WordPress

WordPress プラグイン "All in One SEO Pack"でサイトマップ作成

WordPressで作成しているサイトでXMLサイトマップを作成する方法はいろいろありますが、今回は人気のプラグイン"All in One SEO Pack"を使う方法を紹介します。

All in One SEO Pack自体のインストール方法については当記事では割愛します。

 

なぜXMLサイトマップが重要なのか

XMLサイトマップの役割

XMLサイトマップは、あなたのWebサイトにどんなページがあるかをGoogleやYahooなどの検索サービスに教えるための一種の目録です。

この目録がないと、検索サービスはクローラーといわれる自動プログラムを使って、ひとつひとつページをチェックしないといけませんが、時間がかかったりページ間のリンクが切れていて、本当はページがあるのにたどり着けなかったりします。

そうなるとせっかく作ったページも検索結果に載らなくなってしまうので、そんなことが起きないように、あらかじめサイトのほうで目録を用意しておいて、検索サービスに提出します。

これで検索サービス側はチェックの手間が省けるし、私たちサイトを作るほうもきちんと検索結果に載せてもらえて、お互いに万々歳というわけです。

WordPressでXMLサイトマップを作成する方法

XMLサイトマップは手作業で作ることもできますが、かなり知識と手間が必要です。

また、Webサイトにページを追加するたびに書き加えないといけないので、サイトのページ数が増えてくると管理がたいへんです。

そこでWordPressでサイトを作る場合は、XMLサイトマップを自動で作ってくれるプラグインを使います。

代表的なプラグインとしてはGoogle XML Sitemapがありますが、私はAll in One SEO Packというプラグインを使っています。

All in One SEO Packを使う理由

All in One SEO Packは、名前のとおりSEO(検索エンジン最適化)を行うためのプラグインです。ページタイトルや説明文など、SEOに重要な設定を簡単に行えるので、定番になっている人気のプラグインです。

SEOのための基本設定以外にXMLサイトマップを作成する機能もあり、どうせSEOのために使うんだったらXMLサイトマップもこっちで作成しようというわけです。

WordPressのプラグインはたくさん組み込むほど動作が重くなってきて、ページの表示速度に影響します。表示が遅いページは検索サービスからの評価が低くなってしまうので、できるだけプラグインの数は減らしたいものです。

そこで代表的なGoogle XML Sitemapを敢えて使わずに、もっと多機能なAll in One SEO Packで代用します。

 

All in One SEO PackでXMLマップを作成する

機能を追加する

All in One SEO PackのXMLサイトマップ作成機能はパワーアップツールに含まれているので、プラグインをインストールしただけでは使えません。

そこでまず機能を追加します。

WordPressのサイドメニューでAll in One SEO Packを開くと中に機能管理という項目があるのでこれをクリックします。

XMLサイトマップの設定項目

XMLサイトマップに関する設定ページが追加されています。

機能管理ページに切り替えると最初にXMLサイトマップがあるので[Activate]ボタンをクリックして、機能を追加しましょう。

XMLサイトマップの有効化

機能管理でXMLサイトマップを有効化します。

有効化するとサイドメニューにXMLサイトマップという項目が追加されています。

XMLサイトマップの設定項目

XMLサイトマップに関する設定ページが追加されています。

投稿タイプとタクソノミーを設定しよう

XMLサイトマップを選択すると中にいろいろな設定がありますが、最低限投稿タイプタクソノミーの設定を行いましょう。

投稿タイプは最初すべての項目にチェックがはいっています。"投稿"と"固定ページ"のふたつを残してチェックを外します。"メディア・添付ファイル"をチェックしていると、記事内で使った画像などもすべてサイトマップに登録されてしまいます。

タクソノミーは分類という意味です。ふつうは"カテゴリー"で分類することが多いと思いますが、それ以外にも"タグ"や”フォーマット"での分類が可能です。

すべてのタクソノミーをXMLサイトマップに登録するとやはり大きくなりすぎるので、”カテゴリー”にだけチェックを残して"タグ"や"フォーマット"は外します。

そのほかにもいろいろな設定がありますが、とりあえず最低限これだけ行っておけばいいでしょう。

XMLサイトマップに出力する項目の指定

重要な項目を残して他はチェックを外します。

出力したサイトマップを確認する

設定が終わったらページの上のほうへ戻ると「サイトマップのステータス」というブロックでサイトマップの確認ができます。

[XMLサイトマップを表示]というリンクをクリックすると、作成されたサイトマップを表示します。いちばんうえに"Generated by All in One SEO"という文字があり、サイトマップ作成がちゃんと行われているのがわかります。

XMLサイトマップの表示

設定が終わったらXMLサイトマップが作成されているか確認しましょう。

All in ONE SEO Packで出力したXMLサイトマップ

XMLサイトマップが作成されていることを確認します。

 

サイトマップはGoogleサーチコンソールに登録しておこう

これでAll in One SEO Packを使ったWordPressでのXMLサイトマップ作成は終わりです。

ポイントをまとめておきましょう。

  • 機能管理でXMLサイトマップを追加する
  • 投稿タイプは投稿と固定ページのふたつにチェック
  • タクソノミーはカテゴリーをチェック

できあがったXMLサイトマップはWebサイトに保存されているので、いずれ検索エンジンのクローラー(情報収集ロボット)が来たときにXMLサイトマップを読み込んでくれます。

しかし、できるだけ早く新しいページを認識してもらいたいので、Googleアカウントを持っているならGoogleサーチコンソールに登録しておきましょう。

関連

Googleサーチコンソールへの登録方法はあらためて紹介します。

 

-WordPress
-

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック