パソコン

Windows Ink ワークスペースが、デスクトップPCでも意外に便利だった

注意

2019年夏のアップデートで、Windows Ink ワークスペースの機能が変更されました。

この記事で紹介しているものとは、操作方法が変わっているのでご注意ください。

最新補足
Windowsアイキャッチ
Windows Ink ワークスペースの内容が変わった

2019年7月末のアップデートで、Windows Ink ワークスペースの機能や起動方法が変更されています。 ここでは、 ...

続きを見る


 

Windows Inkはタッチ操作やデジタルペンでパソコンを操作する手書き機能ですが、タッチやペン対応のパソコンを使っていない私はまったく縁がなく、どうやったら使えるのかも知らないというか気にしていませんでした。

ところかWindows10のアップデートが進んで、タッチやペンに対応していないオーソドックスなパソコンでもInk ワークスペースを使ったほうが便利な場合があることが判明!

そこで、そもそもどういうものなのか、どうやったら使えるのか調べてみました。

 

Windows Ink ワークスペースってそもそもなんだ?

手書き機能をサポートするツール

検索してみるとWindows Inkって表記されている記事やWindows Ink ワークスペースと書かれている記事があって最初は混乱しましたが、どうもWindows Inkが手書き機能の本体で、Ink ワークスペースは手書き機能を活用するためのサポート機能のようです。

Windows Ink ワークスペースには次の3つの機能があります。

  • 付箋
  • スケッチパッド
  • 切り取り&スケッチ

付箋は前回の記事で、切り取り&スケッチについても少しの記事で紹介したので参考にしてください。スケッチパッドは、手描きのお絵かきツールといったところです。

関連記事
新しくなったWin10のキャプチャ機能を使おう

ワープロで文書を作っているときや、プレゼンテーション用にスライドショーを作っているとき、パソコンの画面を貼り付けて使いた ...

続きを見る

関連記事
Windows10の付箋 Sticky Noteが便利

メモ この記事は2019年12月21日に更新しました パソコンで作業中にちょっとしたメモを取りたくなったら、どうしてます ...

続きを見る

スケッチパッド切り取り&スケッチもペンやタッチ機能を使っていろいろ図を描いたりできるので、関連ツールとしてWindows Ink ワークスペースにまとめられているんでしょう。

ところが、私のパソコンではどこからWindows Ink ワークスペースを呼び出したらいいのかわかりません。さらにググって調べることになりました。

 

 

タッチ&ペン未対応パソコンで使うには?

そこでわかったのは、

ココに注意

タッチやペン機能を搭載していないパソコンには、Windows Ink ワークスペースのアイコンが表示されていない

ということ。Windowsに機能そのものは搭載されているようですが、タッチやペンに対応していないパソコンだと、使うことはないと判断されてるんでしょうかね。

でも、判ってみると呼び出し方は意外と簡単でした。

 

タスクバーにInk ワークスペースのアイコンを表示する

タスクバーの何もないところを右クリックするとポップアップメニューが出てきます。そのメニューの中に[Windows Ink ワークスペースを表示]というコマンドがあるので、これをオンにします。

ココがポイント

タスクバーのポップアップメニューで[Windows Ink ワークスペースを表示]をオンにします

Windows Ink ワークスペースアイコンを表示

タッチ&ペン非対応のパソコンでも使えます。

これでタスクバーの右の方にWindows Ink ワークスペースのアイコンが表示されます。

タスクトレイアイコン

タスクトレイにWindows Ink ワークスペースのアイコンが現れます。

あとはこのアイコンをクリックすればワークスペースの中に付箋、スケッチパッド、切り取り&スケッチが並んでいます。

Windows Ink ワークスペース

Windows Ink ワークスペースが現れます。

付箋も切り取り&スケッチもここから簡単に呼び出せるのでぜひ使ってみてください。

注意ポイント

Windowsワークスペースを呼び出すポップアップメニューの表示が大幅に変更されています。ご注意ください。

ちなみにタスクバーにWindows Ink ワークスペースアイコンを表示しなくても、キーボードショートカットで呼び出せます

キーボードショートカット

【Win】+【W】キー

 

デスクトップパソコンでも意外に便利、使わないのは惜しい

これでデスクトップやタワー型パソコン、タッチ未対応のノートPCでもWindows Ink ワークスペースを使えるようになりました。

いちどわかってしまえばけっこう便利、見逃してしまうには惜しい機能です。ぜひ皆さんも試してください。

 

 

-パソコン
-,

© 2020 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック