ソフトウェア

Vimiumを無効化したいサイトを指定する

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

Vimiumの基本を知ろう

VimiumはGoogle ChromeでのWebブラウズをキー入力で操作できる拡張機能です。

ChromeにVimiumをインストールするとアドレス入力や検索を行うVomnibarの呼び出しから、ページのスクロール、タブの移動や新規タブの作成などほとんどの操作をキーボードで行えるようになります。

Vimiumが初めての方はまず下の記事からご覧ください。

基礎知識
Vimiumアイコン
キー入力で快適ブラウズ、Chromeの拡張機能Vimium

調べ物などで長時間Webページを検索していて肩が凝ったり、腕や肘、手首が疲れてきたことはありませんか? そんな経験がある ...

続きを見る

Vimiumを使えばWebブラウザをキー入力で操作できますが、サイトによってはそれが不便な場合があります。
たとえば、キーボードのタイプ練習サイトではVimiumを無効にしておかないと練習そのものができません。
そんなときは、そのサイトでキー入力操作を無効化しておきましょう。

Vimiumに向かないサイト

タイプ練習サイトはVimiumに向いていない

参考

サイトを登録することなく一時的にVimiumを無効化することもできます。

【i】キーを押すとVimiumが無効化され、【Esc】キーを押すと無効化は解除されます。

 

除外したいサイトを登録する

特定のサイトでVimiumを無効化するには、まずそのサイトの中のどこかのページにアクセスしておき、アドレスバー右のVimiumアイコンをクリックします。

Vimiumを無効化するサイトを追加

無効化するするサイトを追加

するとメニューがポップアップして「Patterns」という項目にアドレスが登録されます。

このアドレスパターンは、サイト(サブドメイン単位)全体に適用されるので下位のページでも有効ですし、逆に下位のページで登録した場合はホームページでも有効になります。

したがって、特定のページだけを除外したいばあい以外はそのままでいいでしょう。

あとは右下の[Save Changes]をクリックして設定を保存します。

なお、ここで設定したアドレスにアクセスすると自動的にVimiumアイコンがグレーになりディアクティベートされたことがわかります。

除外されたサイト

無効化したサイトはアイコンがグレーに

 

ルールを追加する

別のサイトを追加したい場合は、そのサイトにアクセスして同じようにVimiumアイコンをクリックします。
そのほかに、ポップアップウィンドウで[Add Rule]をクリックして項目を追加することもできます。

追加した場合は必ず[Save Changes]をクリックしておきましょう。

 

除外したいキーを設定する場合

サイトは除外しないけれど、特定のキーだけ無効化することもできます。

その場合は、まずいったんサイトを登録しておいて、次にExclude Keysのフィールドに無効化したいキーを入力しましょう。

複数のキーを登録する場合は区切り文字などは不要なので、そのままキーを連続して入力して構いません。

特定のキーだけ無効化

特定のキーだけ無効化することもできる

除外設定を行ったサイトにアクセスした場合、アドレスバーのVimiumアイコンは一部がグレーの状態になるので、除外設定が登録されていることがわかります。

キーを除外したサイトのアイコン

特定キーを除外したサイトではアイコンの一部がグレーになる

 

 

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック