WordPress

WordPressのプラグインを旧バージョンに戻す

WordPressのアップデートなどで問題が生じたばあいに、プラグインのバージョンを古いものに戻したいことがあります。

今回はClassic Editorを例に紹介しますが、どのプラグインもやり方は同じです。

万一のトラブルに備えて要点を押さえておきましょう。

 

インストール済みプラグインのバージョンを確認

旧バージョンのプラグインを入手する前に、念のため現在インストールされているバージョンを確認しておきましょう。

WordPressの管理画面にログインして左のメニューから[プラグイン]を選択します。

インストール済みプラグインの一覧が表示されたら、説明欄に表示されているバージョン番号をチェックしておきましょう。

WordPress プラグインのバージョン

プラグインのバージョンを確認

 

 

旧バージョンのプラグインを入手する

プラグインをバージョンダウンするには、WordPressの公式サイトにアクセスします。

WordPress公式サイト

公式サイトにアクセス

 

「プラグイン」タブに切り替えたら、目的のプラグインを検索してください。

今回はClassic Editorを例に紹介します。

 

WordPressプラグインの検索

目的のプラグインを検索する

 

プラグインが見つかったらクリックしてページに入ります。

WordPressプラグイン詳細ページ

プラグインのページを表示する

 

ページを下の方へ少しスクロールすると、右サイドバーの中に[詳細を表示]というリンクがあります。

WordPressプラグインの詳細を表示

プラグインの詳細ページを開く

 

もし英語版のページを表示しているばあいはAdvanced Viewという表記になります。

 

詳細ページにはユーザーの統計情報などが表示されていますが、さらに下へ進むと上級者向け設定から旧バージョンをダウンロードできます。

WordPressプラグインの詳細ページ

プラグインの詳細ページ

 

ドロップダウンリストを開いて希望のバージョンを選択し、[ダウンロード]をクリックしましょう。

旧バージョンプラグインのダウンロード

旧バージョンをダウンロードする

 

旧バージョンのインストール

プラグインはZIP形式の書庫ファイルです。

WordPressの管理画面に戻り、まず問題のあると睨んだプラグインを無効化します。

WordPress プラグインの無効化

現行バージョンを無効化する

 

無効化が終わったら続いてプラグインを削除します。

WordPress プラグインの削除

続いてプラグインを削除

 

続いて、旧バージョンをインストールします。

プラグインページの先頭で[新規追加]をクリックしましょう。

WordPress プラグインのインストール

新たなプラグインを登録する

 

ページが切り替わったら[プラグインのアップロード]をクリックします。

WordPressプラグインのアップロード

プラグインをアップロードする

 

[ファイルを選択]ボタンでダウンロードしておいた旧バージョンのファイルを選択し、[今すぐインストール]をクリックします。

WordPressプラグインの選択

旧バージョンのファイルを指定

 

インストールが終わったら[プラグインを有効化]をクリックします。

WordPressプラグインの有効化

インストールが終わったら有効化

 

これで旧バージョンのインストールは終了です。

 

ダッシュボードやプラグインメニューのところにアップデート通知の警告が出ますが、問題点の確認が終わるまではもちろんアップデートしないようにしましょう。

WordPressプラグインの確認

旧バージョンなのでアップデート通知が出る

 

トラブル対策の基礎として

プラグインのバージョンダウン方法を知っていれば、もしトラブルが起きてもひとつずつ検証していくことで解決に繋がります。

慌てずに対応してください。

WordPressプラグインのバージョンダウン - まとめ

  • 旧バージョンは公式サイトのプラグインページからダウンロードできる
  • 現行のプラグインをまず無効化してから削除する
  • ZIP形式のプラグインファイルをそのままアップロードする

 

 

-WordPress
-,

© 2020 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック