パソコン

スタートメニューにいろんなフォルダーを追加する

Windows10のスタートメニューにはフォルダーをピン留めする以外にもうひとつのカスタマイズ方法があります。

ドキュメント、ピクチャ、ミュージックなどの主要なフォルダーにすばやくアクセスできるのでぜひ活用してください。

 

スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ

今回紹介するのは、スタートメニューに表示されている小さいアイコンの部分です。

スタートメニュー デフォルト状態

スタートメニューに表示されているフォルダー

 

 

ここにはドキュメントやピクチャーといったフォルダーを開くアイコンや設定画面を開くアイコンがありますが、そのほかにも初期設定では表示されていないアイコンを追加できます。

 

スタートメニューの設定画面を開く

スタートメニューにフォルダーを追加するには「Windowsの設定」から「個人用設定」を開き、さらに左のメニューで[スタート]を選びます。

スタートメニューに関するオプションの下の方に[スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ]というリンクがあるので、これをクリックしましょう。

スタートメニューの設定

スタートメニュー設定画面

 

するとフォルダーを選択するスイッチが現われるので、表示させたいフォルダーをオンにしてください。

フォルダーの選択

表示させたいものをオンにする

 

これでスタートメニューにフォルダーが追加されます。

フォルダーが追加されたスタートメニュー

オンにしたフォルダーが追加されている

 

表示できるフォルダー

スタートメニューに表示できるフォルダーは次の9つです。

  • エクスプローラー
  • 設定
  • ドキュメント
  • ダウンロード
  • ミュージック
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ネットワーク
  • 個人用フォルダー

このうち「設定」は「Windowsの設定」を開くためのボタンですが、それ以外はすべてエクスプローラーを起動してそれぞれのフォルダーを開きます。

 

エクスプローラーは、名前のとおりエクスプローラーを起動します。このとき選択されるフォルダーはPCまたはクイックアクセスのどちらかになります。どちらを表示するかはオプションで選択できます。

エクスプローラーを起動

エクスプローラーを起動したところ

 

ドキュメントピクチャミュージックビデオダウンロードなどは、PCフォルダーの下にあるそれぞれのフォルダーを表示します。

ドキュメントフォルダー

ドキュメントフォルダーを開く

 

個人用フォルダーはユーザーフォルダーの下にあるユーザー名(ログオンしているユーザー)のフォルダを表示します。

個人用フォルダーを開く

ログオンしているユーザーのフォルダーを開く

 

 

ネットワークは、エクスプローラー上のネットワークフォルダーを表示します。ネットワークに接続しているコンピューターやメディア機器が表示されます。

ネットワークフォルダーを表示

ネットワークフォルダーを開く

 

表示できるフォルダーは7つまで

スタートメニューに登録するフォルダーとして設定できる項目は上記のとおり9つありますが、実際にスタートメニューに表示されるのは7つまでのようです。

スタートメニューの表示サイズが限られていて、9つすべてを表示させることはできないので注意してください。

 

アプリケーションのメニューを非表示に

おまけとしてスタートメニューの表示オプションをもうひとつ紹介しておきましょう。

 

スタートメニューはアプリケーションのリストとそれ以外のタイル部分に大きく分けることができますが、オプション設定でアプリケーションのリストを折りたたみ、タイルだけ表示させることができます。

 

アプリの一覧を隠してタイル表示だけにするには、「個人用設定」の「スタート」で[スタートメニューにアプリの一覧を表示する]をオフにします。

アプリの一覧を非表示化

アプリケーションのメニューを非表示化する

 

これによってスタートメニューからアプリの一覧が消え、タイルだけが表示されました。

アプリ一覧が消えたスタートメニュー

タイルだけになったスタートメニュー

 

この状態からアプリケーションのメニューを開くには、上から3つめにある[すべてのアプリ]ボタンをクリックしてください。

するとこんどはタイル部分が隠れて、アプリケーションのメニューだけが表示されます。

アプリ一覧を表示する

アプリケーションのメニューだけが現われる

 

ピン留めとの組み合わせで使い勝手がよくなる

スタートメニューのボタンは自由にカスタマイズすることはできないものの、エクスプローラーやドキュメントなど、使う機会の多いフォルダーを登録できるのでなかなか便利です。

その他のフォルダーへすばやくアクセスしたいときは、スタートメニューへのピン留めやクイックアクセスへのピン留めを使ってください。

こういった設定を組み合わせることで、使い勝手がさらに改善しますよ。

 

関連記事
いちばん使うフォルダはスタートメニューにピン留めがお薦め

よく使うフォルダはエクスプローラのクイックアクセスにピン留めしておくと簡単にアクセスできます。 しかし、本当に使用頻度が ...

続きを見る

 

スタートメニューへのフォルダー登録 - まとめ

  • ドキュメントなどの重要なフォルダーをスタートメニューに登録できる
  • スタートメニューに表示できるフォルダーは7つまで
  • 任意のフォルダーを登録したいときはピン留めを使う

 

 

-パソコン
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック