WordPress

【WordPress】ウィジェット画面のエラーはClassic Widgetプラグインで解消

久々にWordPressのウィジェットをカスタマイズしようとしたら、管理画面上がエラーの嵐になってしまいました。

どうやらバージョンアップで導入された新しいウィジェットエディターに、テーマが対応していないのが原因のようです。

エラーを解消してウィジェットを編集するには、Classic Wigetというプラグインをインストールしましょう。

 

ウィジェットの編集ができない!

WordPressではサイドバー上のカテゴリリストや新着記事一覧といった基本的な機能をはじめとして、広告バナーの表示などにウィジェットというパーツを多用します。

 

ところが、いつの間にかウィジェット編集画面にエラーが表示されるようになっていました。

WordPress ウィジェットエラー例

ウィジェット管理画面がエラーの嵐

 

エラーの内容は次のようなものです。

[st_custom_html_widget]ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。詳細は開発ツールを確認してください。

 

調べてみたところ、WordPress 5.8で導入されたウィジェット管理ツールがブロックエディターに変更されたのが原因とのこと。

当サイトで現在使用しているテーマがそもそもブロックエディターに対応していないので、結果的にエラーが出るようです。そういえば、記事の作成もいまだにClassic Editorを使っていますからね。

 

Classic Widgetがあればだいじょうぶ

従来のウィジェット管理ツールを使うためにClassic Widgetというプラグインがリリースされていることもわかりました。

 

さっそくインストールしましょう。

手順はいつもどおり。

 

WordPressの元利画面で、サイドメニューから[プラグイン]管理画面に入り、[新規追加]をクリックします。

WordPress プラグインの新規追加

プラグインを新規追加する

 

キーワード検索ボックスに”Classic Widget”と入力。

検索結果が現れたら、[今すぐインストール]をクリック。

WordPress Classic Widgetのインストール

Classic Widgetをインストール

 

インストールが終わるとボタンが[Activate]に変わるので、クリックしてプラグインを有効化します。

WordPress Classic Widget有効化

インストールしたClassic Widgetを有効化

サイドメニューの[外観]から[ウィジェット]を開くと、従来通りの管理画面が現れました。

これでだいじょうぶです。

WordPress Classic Widget画面

従来のウィジェット管理画面が表示された

 

 

ブロックエディター非対応テーマは要注意

ウィジェットが使えないと、サイトの基本的なレイアウト変更もできないし、広告のカスタマイズなどにも支障が出ます。

ブロックエディターに対応していないテーマを使っている方は、WordPress5.8以上にアップデートしたら必ずウィジェット管理に問題がないかチェックしておきましょう。

もちろんブロックエディター対応テーマを使っていれば関係ありません。

 

ウィジェットエラーでチェックすべきポイント

  • WordPress5.8でウィジェット管理がブロックエディターに変更された

  • ブロックエディターに対応していないテーマではウィジェット管理ができない

  • Classic Widgetをインストールすれば当面のエラーは解消される

-WordPress
-

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック