ネットワーク ガジェット

最新Bluetooth対応ドングルを追加しよう

シロウトWordPressサイト構築実践レポート

WordPress テーマ "Astra"とページビルダー"Elementor"を使ったサイト構築の経過を紹介。 実践Webサイト構築記はこちらで掲載中

Bluetooth機能を搭載していないデスクトップやタワー型のパソコンでもBluetooth機器を使えるようにする、ドングルの設定について紹介します。

 

Bluetooth機器を接続しよう

Bluetoothについてはもうおなじみですね。

今回、ワイヤレスイヤホン(Bluetooth5.0規格)を新しく買うことにしたんですが、それに合わせてタワー型PCの方でも接続できるように、ドングルもいっしょに買いました。

このパソコンと一緒に買ったのがワイヤレスだったんでもちろんドングルも持っているんですが、バージョン5.0に対応するものがあったのでついでに試してみることにしました。

 

Bluetooth用ドングルとは

Bluetoothをスマホなどでしか使っていない方には、ドングルというのは耳馴染みのないことばかもしれません。

かんたんにいうとBluetooth機器を使うための小さな送受信機です(細かいこというと送受信機イコールドングルではないんですけど)。

パソコンのUSBポートにドングルを取り付けることで、もともとBluetooth機能を内蔵していないパソコンでもワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーなどのBluetooth機器が使えるようになります。

ほんとうに小さなものなのでUSBポートにつけっぱなしです。

もちろん最近のノートブック型パソコンなんかは最初からBluetooth搭載なので、ふつうはわざわざドングルを買う必要はありませんが、最新規格に対応するとなると話は別です。

 

Bluetooth5.0は通信性能が向上

Bluetoothの最新規格は5.1のようです(2020年7月末現在)。

もともと持っていたドングルはたぶん3.0ぐらいですが、今回買うことにしたワイヤレスイヤホンは5.0対応だったんで、それに見合うドングルを買うことにしました(バージョン5.1対応って見たような気もするけどどこだったかわかりません)。

少し前の4.0規格のほうが少し安いんですが、4.0はBluetooth LEによる消費電力低減がおもな機能だったのに対して、5.0ではLE部分で通信速度が大きく向上したのと、通信距離(範囲)が広がったのが特徴。

通信速度は4.0の2倍、通信範囲は4倍にもなっているといいます。

これなら、これまで電波が届きにくかった部屋でも音楽が楽しめそうです。

 

今回買った製品

今回もいつものようにAmazonで購入しました。

X-Osidoというブランドの製品です。

 

BT5.0ドングル

 

メイドインチャイナではありますが、説明書はちゃんと日本語化されていました。

日本語もふつうだし、フォントが変ということもありません。

Bluetoothドングル パッケージ

Bluetooth5.0対応ドングル

 

取り付けは、パソコンのUSBポートに装着するだけです。

Bluetoothドングル 装着例

タワー型PCの背面USBポートに装着

 

 

 

最新のドライバーをインストール

ドライバーってなに?

Bluetooth用ドングルはUSB接続ではありますが、USBメモリなんかと違い、ドライバーと呼ばれるソフトのインストールが必要です。

もともとUSBを使うためのドライバーがWindowsに入っているので、ふつうはドライバーをわざわざインストールする必要はありません。

でも今回はBluetooth5.0対応ドングルですから、その性能を引き出すにはきちんとドライバーを入れてあげる必要があります

そのため、今回買ったドングルには、インストール用のCDが付属しています。

いまどき音楽用では見かけなくなった8cm サイズのCDです。

Bluetoothドングル内容物

ドライバ用に8cm CD-ROMが付属

 

インストーラーを実行する

CDをセットしたらエクスプローラーでドライバー用のフォルダーを開きます。

この製品ではBT5.0 Driver\Windows_driverというフォルダーにインストーラーのプログラムが有りました。

Bluetoothドライバー

付属CD-ROMからインストーラーを起動

 

起動するとユーザーアカウント制御の確認メッセージが現れます。

はい]をクリックして先に進みましょう。

ユーザーアカウント制御

デバイスの変更を許可する

 

REALTEK Bluetooth Driverと表示されるので、続行します。

インストール開始

インストーラーが起動

 

続いてこのデバイスソフトウェアをインストールしますか?と訪ねてくるので[インストール]をクリックします。

インストール開始

インストールを開始する

 

しばらく待ってインストールが終わったら、パソコンを再起動してください。

 

ドライバーを確認しよう

パソコンの再起動が終わったら、ちゃんとインストールされているか確認してみましょう。

「コントロールパネル」を開いて、「ネットワークアダプター」のツリーを展開するとなかにRealtek Bluetooth 5.0 Adapterという項目がありました。

Bluetoothドライバーの確認

ドライバーがインストールされたのを確認する

 

これでドライバーのセットアップは終了です。

 

ワイヤレスイヤホンを接続する

Bluetooth機器を使うには、まずBluetooth機能がオンになっている必要があります。

Bluetoothをオンにするには「Windowsの設定」から「デバイス」を選択して、いちばん上にある"Bluetooth"のスイッチをオンにします。

デバイス設定

Bluetoothをオンにする

 

続いてパソコンとBluetooth機器の組み合わせを登録するペアリングを行います。

Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」で[+]ボタンをクリックします。

デバイスを追加

新たなデバイスを追加する

 

「デバイスを追加する」画面が現れたら、「Bluetooth」をクリックしましょう。

デバイス追加画面

Bluetoothデバイスを追加する

 

ワイヤレスイヤホンの電源を入れて少し待っていると、機種名が表示されました。

デバイスを検出

ワイヤレスイヤホンを検出した

 

クリックすると接続されます。

すでに接続しているので切断用のボタンが表示されています。

デバイス接続完了

Bluetooth接続している状態

 

完了]をクリックしてデバイス画面に戻るとペアリング完了したワイヤレスイヤホンが追加されています。

接続デバイスリスト

接続済みデバイスリスト

 

いちどペアリングしてしまえば、あとはパソコン側のBluetooth機能をオンにして、デバイス(ワイヤレスイヤホン)の電源をいれれば、自動的に接続してくれます。

このへんは皆さんもうよくご存知でしょう。

 

システムトレイからBluetoothを操作する

Bluetooth機能がオンなっていると、Windowsのシステムトレイにアイコンが表示されます。

システムトレイ

Bluetoothのシステムトレイアイコン

 

アイコンをダブルクリックするか、クリックでメニューを開いて[Bluetoothデバイスの追加]をクリックすればBluetooth設定画面が開くので、Bluetoothをオフにしたり、新たなデバイスを追加することができます。

システムトレイメニュー

トレイアイコンのメニュー

デバイス画面

トレイアイコンからデバイス画面を開いたところ

 

Bluetooth5.0で快適ワイヤレス生活

ご覧いただいたように、ドングルを使うことでちょっと古いパソコンでも最新のBluetooth機器を使えるようになります。

イヤホンでいうと音質的には5.0になったからといって違いはないんですけど、利用範囲が4倍になるのは嬉しいですね。

スマホやノートPCの方は5.0対応じゃないんで恩恵は得られませんが、室内で音楽を聴きながら作業したりするとき、今回ドングルを装着したタワー型パソコンに接続しようと思います。

おまけ - 今回一緒に購入したイヤホン

手頃な価格なのに高音質で人気のSoundPeats製品、Force Proです。

Zwiftでの室内トレーニング時に使うことを想定して、防水機能も重視しました。

SoundPeats Force Pro

 

-ネットワーク, ガジェット
-,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック