ガジェット

Spider V で選べるエフェクター

Spider V Remoteでは、モデリングアンプの能力を引き出すための音作りが可能です。

ここではエフェクターの概要を紹介します。

掲載しているスクリーンショットは、Windows版 Spider Remoteのものです。

 

エフェクターの接続順

音色(TONE)設定を選ぶとパッチが設定されています。

<01B>Accousticを選択した場合、入力側から順に、次のように並んでいます。

  • Gate
  • Wah
  • Stomp
  • Delay
  • Amp
  • Comp
  • EQ
  • Vol
  • Mod
  • Reverb
Spider Remote パッチ

"アコースティック"のパッチ

 

このうちStompDelayVolModReverbの5つについては並び順の入れ替えができます。

各アイコンをプレスするかドラッグを始めると移動可能な位置に縦のラインが現れるので、すぐにわかります。

各エフェクターのパラメーター設定とともに、接続順を入れ替えることで好みの音作りができます。

 

パラメータのみの機能

Gate、Comp、EQの3つについては特定機種のシミュレートをしているわけではないので、タイプの選択はありません。

Gate

ノイズゲートです。

スレッショルド(Threshold)とディケイ(Decay)を設定できます。

Comp

コンプレッサーです。

スレッショルド(Threshold)とゲイン(Gain)を設定できます。

EQ

4バンドのセミパラメトリックイコライザーです。

Lo Shelf、Lo Mid、Hi Mid、Hi Shelfの4つの帯域についてそれぞれ、周波数(Freq)とゲイン(Gain)を調整できます。

 

機種選択可能なエフェクト

その他のエフェクターについては、実在のモデルをシミュレートしているため、機種の選択が可能です。

シミュレートしている機種については、機材に詳しい方なら名前とアイコンで区別できるようになっているので、スクリーンショットで確認してください。

当然ながら、設定可能なパラメータは機種によって異なります。

Wah

ワウペダル(昔はワウワウといってましたが、今はこう呼ぶようです)は8モデル。

Spider Remote ワウ

ワウペダル

 

Stomp

オーバードライブやディストーション、コンプ、ファズなど20モデルから選べます。

Spider Remote ストンプ

ストンプ

 

Mod

コーラス、フランジャー、フェイザーなどのモジュレーション系23モデルから選べます。

Spider Remote モジュレーション系

モジュレーション系

Delay

ディレイ、エコーを14モデルから選べます。

Spider Remote ディレイ

ディレイ系

 

Reverb

リバーブ系は8種類です。ルーム、チャンバー、ホール、プレートがあります。

Spider Remote リバーブ

リバーブ系

 

ピッチ系はなし

エフェクターに詳しくなくて細かい説明ができませんが、ご容赦ください。

乏しい知識でざっと見たところ一般的なものはひととおり入っているようですが、ピッチシフターやオクターバーは見当たらないようです。

いずれは使ってみたいと思っていたので、これはちょっと残念でした。

とはいえ、コストパフォーマンス的には充分ですけどね。

 

Line6 Spider V MkIIシリーズ ラインアップ(イシバシ楽器)

Spider V Remote ダウンロードページ

 

チェック

Spider V 20 MkIIの概要

Spider V Remote Windows版のパッチプリセット操作

-ガジェット
-

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック