パソコン

ドラッグコピーや移動が苦手ならリボンを使おう

エクスプローラでのファイルコピーや移動のとき、目的のフォルダにうまくドロップできなくてイライラしたことはありませんか?

そんなときはドラッグにこだわらず、リボンを使って操作しましょう。

 

エクスプローラのリボン

エクスプローラのウィンドウで上のほうに表示されているボタンの集まりをリボンといいます。リボンはエクスプローラだけではなくWordExcelなどでも使われている、マイクロソフトの基本的なユーザーインターフェイスです。

もしリボンが表示されていなかったら[ホーム]や[共有]などのタブをクリックしてみましょう。すると一時的にそのタブで使用できるリボンが現れます。

リボンを常に表示させる

リボンを常に表示させる

もしリボンを常に表示させておきたいなら、ウィンドウ右上の?マークの左にある∨ボタンをクリックしてください。これでリボンがいつも表示されるようになります。もういちどクリックすると、また必要なときだけ出てくるモードに戻ります。

 

リボンを使って移動/コピーする

切り取り、コピー&ペーストを使う

[ホーム]タブを選ぶと左のほうに[コピー]、[貼り付け]という大きなボタンと[切り取り]という小さなボタンがあります。

この3つのボタンを使って移動やコピーを行うこともできます。

  • 【切り取り】→フォルダを選ぶ→【貼り付け】で移動

  • 【コピー】→フォルダを選ぶ→【貼り付け】でコピー

切り取り、コピー&ペーストで移動とコピー

切り取りやコピーと貼り付けでも操作できる

[貼り付け]の実行

フォルダを選んで[貼り付け]をクリックする

ファイルのコピー結果

フォルダ内にファイルを貼り付けることで移動やコピーができる

でも、これだと3ステップの動作になるのでちょっとめんどうです。

そこでリボンには別の方法も用意されています。

 

移動先、コピー先を使う

リボンの真ん中あたりに[移動先]、[コピー先]というふたつの大きなボタンがあります。

これを使うともっと簡単になります。

1.元のファイルを選ぶ

まず移動やコピーしたいファイルを選択します。

2.[移動先]または[コピー先]ボタンをクリック

続いて[移動先]または[コピー先]ボタンをクリックすると、フォルダの一覧が現れます。

移動先とコピー先ボタン

[移動先]と[コピー先]を使うほうが簡単

ここには比較的よく使うフォルダが自動で登録されているので、もし目的のフォルダがあればそれをクリックするだけで移動やコピーを行ってくれます。

フォルダを選択する

リストからフォルダを選択するだけ

もしリストに望みのフォルダがなければ、いちばん下にある[場所の選択]をクリックすると、ダイアログボックスにフォルダツリーが現れるので、そこから選択してください。

リストにないフォルダを指定

リストにフォルダがないときは[場所の選択]をクリック

リボンを使った移動とコピー まとめ

説明のために手順を書き出すとどちらも手間はあまり変わらないように見えますが、実際にはリボンを使った方が操作の流れが自然でわかりやすくなっています。

ドラッグ操作が苦手な方、タッチ式で小さなアイコンの操作が難しい方はリボンを使ってみましょう。

「最近使用したファイル」は移動できない

クイックアクセスに表示されている「最近使用したファイル」内のアイテムについては[移動先]ボタンは使用できません([コピー先」ボタンの方は使えます)。

どうしても移動したいばあいは、まずファイルを右クリックして、コンテクストメニューから[ファイルの場所を開く]を実行し、本来ファイルがあるフォルダへ移動してから[移動先]コマンドを使ってください。

[移動先]と「最近使用したファイル」

「最近使用したファイル」では「移動先」ボタンは使えない

 

-パソコン
-

© 2020 Windowsパソコン 使えるツール&テクニック