ったことがある人にとってはさほど便利とは思えないでしょう。

しかし、YouTube Stuioでのライブ配信設定画面をまったく触らずに済むので、初心者にとってはかなりわかりやすくなりました。

 

どうも当サイトへの来訪データを見ていると、ビデオカメラの信号をキャプチャして配信するという超初歩レベルの情報を求めている方が多いようなので、そういう方には朗報でしょう。

次回は、実際のライブ配信で使える機能について紹介します。

関連記事
【OBS Studio】YouTube Live連携機能で操作が簡単に【ライブ配信】

OBS Studioのv27.1からYouTube Liveとの連携機能が追加されました。 アップデートの手順と連携の方 ...

続きを見る

-ソフトウェア
-, ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック