ソフトウェア

I・Oデータ機器がデータ抹消ソフトを無償提供

パソコン周辺機器メーカーの大手、アイオーデータ機器が、外付けハードディスクやメモリーカードのデータを完全抹消するソフトを無償提供しています。

顧客情報などを保存しているドライブを廃棄するときは、こういったデータ抹消ソフトを使えば個人情報の流出を防げます。しかもこのソフトは、従来自社製品ユーザー向けだったものを、すべてのユーザーが利用できるようになりました。

ただし、このソフトで抹消できるドライブには制限があります。制限を充分に理解して使ってください。

 

大問題になった廃棄HDのオークション

2019年の年末に、古くなったハードディスクの廃棄が問題になりました。

個人情報を保管していたハードディスクの廃棄を請け負った業者が、適正な廃棄を行わずに廃棄されるはずのハードディスクをインターネットオークションで販売したというものです。

自治体で使用していたハードディスクなので、相当量の個人情報が流出したと考えられます。

ハードディスクに限らずUSBメモリなどのストレージを廃棄するときは物理的に壊してしまうか、保存していたデータを完全に廃棄していないとこのような問題が起きます。

企業や商店のパソコンで顧客情報や取引先情報を保存している場合はもちろんですが、個人用のパソコンでも、メールソフトや年賀状作成ソフトにデータを保存しているでしょう。

パソコンを処分する場合は、これらのデータをきちんと廃棄していないと知らない間に個人情報を流出させてしまうことになります。

 

ドライブ廃棄にはデータ抹消ソフトが必須

確実にデータを破棄するにはハードディスクそのものを壊してしまうのが確実ですが、実際に壊すのはたいへんだし、まだ正常に使えるものを壊してしまうのはもったいないと思う方もいるでしょう。

そんなときは中のデータだけを完全に抹消してしまうソフトを使います。

パソコン上でファイルを削除しただけでは、実際にデータは消えていないので意外に簡単に復活できるんですが、こういった抹消ソフトを使えば、復元不能なレベルまで消してくれるから、古くなったドライブも安心して処分できます

 

I・Oデータ機器がデータ抹消ソフトを無償提供開始

2019年のデータ流出事件を受けて、パソコン周辺機器メーカーの大手アイ・オー・データ機器では、データ抹消ソフトDiskRefresher 3SEの無償提供を開始しました。

このソフトは従来、アイ・オー・データ機器製品ユーザー向けだったんですが、事件が大きな問題になったため、他社製品のユーザーにも無料でダウンロードして使えるようになっています。

これで、一部のハードディスクやメモリカードなどはデータを確実に廃棄できるようになりました。

今後パソコンの買い換えや容量が小さくなったドライブの交換などを予定している人は、ぜひこのようなデータ抹消ソフトを使って個人情報が漏れないように処理してください。

データ抹消アプリ Disk Refresher 3 のダウンロードページ

 

Disk Refresher 3 SEの制限に注意

ただし、Disk Refresher 3 SEを利用する場合、ひとつ注意が必要です。

それは、Windowsをインストールしている起動ドライブ、いわゆるCドライブについてはデータを抹消できません。

起動ドライブにいっしょに入っているメールソフトや住所録は抹消できないということです。

これはどういうことかというと、Disk Refresher 3 SEはパソコンにインストールして使うソフトだから、そもそもパソコンを動かすのに必要なWindowsが入っているドライブを間違って抹消できないようになっているのです。

つまり、Disk Refresher 3 SE で抹消できるのは、増設したハードディスク(Cドライブ以外)やUSBメモリ、SDカードなどのメモリカード(USB接続のカードリーダーで使用するもの)ということになります。

もし起動ドライブの内容を抹消したいなら、有償のDisk Refresher 3製品版を購入して、付属しているCD-ROMから実行することになります。

Disk Refresher 3製品版

CD-ROMからパソコンを起動すれば、CドライブのWindowsは使いませんから、問題なく抹消できます。

念のためいっておくとDisk Refresher 製品版を買っても、Windowsから起動したらやっぱりCドライブの抹消はできません。理由はSEと同じですね。

だから製品版を買ったら、CD-ROMは絶対になくさないようにしましょう。

 

DiskRefresher 3 製品版を買うときの注意

DiskRefresher3の製品版を買うときにも注意が必要です。

DiskRefresher3はオンラインソフトとしてダウンロード販売もされていますが、急いでいるからといっていきなりダウンロードするのは考えもの。

というのも、ダウンロード版はCDによる起動に対応していないからです。

これはDiskRefresher3のページに、注意書きとして明記してあります。

 

せっかく製品版を購入しても、ダウンロード版だったらCD起動できませんから、結局起動ドライブの抹消はできません。

かならずCD-ROMつきのパッケージ版を購入してください。

 

ただし、使い方によってはSE版で充分な場合もあります。

それは、起動ドライブになっているハードディスクを取り外して、ほかのパソコンに接続してから消去する場合です。

つまり別のパソコンに外部ドライブとして接続してから消去すればいいわけです。

ただ、このやり方はドライブの取り外しや、他のパソコンの取り付けができる人でないとダメなので、普通のユーザーはやっぱりパッケージ版を買うことをお薦めしたいですね。

-ソフトウェア
-,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック