ソフトウェア

Flexible Renamerの高度なリネーム設定オプション

ファイル名の一括変更ができるフリーソフトFlexible Renamerにはいろんな変換パターンが登録されていて、リストからカンタンに選べます。

しかもリストに登録されている変換パターンをさらに自分でカスタマイズしたり、独自の変換指定を作ることが可能です。

 

Flexible Renamerでより高度な変換指定

リストに登録されている以外の変換を行うには[高度なリネーム]チェックボックスにマークします。

Flexible Renamer 高度なリネームへの切り替え

「高度なリネーム」をチェックする

すると左ペインの表示が切り替わり、ユーザーが自由に設定をカスタマイズできます。

高度なリネームは、変換の方法によって3つのモードに分けられます。

  • ワイルドカード
  • 正規表現
  • 文字変換
Flexible Renamer ワイルドカード

ワイルドカード設定時の画面

Flexible Renamer 正規表現画面

正規表現使用時の画面

Flexible Renamer 文字変換画面

文字変換設定時の画面

 

ワイルドカード正規表現の使い方を知っている方なら、このオプションを使ってさらに柔軟な変換が可能です。

 

プリセットから置換設定を選ぶ

ワイルドカード正規表現の指定方法が分らなくても、プリセットからカンタンに設定を選べます。

Flexible Renamer プリセット選択

プリセットメニューから選択する

プリセットには22種類の設定が登録されていて、さらにユーザーが作成した設定を新たなプリセットとして追加できます。

 

パターンリストからのカスタマイズ

正規表現をゼロから記述するのは困難でも、標準モードで選べる変換パターンを元にカスタマイズできるようになっています。

 

通常モード(「高度なリネーム」をチェックしていない状態)でまず変換パターンを選択しておき、そこから「高度なリネーム」チェックボックスをクリックします。

Flexible Renamer リスト項目からのカスタマイズ

先にリストから変換パターンを選んでおく

すると選択している項目の変換パターンが、検索、置換それぞれのテキストボックスにセットされるのでそこからカスタマイズが可能です。

Flexible Renamer カスタマイズ設定

選択したパターンをもとにカスタマイズする

 

正規表現の入力サポート機能

正規表現を使うと高度な設定が可能ですが、ふつうのパソコンユーザーにはなかなか使いこなせる人はいないでしょう。

そこでサポート機能として、検索設定と置換設定のそれぞれによく使う設定が登録されています。

[サポート]ボタンをクリックするとフライアウト式のメニューが現われて、メニュー項目を選ぶと設定を行ってくれます。

 

検索設定のサポートメニュー

文字列検索で使う項目を指定します。任意の一文字、任意の文字列、英字、数字、空白以外など21パターンが登録されています。

Flexible Renamer 検索のサポートメニュー

検索設定のサポートメニュー

 

置換設定のサポートメニュー

現在の名前、現在のファイルタイトル、ファイル日付、連番など置換に使用する設定27項目が登録されています。

Flexible Renamer 置換のサポートメニュー

置換設定のサポートメニュー

 

正規表現がわかれば変換は自由自在

このようにFlexible Renamerではプリセットされている変換パターンをベースに、より高度な置換が可能です。

「高度なリネーム」で使われている正規表現オプションは、ふつうのパソコンユーザーにとってははかなり敷居が高くて使いこなせる人は限られてしまいますが、興味のある方はチャレンジしてみてください。

正規表現はFlexible Renamerだけの技術ではなく、テキストファイル内の文字を検索したり一括置換するツールとしていろんなところで使われています。

プログラミングやWeb開発をめざす人ならぜひマスターしておきたいスキルです。

Flexible Renamerのページ(ベクター ソフトライブラリ)

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック