ソフトウェア

Screenpressoでキャプチャ画像をわかりやすく加工する

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

Screenpressoには、画像にいろんなオブジェクトを描き込む描画系のツールと、画像全体のリサイズやトリミングを行うための機能の2種類の加工機能があります。

 

キャプチャ画像はワークスペースから開く

キャプチャーした画像はScreenpressoのワークスペースに記録されているので、サムネイルを選択して[編集]をクリックすると内蔵エディタを使って編集できます。

Screenpresso ワークスペース

内蔵エディタを起動する

 

ふたつのタブで画像を加工する。

Screenpresso内蔵エディタには「メイン」と「画像」ふたつのタブがあります。

「メイン」タブにはキャプチャーした画像に説明を描き加えるのにぴったりの描画機能が揃っています。

目立たせたいポイントに引く矢印、説明のテキストを入力する吹き出し、強調したい場所に塗る蛍光マーカー、などのツールを使ってコンテンツの魅力をアップさせましょう。

Screenpresso 「メイン」タブ

「メイン」タブのツールバー

 

「画像」タブのほうは、画像から必要な部分だけを切り抜いたり、Webページ用にサイズを縮小するといった基本的な加工を行います。

Screenpresso 「編集」タブ

「編集」タブのツールバー

 

描画系のツールは「メイン」タブ

ツールバーの右側に並んだ青いボタンが描画ツールです。

ほとんどのツールはクリックするとパレットがポップアップするので、使用したいオブジェクトを選びます。

描画したオブジェクトをダブルクリックするか右クリックで[描画オプション]をクリックすると、プロパティ画面が開いて設定を変更できます。

 

矢印を描く

ドラッグで矢印を描きます。

Screenpresso 矢印ツール

矢印のパターンを選択する

 

矢印の形や色、太さ、透明度、影の濃さなどを指定できます。

Screenpresso 矢印プロパティ

矢印のプロパティ設定

 

四角形を描く

内側が透明な矩形を描きます。

Screenpresso 四角形ツール

矩形のパターンを選ぶ

 

プロパティでは輪郭線の色を指定できるほか、中を塗りつぶすこともできます。

透明度や輪郭線の太さ、線種、影の濃さなどを指定できます。

Screenpresso 矩形のプロパティ

線の太さや内部の塗りつぶしを指定

 

テキストを追加

テキストには最初から縁取りや影が指定されています。

Screenpresso テキストのパターン

テキストにはあらかじめ装飾が設定されている

 

ダブルクリックするとテキストの編集になってしまうので、プロパティを設定するときは右クリックから[描画プロパティ]を選択します。

フォントやサイズの指定、太字や斜体などの装飾、中央ぞろえ/右揃えなどの配置のほかに、色、透明度、グローなどの指定ができます。

Screenpresso テキストのプロパティ

輪郭の色や太さを変更できる

 

吹き出しを追加

テキスト入りの吹き出しを作成します。

Screenpresso 吹き出し

吹き出しのパターンを選ぶ

 

プロパティの設定内容はテキストの追加とほぼ同じです。

Screenpresso 吹き出しのプロパティ

塗りつぶしや輪郭を設定する

 

番号付けを追加

丸付き数字を配置します。

クリックするたびに自動で値が増えていくので、ひとつずつ値を設定する手間が省けます。

貼り付けを終了するときは、ダブルクリックするか右クリックします(プロパティ画面が現われます)。

Screenpresso 番号付け

丸付き数字や英字をスタンプする

 

算用数字のほかに、英字(ABC・・・)やローマ数字にすることもできます。

また、スタートの値を指定したり塗りつぶしの色や透明度を指定することもできます。

Screenpresso 数字のプロパティ

開始の値や色を指定できる

 

スタートの値はいちど貼り付けを終了しても保持されているので、次に貼り付けを開始すると連続した値が振られていきます

 

強調

ドラッグした領域を蛍光マーカーで塗ったように半透明で塗りつぶします。

Screenpresso 強調

領域をマーカーのように塗る

 

塗りつぶしの色と透明度を指定できます。

Screenpresso 強調プロパティ

塗りの色と透明度を指定

 

楕円を描く

文字通り楕円を描くツールです。

Screenpresso 楕円のパターン

楕円のパターンを選ぶ

 

線の幅や色、線種を指定できるほか、塗りつぶしの指定では楕円の中に色を付けたり、逆に外側に色を付けて内側だけを目立たせることもできます。

Screenpresso 楕円のプロパティ

円の外側を塗りつぶして内側を目立たせる

 

塗りつぶしの値をマイナス側にすると内側だけを塗りつぶし、逆にプラス側にすれば外側の塗りつぶしになります。

 

ポリゴン描画

名前と違い、実際にはポリライン(折れ線)の描画です。

Screenpresso ポリゴン

線のパターンを選ぶ

 

始点と終点の形、線の色、透明度、線の種類などを指定できます。

塗りつぶしでは楕円と同じように、内側の塗りつぶし/外側の塗りつぶしを指定できます。

Screenpresso ポリゴンのプロパティ

線の太さや末端の形状、塗りなどを指定

 

フリーハンド

マウスポインタの動きに沿ってフリーハンドで線を描きます。

Screenpresso フリーハンド

フリーハンドのパターン

 

色、透明度、線の幅、影を指定できます。

Screenpresso フリーハンドのプロパティ

線種や太さを指定

 

指定の領域をぼかす

ドラッグで選択した領域をぼかします。

Screenpresso ぼかし

ぼかしの領域は移動や拡大/縮小もできる

 

ぼかしのレベルを調整できます。

領域をドラッグで移動したり、領域のサイズを変更することもできます。

 

画像を追加

プリセットされているスタンプを貼り付けるほか、任意の画像を選んで貼り付けることもできます。

Screenpresso 図形

プリセットのスタンプを貼り付ける

 

スタンプについては、透明度と影を指定できます。

Screenpresso 図形のプロパティ

図形の透明度や影の付け方を指定

 

ルーペを使う

パレットのアイコンを見るとまるで吹き出しみたいですが、しっぽの先端部分を中心にして拡大する機能です。

ルーペ部分の大きさを調整したり、ルーペの位置をドラッグで動かすことができます。

Screenpresso ルーペ

先端部分を中心に拡大表示

 

拡大倍率や輪郭の色、太さ、影などを指定できます。

Screenpresso ルーペのプロパティ

拡大倍率やルーペの枠線などを指定

 

波括弧を描く

ブレース(中括弧や波括弧とも言われます)を描きます。

並んでいる複数の項目をまとめて説明するようなときに便利なオブジェクトです。

Screenpresso 波括弧

波括弧(ブレース)のパターンを選択

 

線の色、形、透明度、線の太さ、角の丸みなどを調節できます。

塗りつぶしではブレース内のグラデーション部分の濃さを調整します。

Screenpresso 波括弧プロパティ

波括弧の形や塗りの濃さを指定する

 

編集の確定

描画ツールで描いた図形は[確定]ボタンをクリックするまではオブジェクトとして独立しているので、移動や拡大/縮小、プロパティの変更などが自由にできます。

 

これはツールを切り替えても同様で[確定](または画像の保存)しない限り、以前に配置したオブジェクトでも編集できます。

いちど確定してしまうと無料版では再編集ができないので、確定は慎重に行ってください。

なお、有料のプロ版ではいちど確定したオブジェクトでも再編集できるようです。

Screenpresso 有料版購入

有料版購入を促すメッセージ

 

画像全体の加工は「画像」タブ

切り取り

キャプチャした画像から必要な部分だけを切り抜きます。

Screenpresso 切り取り

ドラッグで選択した範囲だけ切り抜く

 

縮小

画像から不要な部分だけ切り捨てて、残った部分をつなぎ合わせた新しい画像を作ります。

縦方向の真ん中を切り捨てて上下をつないだり、左右の真ん中を切り捨てて左右をつないだりできます。

Screenpresso 縮小ツール

縮小ツールのパターン選択パレット

Screenpresso 縮小の例

Googleのロゴだけ消えて上下がつながっている

 

また、つなぎ目部分の表現方法を選べます。

 

サイズ変更

画像サイズの変更(リサイズ)です。

パーセンテージでの指定やサイズの数値指定、最大サイズの指定などができます。

Screenpresso リサイズ

画像の大きさを変更する

 

キャンバスサイズ

画像のキャンバスサイズを変更します。

現在のサイズより大きな値を指定すると、画像の周囲に余白を作ることができます。

逆に小さいサイズを指定すると切り抜きになります。

サイズ変更の基準になる位置をアンカーで指定できます。

Screenpresso キャンバスサイズの変更

キャンバス部分の大きさを変更する

 

枠線

キャプチャ画像全体を枠線で囲みます。

線の幅、色、過度の丸みなどを指定するほか、下側に鏡に映したような反射をつけたり、画像を回転させることができます。

Screenpresso 枠線効果

画像全体に枠線を付ける

輪郭効果では、画像の上下左右の輪郭線部分それぞれに対して、像がブレて流れたたような効果をつけられます。

Screenpresso 輪郭の例

画像を傾けて、右の輪郭だけブラしたところ

 

 

パソコン解説図版にぴったりのツールが充実

ごらんのとおり、編集機能は限られていますが、キャプチャーした画像をより判りやすく説明するためのツールに絞り込まれているので、ブログ記事や操作解説書用の図版などを作るにはぴったりです。

無料版の機能制限も少なく使い勝手もいいので、スクリーンショットを多用する方はぜひいちど試してみてください。

 

-ソフトウェア
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック