ソフトウェア ガジェット

Spider V RemoteでJosh Smithのサウンド設定を探る

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

Line6のアンプで音作りしている人いないかなぁ、と思って探してみたら、公式動画でブルースギタリストJosh Smithさんがプレイしているのが見つかりました。

その音が気になったので、いったいどんな設定になっているのか、Windows版アプリ、Spider V Remoteの設定を探ってみます。

 

 

Josh Smithさんの使用ギター

Line6の公式動画ではハムバッカー搭載のギターをプレイしています。

一方、Web記事によるとメインギターはストラトキャスターで、ライヴ動画を見るとテレキャスターもかなり長い時間使っています。

そのほかに、セミアコタイプも弾いていますね。

 

 

Spider V MkIIのプリセットがどんなギターを想定したセッティングなのかわかりませんが、やはり公式動画どおりハムバッカーなんでしょうか。

 

ライブ映像を観ると、ストラトもテリーもかなりウォームな音なので、なにか参考になるかもと重い、アーティストプリセットの中身をチェックしてみました。

 

 

<27A>と<27B>

アンプ本体(ネット)に貼られたラベルには、代表的なプリセットのスロット番号とアーティスト名が書かれていますが、よく見ると<27A>と<27B>がJoshさんのセットです。

Spider V MkII アーティストプリセットラベル

ラベルにもJosh Smithの名前が!

 

<27A>が”JS Clean”、<27B>が”JS Lead”となっています。

 

JS Cleanのセッティング

プリセットの音で弾いてみたところ、なかなかいい感じの音だったのでさっそく設定を覗いてみました。

驚いたことに、エフェクター類はほとんどオフですが、セットされている機材に違いがあるので、それも含めてスクリーンショットで紹介します。

パッチ内の順序に従っています。

 

まずJS Cleanから。

 

ゲート

意外なことにノイズゲートまでオフでした

Spider V JS Clean ゲート

JS Clean ゲート設定

 

ワウ

ワウペダルもオフ。モデルは”Weeper”がセットされています。

Spider V JS Clean ワウ

ワウはWeeperだがオフ状態

 

ストンプ

オーバードライブ/ダイナミクス系もオフ。

”Classic Distortion”がセットされています。

Spider V JS Clean ストンプ

ストンプもオフ。Classic Distortionをセット

 

リバーブ

エフェクト類でリバーブだけがオンです。

”King Spring”がアンプの直前にセットされています。

Spider V JS Clean リバーブ

King Springがアンプの前に入っている

 

KingSpring初期設定と比較

アーティストプリセットではなく、King Spring単体のデフォルト設定がどうなっているか比較してみました。

King Spring Reverbデフォルト

King Springリバーブのデフォルト設定

JS Cleanのほうが、Dwellはやや多め。Toneをかなり上げて、ミックス量もやや多めにしています。

 

 

アンプ/キャビネット

アンプは"1965 Double Verb”。ツインリバーブがモデルと思われます。
キャビネットは"2×12 BlackFace”なので、ツインリバーブそのままということでしょう。

Spider V JS Clean アンプ

アンプは1965 Double Reverb。

Spider V JS Clean キャビネット

キャビネットは2×12 Blackface

 

デフォルトとの違いは?

"1965 Double Reverb”のデフォルト設定と違いがあるか比べてみます。

Spider V Double Reverbデフォルト

1965 Double Reverbのデフォルトセッティング

デフォルトに比べるとJS Cleanは、ゲインがやや小さめ、トーンはミッドとプレゼンスをかなり下げてますね。

 

コンプ

コンプレッサーはオフ。アンプの直後に入っています。

Spider V JS Clean コンプ

コンプはオフ

 

EQ

コンプの次はEQが入っていますが、これもオフ。

Spider V JS Clean EQ

イコライザーもオフ

 

Vol

ボリュームはたぶんシミュレーターならではのパラメーターではないかと思います。

これもオフ。

Spider V JS Clean ボリューム

ボリュームもオフ

 

ディレイ

ディレイもオフです。”Digital Delay”がセットされてます。

Spider V JS Clean ディレイ

ディレイもオフ

 

MOD

モジュレーションなんてもちろん使いません。

”Sine Chorus”がセットされてます。

Spider V JS Clean モジュレーション

モジュレーションもオフ

 

 

JS Leadのセッティング

次にJS Leadを見ていきましょう。

パッチの構成順とアンプが、JS Cleanとは違います。

 

ゲート

ノイズゲートはこちらもオフです。

Spider V JS Lead ゲート

Leadもゲートはオフ

 

ワウ

ワウもオフ。ペダルは”Weeper”で同じです。

Spider V JS Lead ワウ

こちらもワウはオフ

 

ストンプ

ストンプはファズがセットされてます。

Spider V JS Lead ストンプ

ファズがオンになっている

 

Facial Fuzz デフォルトとの比較

Facial Fuzzのデフォルトと比べてみましょう。

Facial Fuzzデフォルト

Facial Fuzzのデフォルト設定

JS Leadのほうがドライブを下げ、ゲインは上げ、トーンは大幅下げでした。

 

アンプ/キャビネット

アンプはブリティッシュタイプの"1960 Class A-15"。

キャビネットもモデルになった機種そのままだと思われます。

Spider V JS Lead アンプ

ブリティッシュタイプのClass A-15を使用

 

Spider V JS Lead キャビネット

キャビネットもデフォルト(たぶん)

 

アンプデフォルトとの比較

”1960 Class A-15のデフォルトと比べてみます。

A-15 デフォルト設定

Clas A-15のデフォルト設定

ゲインはちょい下げ、トーンはミッドとトレブルを大幅に下げているのがわかります。

 

コンプ

コンプレッサーはオフ。

Spider V JS Lead コンプ

コンプレッサーはオフ

 

 

EQ

イコライザーはオフ。

Spider V JS Lead EQ

イコライザーもオフ

 

Vol

ボリュームなんか当然オフです。

Spider V JS Lead Vol

ボリューム設定もやはりオフ

 

ディレイ

デジタルディレイが掛かってます。

Spider V JS Lead ディレイ

デジタルディレイがオン

 

デジタルディレイのデフォルトと比較

デフォルトと比較してみましょう。

デジタルディレイデフォルト

Digital Delayのデフォルト設定

セッティングはさほど違いませんが、JS Leadではペダルが割り当てられています。

 

Mod

モジュレーションもオフ。Cleanと同じ”Sine Chorus”がセットされてます。

Spider V JS Lead Mod

モジュレーションもオフ

 

リバーブ

リバーブは”Vintage Plate”がオンになっていました。

Spider V JS Lead リバーブ

リバーブはVintage Plate

 

Vintage Plateのデフォルト

Vintage Plateのデフォルト設定と比較。

リバーブ Vintage Plateのデフォルト設定

Vintage Plateのリバーブ初期設定

ディケイとプリディレイは控えめ、タイムとミックス量は上げてますね。

 

 

Josh Smithさんはブルースギタリストだけに、やはりアンプだけでの音作りが好みのようです。

JS CleanはClean1と同じ”1965 Double Reverb”を使っているのに、かなり音色が違うのが印象的でした。

また、リバーブがアンプの前に入っているのは驚きました。

 

すぐに役立てられるほどの知識も腕もありませんが、アンプの使い方の一端が知れたようでなかなかオモシロいですね。

 

created by Rinker
Line 6
¥19,800 (2021/03/01 01:35:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fender(フェンダー)
¥98,560 (2021/03/01 07:30:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

-ソフトウェア, ガジェット
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック