WordPress

WordPressでMarkdownを使うならJetPack

WordPressでMarkdown記法を利用したいときもっとも手っ取り早いのは、多機能プラグインJetPackをインストールしてMarkdown用オプションを有効化することです。

ここでは、JetPackのインストールから、Markdwonを有効化するまでの手順を紹介します。

なお、新編集画面Gutenberg(グーテンベルク)を使う場合ここで紹介している設定は不要です。そのままMarkdown記法が使えます。

 

JetPackプラグインのインストール

JetPackのMarkdown機能を使うには、当然のことながらまずJetPackプラグインをインストールします。

 

step
1
プラグイン管理ページにアクセス

WordPressの管理画面にログインしたら、プラグインページで[新規追加]をクリックします。

JetPackを検索

WordPressでプラグインを新規追加

 

step
2
JetPackをインストール

キーワード検索で「JetPack」と入力します。検索結果にJetPack by WordPress.comが表示されるので[今すぐインストール]をクリックします。

JetPackのインストール

JetPackを検索、インストールします

 

step
3
JetPackを有効化

インストールが終わったら続いてJetPackを有効化します。

JetPackを有効化

JetPackをインストール後、有効化します

 

step
4
JetPackの設定

JetPackの初期画面に切り替わるので[JetPackを設定]をクリックします。

JetPackの設定

JetPackの設定画面に移ります

 

step
5
アカウントの登録

JetPackを利用するためのユーザーアカウントを登録します。私はGoogleアカウントを使用するので[Googleで続行]をクリックします。

JetPackのユーザー登録

ユーザーアカウントを登録します

 

step
6
Googleアカウントを選択

ウィンドウがポップアップするので、使用したいGoogleアカウントを選択します。ここでは3つのアカウントの中からプライベート用を選択しています。

Googleアカウントの選択

ここでは使用するGoogleアカウントを選択しています

 

step
7
Googleアカウントと連携

Googleのアカウントと連携するための認証作業が行わる間、しばらく待ちます。

ユーザー連携の認証

Googleアカウントを使用するため連携を行っています

 

JetPackの基本設定

プラグインのインストールとユーザー認証が終わったら、次はJetPackの基本設定です。ただしここは飛ばしても構いません。

JetPackを利用するには3つの有料プラン無料プランがあります。今回はMarkdown機能しか使わないので、無料プランを選びます

 

step
8
サイトのタイプを選択

続いてサイトのタイプを訊いてきます。スキップして構いません。

サイトタイプの選択

サイトのタイプを指定します。ここではスキップしています

 

step
9
サイトのキーワードを選択

サイトのテーマとなるキーワードを選択します。ここもスキップして構いません。

キーワード選択

キーワードの選択もスキップします

 

step
10
サイトのオーナーについて

自分のためのサイトか友人のためのサイトかを訊ねてきます。ここもスキップ。

サイトオーナーの指定

自分のためのサイトかどうかを指定。ここも今回はスキップ

 

step
11
無料プランを選択

続いてJetPackの利用プランを選択します。今回はMarkdown機能しか使わないので、いちばん下の[無料プランをスタート]をクリックします。

JetPackプランの選択

今回はMarkdown機能しか使わないので無料プランを選びました

 

step
12
無料プランの開始

[続ける]ボタンをクリックして無料プランの利用を開始します。

無料プランの開始

無料プランの利用を開始します

 

Markdown機能を有効化する

いよいよここからが今回の設定の本番です。設定そのものはひとつだけで簡単ですが、ちょっとわかりにくいところにあるので注意しましょう。

 

step
13
JetPackの設定画面

続いてJetPackの設定画面が現れますが、ここではすべてパスします。[WP管理画面に戻る]をクリックします。

WordPress管理画面へ戻る

ほかの設定は行わないので、WordPress管理画面へ戻ります

 

step
14
JetPack設定画面を開く

WordPress管理画面に戻ったら、左のメニューからJetPackの設定をクリックします。

JetPack設定画面

JetPack設定画面に入ります

 

step
15
JetPackの執筆関連オプション

JetPackの設定画面で[執筆]をクリックします。

JetPackの執筆タブ

設定画面で「執筆」を選択します

 

step
16
Markdown機能をオンにする

「プレーンテキストのMarkdown構文で投稿やページに書き込み」をオンにします。

Markdownオプションを有効化

Markdown機能を有効化します

 

クラシックエディタで装飾の手間を省きたいなら入れるべき

以上で、WordPress(のクラシックエディタ)でもMarkdown記法が使えるようになります。

なおWordPress 5.0で登場した新編集画面Gutenberg(グーテンベルク)はもとからMarkdown記法に対応しているので、上記の設定は不要です。

クラシックエディタでMarkdownを使いたい方のみ設定してください。

クラシックエディタでMarkdownを使うためのコツについては、以前の記事で紹介しているので併せてご覧ください。

関連記事
WordPressのMarkdown用プラグインを試してみる

ここしばらくWordPressの記事作成にMarkdown記法を使っています。 記事作成がスピードアップするというMar ...

続きを見る

 

-WordPress
-, ,

© 2021 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック