パソコン

[タスクビュー]ボタンを非表示化してプライバシーを守る

Windows10のタスクビューには、使用していたアプリケーションとファイルの組み合わせが記録されているので、数日前に行っていた作業でもカンタンに呼び出せます。

しかし、これは同時にプライバシーが他の人に知られてしまう危険性にもなります。

デスクトップ履歴を消去する方法や履歴機能そのものを停止する方法についてはすでに紹介しましたが、今回はもっとカンタンに、[タスクビュー]ボタンそのものを隠してしまう方法を紹介します。

ボタンを隠すだけのお手軽セキュリティ対策

最初にまずお断りしておきます。

今回紹介する方法は、単にタスクビューを呼び出すボタンを見えなくしてしまうだけです。

ボタン以外の呼び出し方を知っている人には効果がありませんから、過度な期待はしないでください。

しかし、ボタン以外での呼び出し方を知らない人には効果的です。

好奇心で作業内容を覗かれるようなリスクは減らせます

もちろん、パソコンを離れるときは画面をロックするなどの対策と組み合わせることで、さらに安全性が高まります。

タスクビュー呼び出しボタンを隠す

タスクビューボタンの隠し方はとてもカンタンで、2ステップで終わります。

step
1
タスクバーのコンテクストメニューを開く

タスクバーの何も表示されていないところを右クリックしてコンテクストメニューを開きます。

step
2
[タスクビューボタンを表示]をクリック

コンテクストメニューの中にある[タスクビューボタンを表示]にチェックが入っているので、クリックしてチェックを外します。

タスクビューボタンを非表示化

[タスクビュー]ボタンを非表示化する

これだけで[タスクビュー]ボタンが表示されなくなります。

タスクビューアイコンが消えた状態

[タスクビュー]ボタンが消えた状態

もちろん、同じ方法で[タスクビュー]ボタンをもういちど表示させることもできます。

[タスクビュー]ボタンが消えた!と焦っている人がいたら、教えてあげてください。

見逃しがちなポイントだけにユーザー自身の心がけを

これで[タスクビュー]ボタンは操作できなくなりますが、タスクビューそのものはキーボードショートカットで呼び出せるので、少しWindowsを使い慣れた人なら特に不自由はしないはずです。

とても簡単すぎてセキュリティ対策として充分とはいえませんが、デスクトップ履歴自体比較的あたらしい機能なので、見逃されがちなポイントです。

デスクトップ履歴機能自体を知らない人にとっては、いつのまにか情報漏洩のルートがひとつ増えているともいえます。

またクリーンアップソフトの代表でるCCleanerも、いまのところ(v5.63.7450)デスクトップ履歴については対象外のようなので、プライバシー保護についてはユーザー自身が気をつける必要があります。

[タスクビュー]ボタンの非表示化は手軽にできるので、覚えておいてください。

-パソコン
-, ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック