ソフトウェア

デジタル写真のExif情報を消去してプライバシー保護

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

デジタルカメラで撮影した写真にはいろんな撮影情報が含まれていて、うかつに公開すると撮影場所や日時などから、あなたの行動が丸わかりになってしまう可能性が大。これはとても危険です。

そこで写真を公開する前に、撮影情報を削除する方法を知っておきましょう。

 

デジタル写真に残るプライバシー情報

パソコンで扱うファイルには、作成日や更新日などの情報が記録されています。

画像ファイルには画像の大きさ(横×縦のピクセル数)なども含まれます。

さらにデジカメで撮影した写真になると、撮影に使ったカメラのメーカーや機種名、撮影時の設定なんかも含まれています。

こういった撮影情報を記録するための決まりをExifといい、記録されているデータを一般にExif情報といいます。

 

スマートフォンのカメラやGPS受信機を内蔵したカメラになると、Exif情報の中には撮影場所を記録したジオタグも含まれています。

もし、撮影したままの生のファイルをネットに公開したりSNSに投稿すると、あなたの住所や日頃の行動範囲まで世界中にオープンにしてしまうことになりますよ。

 

Exifの表示方法を知っておこう

うっかりプライバシーを公開してしまわないように、今回はWindowsだけでできる削除方法を紹介しますが、まずその前に、Exif情報を表示する方法を知っておきましょう。

これを知らないと、ちゃんと削除されているかどうか確認もできませんからね。

 

ファイルのプロパティを表示

デジカメ写真を選択したら、マウスの右ボタンをクリックしてコンテクストメニューを開き[プロパティ]コマンドを実行します。

画像ファイルのコンテクストメニュー

コンテクストメニューでプロパティを選択

 

[詳細]タブに切り替える

ファイルのプロパティ画面が開いたら[詳細]タブをクリックしてください。

画像ファイルのプロパティダイアログ

プロパティで[詳細]をクリック

上から順に「説明」「元の場所」というグループがあり、っさらにその下に「イメージ」「カメラ」といったグループが並んでいます。

詳細タブのExif情報

Exif情報が表示される

 

よく見ると「カメラの製造元」「カメラのモデル」などの情報があり、GPS機能を使用したばあいは「GPS」グループに撮影場所の緯度と経度も記録されています。

ジオタグ(GPS情報)のサンプル

ジオタグ入り画像の例

 

Exif情報を削除する

Exif情報の表示方法がわかったら、削除はカンタンです。

リストのさらに下に[プロパティや個人情報を削除」という下線付きの青い文字があります。

これをクリックしてください。

ファイルの個人情報を削除

「プロパティや個人情報を削除」

 

クリックすると削除画面が現われます。

可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成このファイルから次のプロパティを削除のふたつの項目があるのでどちらかを選択してください。

プロパティを削除してコピー

情報を削除したコピーを作成する

 

プロパティを削除したコピーを作成

「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」を実行すると、名前のとおり多くのExif情報を消去したコピーファイルを作成します。

コピーされたファイル

画像ファイルがコピーされる

 

今回テストしたところ、絞り値や露出時間などのデータは残りましたが、カメラのモデル名や測光モードなどの情報はしっかり消去されていました。

オリジナルとコピー画像の比較

左のコピーでは情報がかなり消えている

 

このやり方のばあい、Exif情報をできるだけ削除したコピーを作りますが、元のファイルはそのままです。

間違って元のファイルを公開してしまわないように注意が必要です。

 

プロパティを選択して削除

「このファイルから次のプロパティを削除」を選んだばあい、下のリストが操作可能になり、実際に消去したい項目をチェックボックスで選べます。

リストをよく見るとわかるように、ところどころチェックボックス自体がない項目があり、すべての項目を削除できるわけではありません。

 

しかし、GPS情報(ジオタグ)についてはもちろんちゃんとチェックボックスがあり、削除が可能でしたから安心してください。

ジオタグ削除用チェックボックス

ジオタグのチェックボックス

 

数枚の写真ならこれで充分

このようにWindows本体でもExif情報の削除は可能です。

ただし、このやり方だとファイルをひとつずつ削除しなければならないので、たくさんのファイルを扱うには手間がかかります。

そんなときはやはりExif削除専用のツールを使ったほうが便利です。

 

また、ファイルによってはこのやり方では削除できないケースがあるようです。

今回の記事を書くにあたって調べたところ、iPhoneで撮影した写真をPCへファイルコピーで取り込んだものについては、エラーが発生して削除を実行できませんでした

スマートフォンで撮影した写真については直接SNSへ投稿することも多いでしょうから、スマートフォン上でExif情報を削除できるアプリを用意しておくのがお薦めです。

 

Exif情報の削除 - まとめ

  • 画像ひとつずつなら、Windows自体でExif情報を削除できる
  • すべてのExif情報を削除できるわけではない
  • コピーを作るばあいは元ファイルの管理に注意

-ソフトウェア
-, , ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック