ソフトウェア

Chromeからのアドレス共有がもっと簡単に

Google Chromeでページのリンクを簡単に共有できるようになりました。

ページのアドレスを簡単にコピーできるだけでなく、同じGoogleアカウントを使っている他のデバイスへ送ったり、Chromeキャストに送って大画面テレビで表示できるようになります。

TwitterやFacebookなどのSNSへも簡単に投稿できます。

 

オムニバーからリンクを共有

アドレスを共有するには、オムニバー上に追加されたアイコンを使います。

Google Chrome 共有ボタン

オムニバー上の共有ボタン。

 

クリックするとメニューがポップアップ。

Google Chrome共有メニュー

共有ボタンのメニュー。

 

メニューには次のコマンドがあります。

  • [リンクのコピー]

  • [お使いのデバイスに送信]

  • [QRコード]

  • [キャスト...]

  • [ページを別名で保存...]

このほかに、SNSへの投稿用コマンドがあります。

FukuzumiはTwitterFacebookを利用しているので、このふたつが表示されます。

 

リンクのコピー

表示しているページのアドレス(URL)をクリップボードにコピーします。

オムニバーでアドレスの文字を選択しなくてもコマンドを実行するだけでコピーできます。

 

お使いのデバイスに送信

同じGoogleアカウントを共用しているほかのパソコンやスマートフォン上のChromeに、アドレスを送信します。

アドレスのデバイス共有

他のデバイスへアドレスを共有する。

 

QRコード

ページのアドレスをQRコード化します。QRコードはプレビュー表示され、ダウンロード可能です。

Chrome QRコード

アドレスのQRコード。

 

[キャスト...]

ChromeCastデバイスにアドレスを送信します。

パソコン上で見つけたインターネット上のコンテンツをテレビの大画面で楽しめます。

created by Rinker
Google(グーグル)
¥3,950 (2022/06/02 22:13:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

SNSへ投稿

TwitterやFacebookの投稿画面を開きます。

リンクを簡単にSNSへ投稿できます。

Chrome SNSへの投稿

リンクをSNSへ簡単に投稿できる。

 

オムニバーから簡単にリンクを共有できるようになったことでブログ記事の執筆も便利になります。

これまではオムニバーのアドレス部分をクリックしてから右クリックでコピーするという2ステップが必要でしたが、共有ボタンを使うことでひと手間減ります。

QRコードを作ってくれるのも、わざわざ別のサービスを利用せずにすむので便利ですね。

 

SNSへの投稿も、投稿ボタンが設置されているページでボタンをクリックするのと同じくらいの手軽さです。

 

ページの途中へリンクできる[選択箇所へのリンクをコピー...]と合わせてぜひ覚えておきましょう。

 

 

-ソフトウェア
-, , ,

© 2022 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック